読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ピンクより黄色が似合うけど

ヘンテコ4人組(主にピンク)をとにかく愛でたい

ジャニーズへの偏見について考えてみた

手越くんを好きになって、NEWSのファンクラブに入って、ジャニオタになって、心に決めたことが1つだけある。

それは、

手越祐也を好きなことを誰にも隠さない

ということ。

なぜこんな決意をしたのか。それは世の中に根強く浸透しているジャニーズに対する偏見そして手越祐也に対する偏見に屈せずジャニオタライフをより充実したものにするためだ。
私はジャニーズだろうがバンドだろうが俳優だろうが良いものに対しては素直に認めるタイプの人間だし、自分の目や耳でその人の言動を知ったわけではないのに勝手な想像やイメージで決めつけることはしたくないと常々思っている*1。だからジャニーズや手越くんに対する偏見の中にはムムッと思うものもあるし、大好きな人のことを世間のイメージや偏見だけで否定されるのは正直残念でならない(人柄を知った上での批評は真摯に受け止めます)。それに、限られた人生なのに好きなことを好きって言えないって息苦しいなと思うんだよね。たった一度の人生、最大限に楽しみたいじゃん!
ただ手越くんが好きなだけ。サッカーが好き、服が好き、釣りが好き、盆栽が好き、それらとなんら変わりない。誰にも迷惑はかけていない。なのにジャニオタであることをリア友や恋人に隠している人は多いと思う。じゃあ隠したいと思わせるジャニーズや手越くんへの偏見ってどんなものなのか?これを私なりに掘り下げてみたいと思う。
(あくまで個人の見解なので軽い気持ちで読んでくださいね。)

1. ジャニーズってだけで嫌い

これは特に男性に多いのかなと感じる。やっぱり男の人って本能的に競争心がある生き物だから自分より優れている同性に嫌悪感を抱く傾向があると思う。顔が良くてそつなく何でもこなす人が多いジャニーズには嫌悪感を抱きやすく嫉妬が剥き出しになるのではないだろうか。
この仮説を検証するために夫に聞いてみた。

私「ねぇ、男の人ってなんでジャニーズ毛嫌いする人多いの?」
夫「んなもん、ただの嫉妬!」
私「やっぱり?!なに?何に対する嫉妬?顔がいいから?」
夫「違う。顔なんてどうでもいい。」
私「じゃあなんで?」
夫「女の子にキャーキャー言われるから。」
私「え。同じ土俵で考えてんの?芸能人だよ?」
夫「そうじゃない。男は全員キャーキャー言われたい生き物なの!だからそのキャーの的になってることに嫉妬してるだけ。男の醜い嫉妬ってやつ。」

まさか手越くんの入所理由である"女の子からのキャーキャー"がジャニーズ偏見の1つの要因だったとはΣ(@△@)
また夫が言うには、顔、運動神経、頭の良さ、面白さ、スター性をそれぞれ5段階評価したときに大きくてキレイな五角形になる人が多くて、認めたくないという嫉妬心が顔を出すそうだ。やっぱり私の仮定の通り顔がよくて何でもこなすってところも偏見を生む一因としてあるみたい。
さらに面白いのがその五角形のうち1つの角が極端に沈んでいてそれを隠していないジャニタレは男にも人気があるそうだ。

夫「1番分かりやすいのは長瀬。頭の良さだけ極端に低い。あれは好感持てる。」
私「なるほど。つまり自分より劣っているとこを見つけて優位に立った気になれるってことだ。そのタレントの男としてのスペックが下がって。」
夫「そうそう。ジャニーズだけどバカだしな。みたいな感じ。」

長瀬くんファンの方、突然ディスってすみません。超高スペックなのに頭が弱いところが長瀬くんの最大の魅力だと私も思うので褒め言葉と受け取ってください。
夫の話には妙に納得したなぁ。だって近年のジャニーズは「ジャニーズなのに○○」を狙っているとこがある。つまり五角形のうちの1つの角を極端に沈ませるか、突出させるかでキレイな五角形(ジャニーズっぽさ)から逸脱して、良い意味でジャニーズの殻を破ろうとしている。今までジャニーズを毛嫌いしていた層を獲得しようってことなのかもしれない。例えばTOKIOはジャニーズなのに自給自足できるしお茶の間寄り。関ジャニ∞はジャニーズなのにお笑い志向。舞祭組はジャニーズなのにブサイク。とかね。
あ、NEWSにもその要素はあるよね!
「ジャニーズなのに歌が上手い」
「ジャニーズなのに挫折が多い」
後者は去年24時間TVとかで散々使われてたね。紆余曲折を経て頑張っている4人という売り方。これからは前者を推していってほしい。ジャニーズへの偏見をうまく使ってファン層を広げられたらいいな。

2. ジャニーズ好き=オタク、腐女子、怖い

このレッテルを張る人は多いだろう。しかも男性だけでなく女性にも多いこの偏見。陶酔してのめり込んでいるように見えるし、応援の仕方も熱狂的で怖いと感じるのだと思う*2。「うわ、ついていけないわ...」という拒否反応。その感情も理解できると言えばできる。一度そういう色眼鏡で見てしまうと価値観が変わるほどの衝撃でも受けないと抜け出せないからね。
ただ、もったいないなというのが私の本音。
だって生活の中心に置けるくらい好きなことがあるって人生をとっっても明るいものにしてくれるよ。
テレビで姿を目にしただけで疲れがとれるし心が晴れるって...どんな心理カウンセラーに通うより低燃費だし万能薬*3だ。
それに、私はファンサを受けたときのファンの人たちの反応が好きだ。全身使ってすっごく嬉しさを表現するの。飛び跳ねたり腰砕けになったり。表情もとっても幸せそう。いつも幸せのお裾分けもらってます(笑)
好きなことに没頭して嬉しいこと楽しいことを素直に表現できる人に私は魅力を感じる。芸能人でも魅力ある人って演技や笑いに貪欲なオタク気質な人だったりする。芸能人の場合、それは仕事でもあるからプロ意識が高いに繋がるんだけど。
話が少し変わるが、CDやDVDを全形態購入するのもなかなか理解されないところだと思う。これは私も思ってた。特典やCWを少し変えるだけの3形態出すってどんだけオリコン必死なんだよ卑怯だなって。違うんだよ、これ三者の利害が一致した売り方なんだよ。今後の活動のために枚数さばきたいアイドル側、低コストで大きな売上が欲しいレコード会社、できるだけ沢山のコンテンツがほしいファン。1500円のシングルじゃコスト的に多くの特典を入れれないだろう。でも形態を分けることで1回のリリースでMV、メイキング、CW5曲、鍵、タオルなど沢山の特典をファンに届けることができるのだ。すごく合理的で利害が一致した賢い方法だと思う。NEWSファンとなった今となっては感謝しかない。

これらの話は非ジャニオタの方々に理解してほしいとは言わないけれど、あぁまたオタク業がんばってるなぁくらいに軽く思ってもらえると嬉しいなぁ。
ちなみにオタクって最近は褒め言葉らしい。何かに集中できる人、極めれる人って感じなのかな。私の感覚と似ていてすごく嬉しい♡

3. 手越くん=チャラい

ジャニーズ事務所は日本の男性アイドル事務所のトップであり目にする機会が多い。それ故にイメージが先行しやすく偏見も強いと感じる。中でも手越くんはイッテQや週刊誌でのキャラ作り*4によりさらに強い偏見を持たれていると思う。
現に私の友人達も私の一方的な手越くんイメージアップキャンペーンを受け入れるまではチャラい、生意気、女好きなど良いイメージを持っていなかった*5。だから手越くんファンの中には好きなことを友達には隠していたり、隠していなくてもジャニーズだったら手越くんかなぁくらいに留めていたりする人も多いのかな。
みんな、もっともっと大声で言おうよ。

\私は手越祐也大好き芸人でーーす/

言う価値のある人だよ。NEWSに居るときの甘えた姿やファンの前でのトロけた笑顔を知るとチャラいなんて言葉吹っ飛んじゃうよ。
どうかそんな姿が見られるNEWSの地上波冠番組をくださーい。もちろん全国放送で!お願いしますね日テレ様(^人^)


4. おまけ

しばらく原稿を下書きのまま保管しているうちに週刊誌の好きなジャニーズ・嫌いなジャニーズが発表されてたーー。
手越くんは見事に両方にランクイン!うれしーー!
特に嫌いなジャニーズのほうが嬉しい。
好きはその年の事務所の推し方とか出演作が左右されるけど、嫌いは関心の対象かどうかだからね!わざわざ嫌いって言うほど注目してるってこと。票を入れた人たちは後々ファンになる可能性がある人たちだとポジティブに思っています(о´∀`о)

*1:顔の好みの話じゃなくて例えばドラマの役やバラエティー上のキャラに引きずられてそれを演じた人を好きになったり嫌いになったりしたくないという話。

*2:仲間意識が強く、自担の一挙手一動にキャーキャー言ったり、分析したことをSNSで拡散して分かち合ったり、自主製作の団扇でファンサを求めたり、コンサートとなれば津々浦々追っかけたり。そんな姿を見て引いてしまう人が多いのかな。

*3:好きも行きすぎるとストーカーだから線引きは大事だけど。

*4:本人にキャラを作っている自覚があるのか分からないが私には芸能界を生き抜くために無意識にキャラを作っているように見える。だってキャラにそぐわない真面目さや育ちの良さ、可愛さが随所に出てない?

*5:自分を観た人に明るい気持ちになってほしいからチャラく。ハードルを上げて鼓舞するために生意気に。女の子はお姫様だと本気で思っているから女性に優しくて女好きに見られる。と解釈している激甘なオタクです(笑) ただ世間のイメージは手越くんの思惑通りに展開されているので手越くんの勝ち!あとはいつ落ちるかの問題。ホントの姿を知ったらギャップの高低差がありすぎて元に戻れない中毒性があるんだよー。