ピンクより黄色が似合うけど

手越くんとNEWSの魅力を色んな視点から覗いてみる

LPS/NEWSICAL/madoromi感想記

2018/01/17。


ブログを開始して初めて迎えたシングル発売日。


予定ではLPS発売までに歌割ブログを仕上げて、それも踏まえつつ聴いて感じたことを発売週のうちに記事に起こしてオススメするハズだった。


が!



もはや最初の予定からガラガラと崩れたので、もういつでもいいや~のんびりと~ってことでLPS/NEWSICAL/madoromiについて、わたしが感じたことを思いのまま感想記として残すことにする。
いまや世界はNEVERLAND一色だけどね…笑





今回のシングルはジャケットも内容も通常盤が1番好き♡

たくさんのNEWSファンが言っていたジャケットと楽曲のギャップ。ジャケットが公表されたときにはそのギャップにドキドキが止まらなくて、まぁ~テンション上がった(笑)
中でも通常盤は別格!!衣装も相まって雰囲気はロックだよね。楽曲はピースフルなのに戦いに行くかのような構図でかっこいい♡ そして初回盤には入っていないmadoromiが素晴らしい✨(テゴ担的にはNEWSICALオリジナルカラオケも)

もう通常盤買うしかないでしょ!!って感じだった。


通常盤って、レンタルにもなるし数年経っても購入できたりするから一般向けな側面も大きいと思うんだけど、そうなってくるとファン以外に刺さるかが大事なわけで。年末に各所で言っていたジャニーズ好きの方以外にも知ってほしい、対外試合したいって言葉。今回の通常盤はその力がいつもよりあるんじゃないかなと思ったよ。


15周年yearを記念した3作品連動企画の話もしたい。
今回、購入特典のクリアファイルがなかったね。その予算をこの連動企画に回したのかな? いったい何だろうねo(*゚∀゚*)oワクワク💕
「ずっとやってみたかったこと」らしいので物じゃなさそうだよね。そうすると参加できない可能性も高いからB賞も欲しいな~♡ 近日発表が楽しみだよ。





よし、ここからは全3回の歌割ブログ*1も少し織り混ぜつつ1曲ずつ感想を残そう。


LPS

正直に言うとあまり得意な曲調ではなかったんだよ、最初はね。私はもう少し重い or 弾けた曲が好みだから。でも歌詞をよく聴くと、躓いて落ち込んでも迎える明日は同じ、それなら笑顔いっぱいの明日を迎えようっていう "応援歌" なんだね。なんともポジティブな曲!そしてMVが歌詞の世界観を夜明けで表現してるのが素敵だった。歌の主人公の心の変化と明るくなっていく空がシンクロしてたよね。実は発売時にTwitterで今回の3曲を「NEWSの夜の三部作」と言ったんだけど、LPSはまさに「夜明け」だと思ったなぁ。

少し「U R not alone」とも似てるなぁとも感じたよ。Mステで「U R not alone」を歌った今だからこそ歌える曲と紹介されてた意味がなんとなく分かる。

そっと瞳閉じれば
あの日の笑顔がほら
大丈夫。ひとりじゃないから

この歌詞の部分の歌割が手越くんなことに大大大納得!!NEWSKOOLでもU R not aloneでも "not alone (ひとりじゃない)" と歌っているのは手越くんだから(о´∀`о)

U R~は過去の自分、
LPSはいつかの笑顔が背中を押してくれる曲。

U R~は立ち上がるまでを、
LPSは立ち上がった姿を歌った曲。

U R~は立ち向かうパワーを、
LPSは立ち上がることへの安心感を与えてくれる曲。

同じ一人称*2の応援歌でも感じ方が違うなぁと思った。どちらも決してひとりじゃないよと語りかけてくれる優しい応援歌だね。


曲自体は歌うのが少し難しい。まずオケにメロディラインがない(最近そんな楽曲頂くこと多いね)。音程の変動が大きいフレーズ(♪君がまた笑うたび~)がある。高音始まりのフレーズ(♪世界中を周って~)がある。サビが手拍子とベースで半拍違う(横ノリと縦ノリのリズムが混在している)。これを総合してカラオケで歌うのは少し難しいだろうなぁという印象だった。それをマイクリレーでソロパートを増やして、しかもダンスなしで歌うんだから挑戦だなぁと思う。しかもハモりもたくさん入れてるし。誤魔化しのきかない勝負曲だね。

そして、これまで生放送で披露された4回*3のLPS。回数を重ねるごとに聴きやすくなっていて、4人で練習したんだろうなぁと思わせる変化もあった。歌ってるときの姿はみんな笑顔だけど戦ってるなぁって、なんだかジャケットと楽曲のギャップを歌ってる姿にも感じたよ。

あ、そうそう!あそこの変化が好きだった(〃ω〃)
1番サビの手越くんパートの"さあ はじめよう One Time"。

f:id:kkk12tgs11:20180130183337j:plain

ここだけどんどん子供っぽく無邪気に歌うようになっていったよね?!まさにはしゃいだ子供のような"さあ はじめよう"になったよね?!いや~~そゆこと好きだ~~💕イントロのWow~もだけどすでにCD音源じゃもの足りないのでライブで歌ってね♡ Wa La La La~を歌う準備とLPSマーク書く練習しとくよ~~♡(←あのマーク書くのムズくない?)


最後に歌割。
「1番Aメロの小山さん」「2番Aメロのシゲちゃん」が健在ですね!各Aメロが歌割されているペアがコヤテゴ、シゲマスなのもNEWS定番の歌割の布陣。ただ今回はマイクリレーがあるのでその進化系かな。

実はNEWSの歌割にはいくつかのパターンが見られる。第1回の歌割ブログで"1番2番でAメロBメロの歌割が逆転する(今後分析予定)"と書いたままスルーをキメたんだけど(笑)、それは歌割パターンのことを指していたの。ここで少し歌割パターンをいくつか図で示してみるね。

f:id:kkk12tgs11:20180130073446j:plain


4人時代以降の楽曲の半分以上がA~Fのどれかのパターンで歌割されている*4。特に多いのはAパターン。

f:id:kkk12tgs11:20180130073500j:plain

Aパターンの特徴は、
・1番2番でABメロの歌割ペアが逆転する
・コヤシゲ、テゴマスで逆転することが多い*5

LPSはこのAパターンに近い歌割なんだけど、1ヶ所だけこの特徴から外れているフレーズがある。そのフレーズを次のLPS歌割図で示してみるね。

f:id:kkk12tgs11:20180130073517j:plain

赤枠部分に注目して欲しい。歌詞で言うと、(♪世界中を周って~)と(♪幸せは広がって~)の部分に当たるんだけど、ここだけ1番と2番で逆転する組合せが違うの。こういう他と少し異なる箇所に歌割を決めた方の意図が転がっている気がするのでワクワクするじゃない?(笑) 深読みしたくなるじゃない?(笑)

おそらく出だしから高音をパーン!と強めに出さなきゃいけないフレーズ(♪世界中を周って~)に音域高めで声に芯のあるテゴシゲを割り振って、続く(♪幸せは広がって~)は声質の柔らかいコヤマスにしたのかな。


歌詞、MV、歌割…etc、こうやっていろんな側面から見ていくと楽曲に込められた色々な想いを感じとれてめちゃLPS♡
そして、その想いを受けとったNEWSが歌でどのように表現するのかが楽しみ!早くライブで聴きたいな♡



やべやべ💦
LPSが思いのほか長くなった。次行こう!



NEWSICAL

「NEWSの夜の三部作」でいうとNEWSICALは「真夜中」。

フジテレビの特番で放送されたNEWSICALの音源が手に入るってことで発売前から楽しみにしてたの!!しかも通常盤にはオリジナルカラオケまで付けてくれるって言うからさ…Instrumental好きのわたしにとっては二度美味しいってやつです。

まずはNEWSICAL音源。
先に特番で聴いてたNEWSICALだけど、放送時とCD音源で違うところがちょこちょこ。この違いが面白い!
NEWSICAL特番の録画をお持ちの方はCD音源と同時再生してみて。小山さんが素敵だから( *´艸`)

やっぱりNEWSICAL特番のほうは演じながらだからアドリブがたくさん入っていたり、セリフのタイミングが違っていたり。俺はここに音感じんだよ!ってことなんだと思うと、この同時再生楽しい!
長セリフの「嫌んなっちゃうよ~」は音源が好きだけど「サンタ専用の特注で!へっくしょん!」は特番がお気に入り。ハロウィンの場面の「どうした?なんだ?!おい!」「よし、俺がやらなきゃ」は特番にしかない。

f:id:kkk12tgs11:20180131011136j:plain
よし、俺がやらなきゃ

どちらにしても小山さんの滑舌の良さや声の聞き取りやすさを改めて感じることができたよ。


そして1番楽しみにしていたNEWSICALオリジナルカラオケ。聴き終わってすぐの感想は、


手越くんスゲー!!!
耳が嬉しい!!💕

それもそのはず。ナレーションが乗っかってないバージョンの手越くんの多重録音がフル収録されていたんだもの♡
高音メインのカノンと低音メインのハロウィン、どちらも多重録音なんだけどたった一人の声だけで奏でられたとは思えない素敵な声のミルフィーユ🍰✨
カノンは9重奏、じゃあハロウィンは何重奏だったの??教えて!tegoo!!ww 1パートずつに分解して全部のパート堪能したいよ(〃ω〃)

曲の仕掛けがよく分かるのもオリジナルカラオケの楽しいところだよね。クリスマスからハロウィンに変わるところでリズムが裏拍に変わったり、クリスマスとハロウィンが交差するところのクリスマスの曲がNEWSICAL冒頭の(♪街に降り注ぐ美しい光)(♪待ちわびる人々 靴を鳴らせば)を歪ませたものになってたり。時空の歪みを音で表現してるのが面白い!

あとさ、これビッグバンドビートみたいに生演奏で歌って踊ってくれたらめちゃくちゃ楽しそう!!とも思った!

4人でミュージカルの本場NYに行ってたみたいだから、今度のツアーでなんらかの還元があるといいな♡ ツアーにアルバム(←勝手に出る前提)に…楽しみがミルフィーユ状態だよ(笑)



madoromi

「NEWSの夜の三部作」でいうとmadoromiは「夜更け」。

この曲は事前情報を全く入れずにゼロの状態でCD音源を聴いたの。そしたらさ!何コレ!シゲちゃん始まりは名曲ぞろいの法則を裏切らないね~~!2番まである曲でニゾン全くないのは初めてかな?きっと。つまりソロしかないのよ。じっくり各メンバーの声堪能できるの。

驚いたのは小山さんだよ!!
上から目線になっちゃうの承知で言わせて。
上手いなぁぁぁ!!!!!NEWSICAL主演の効果こんなにも早く出るもの!?声に歌詞が乗っかってるよね。哀愁を纏ってる。ミックスボイスを使って少し高めの音も無理なく出てるし。
本当なら1月の少年倶楽部プレミアムで小山さんが歌ってるmadoromiを聴ける予定だったけど、いつかのお楽しみになっちゃったからぜひツアーのセトリに入れて~~( ;∀;)♡

f:id:kkk12tgs11:20180131012516j:plain
次は絶対に4人で!


ここからは各メンバーのソロパートを聴いて感じたことを。
まずシゲちゃん。以前シゲちゃんはライナーノーツで自身の声質をドライと表現していたけど、1番Aメロで "あー… さがー……" と音を切るように歌ってるところ、ここはさらにドライに感じて、冬の乾燥した寒い朝を想像したよ。
続くコヤテゴ。歌の主人公になりきってるよね。憂いを帯びた優しい声が曲の世界観にがっつりハマって頭にも心にも染みていく。泣いてるようにも聴こえるね。madoromiのコヤテゴパート大好き!
逆にまっすーはどこか客観的。主人公というより主人公の横にいる友達や家族。それまで寒色だった雰囲気が暖色に変わって、まどろみ始めてる人への子守唄にも聴こえたよ。

本当はお別れの曲なんだけど、寄り添ってくれてるみたいでなんかヒーリング効果があるんだよね。madoromi聴くとよく眠れるの。

楽曲自体も歌もとても素敵好きだから一聴の価値あり!







はじめて感想ぽい記事書いてみたけど、自分が感じたことを言葉にするって難しいね。まず、まとまらないや。音楽は Don't Think Feel!!だと思うけど頭でっかちなわたしはどうしてそう感じたのかなって考えちゃうんだな。

でもまたリリースがあったらこれからは感想残していきたいな。初めてCDを手にした当時の気持ちをいつでも振り返れるように♪

ってことで次はNEVERLANDかアルバムで~。




.

*1:パート編ペア編フレーズ編

*2:U R~もLPSも楽曲を聴いてる人(=二人称)に向けて歌っているというより楽曲の主人公(=一人称)への応援歌だと思ってる。

*3:①FNS音楽祭2017内のNEWSICALにて披露、②ジャニーズカウントダウン内のNEWS15周年メドレーにて披露、③CDTV年越しSP、④1/12のMステ

*4:サッカーソングやシゲちゃんのドラマ主題歌なんかは楽曲を持ってきたメンバーをメインに歌割したりするので例外になることが多い

*5:1番Aメロ前半が小山さんだったら、2番Aメロ前半はシゲちゃん。1番Aメロ後半が手越くんだったら、2番Aメロ後半はまっすー。のようにコヤシゲ、テゴマスの組合せで1番2番が逆転するケースが多い。