踊る愛の魔法

手越祐也さんへの愛を綴る場所

ブレない心

.






2019年12月、自担がアイドル誌を卒業しました。






手越くんが届けてくれる言葉は
彼の心からの愛だと感じるから


ひとつひとつ、大切に心に留めながら
まるでラブレターを読むように


毎月ワクワクしながら読んでいました。




自分でも変態だな~!と思うけど笑、

ここ数年の手越くんが掲載された雑誌は、

すべて脳にデータベース化されて
大切に保管されてるんよ笑

いつでも引き出せるようになってるの。





それくらい大切にしていたよ。





本当にたくさんの愛をありがとう!!







そして、迎えた連載最終回。


アイドル誌に初登場してから16年
表紙を飾った雑誌を見ながら振り返った思い出。




そこには、過去の心模様があったね。





賢明で優しい手越くんのことだから、

わたし含め、
今、その当時を知らないファンが増えていることは

わかった上での言葉だったと思うよ。




だって、それを知ったら、

録画だったり作品だったり雑誌だったりで

その当時を見返したくなるでしょ。




自然と思い巡らせてしまうでしょ。





そこはお見通しなんだと思う。





ビックリさせちゃうとしても、
それを打ち明けることで、

生半可な覚悟じゃない

ってことを、
いま改めて伝えたかったのかもしれないね。





わたしは、読んですぐに
昨年発売した雑誌*1 でも触れてたことを思い出した。




それと同時に、そこに書かれていた

「そんな生ぬるいものじゃない」

って言葉が頭に浮かんだ。





そして、これまで何度も何度も言葉にしている、


「大切な仲間だけどライバルでもあるべき」


って思いに、集約されているなぁと思った。



これが手越くんのグループ活動に対する、
ずっと前からブレていない主軸なんだなぁと思ったよ。






最近もサッカーと重ねて
グループの在り方について語っていたね。*2



まずはチームメイトを大事にすることが大切。
基本サッカーはチームプレイ。
ひとりでは点は取れません。



個を大事にしつつも、
常にチームのことを考えるところは
グループとも通じます。



そして、
僕がサッカーをやっていて良かったなぁと思うのは、

「チームメイトも、"敵"であり"ライバル"」

という考え方です。



チームメイトの誰よりも自分が長けていないと
ベンチ入りになってしまう。



だから、点を取ること、アシストすることで、
自分が目立つことが大事。




最高のチームメイトだけど、
そこに甘えてはいけないと思っています。




グループの中で一番目立つためにいろいろ考えて、
努力して、行動することが、
結局はグループにとってプラスになると思います。





グループで上を目指すなら、
至極全うな考えだと思うんだよね。





たとえば、
フィギュアスケート



浅田真央選手とキム・ヨナ選手っていう
同い年のライバルがいたから、
女子フィギュアスケート界が大盛り上がりしたし
全体のレベルが上がったよね。






漫画の世界でもそう。
大人気漫画には、必ずライバルがいる。



ドラゴンボールでいえば、悟空とベジータ
SLAM DUNKでいえば、桜木花道流川楓
NARUTOでいえば、ナルトとサスケ。
ヒカルの碁でいえば、ヒカルとアキラ。*3




強いライバルがいるからこそ、燃えるし、
その世界が熱いものになって注目されるんよね。




もちろん、自分も相手にとって強いライバルで居続けなきゃいけない。




そうやって磨いた個をグループに持ち寄って、
グループを盛り上げていきたい人なんだと思う。







先日12/11OAの「衝撃のアノ人に会ってみた」でも紹介された、
デビュー当時のボイトレエピソードがまさにそうよね。



人気や歴では敵わないなら
歌で差をつけるしか生きていく道はない。

有無を言わせないくらいの実力をつけるために
2年間誰にも内緒で自費でボイストレーニングを積み、

虎視眈々と(いつも自分を悪くみせる言い方するよね( ;∀;)気遣いが優しいね)
差が覆るのを狙っていたっていうエピソード。




誰にも負けないっていう強い思いで磨いた歌。

いまもずっと歩みを止めず磨き続けているよね。



そして、手越くん本人の魅力である歌が、

いまやグループの大きな魅力のひとつになっているね。





金髪にしても、ポジティブな強気の発言にしてもそう。

どちらも考えあっての行動だよね。




いろいろ考えて努力し、個を磨いて、実際に行動に移すことで、

金髪もポジティブも手越祐也の看板になった。




ぐるナイの「はじめての金髪ショー」に
金髪代表で呼ばれたの、嬉しかったな。

笑ってコラえてのスペゲスさんのときに
「超ポジティブ」ってヒントで手越くんだと分かったのも嬉しかった。





「NEWSといえば手越」と言ってもらえるよう、個を磨いて、
自らがグループに興味を持ってもらうキッカケとなるよう奔走した。




「ジャニーズと言えば手越」でもなく
「アイドルと言えば手越」でもなく
イッテQ!と言えば手越」でもなく


「NEWSと言えば手越」を目指すところが、



レタスクラブ*4での

ソロに重きを置いていないんです

にも繋がるね。




いつだって心にグループがあるの。

グループで勝ちに行くって決めたから。




どんなに結果を得てもそこで満足せず
その先を目指す


絶対に妥協しないし
いつだって全力で
いつだってガチ


誰よりも輝いていたいし
実力でも評価されるホンモノでありたい



それが手越祐也の譲れない信念であり、
グループにも求めるものなんだよね。

グループで勝ちに行くって決めたから。*5






その思いの強さゆえに、
グループ内でギャップが生まれたこともあったんじゃないかなぁ。
「そんな生ぬるいもんじゃない」って。


周りとのギャップやスピード感に悩むときがあったんだろうな。





だから、Twitterで流れてきた
"ソロになりたかったから"
って話、それは直接の理由じゃないと思うよ。




いつでも矛先を自分に向ける人だからさ。




わたしはそう思った。





みんなひとりの人間だからね。
個性も違えば、考えもぴったり同じにはならない、
だからこそ面白いけど、だからこそ難しい。




人間が集まってひとつのチームを作るって本当に難しいね。




でも、そのギャップをみんなで理解して、
本音で向き合ってきたからこそ今のNEWSがあるんだろうな。



とも思った。





嫌だと思ったことも、良いと思ったことも
必ず伝えるようにしてる。
信頼しているからこそ言うし、
大切な仲間だからこそ適当にしたくない。
*6




そうやってグループの在り方を作っていったんだろうな。







いま、
NEWSの歌に心打たれたり、
ライブでのパフォーマンスに感動したり、
番組でのガチな姿に惚れ直したりできるのは、




当たり前なことじゃないね。





信念を貫き、
その強い思いにひっぱられ、
NEWSというチームが頑張って掴んだ今が、


そして、
これからも切磋琢磨し続けて作っていく未来が、



彼らの本気の上にあることを
絶対に忘れたくないと思う。






俺たちは本気だよ。






そう伝えたかったんだと思った。









わたしは、その信念に惚れてるから。



強く気高い手越祐也の進む道を
NEWSの未来を
いつまでも応援していくよ。





それがわたしのファンとしてのブレない本気。





.

*1:BAILA 2018年12月号

*2:月刊TVnavi 2020/01月号

*3:全部ジャンプやないかーーー。しかも年代バレる。。

*4:レタスクラブ 2019/09月号 NEWS連載「オトナのNEWS vol.110」

*5:ここでMgirl 2017SSの実花さんとの対談を読んで惚れ直しまくってしまった…Mgirlのインタビュー記事まじで大好き。インタビュー好きすぎて複数買いした記憶あり。

*6:duet 2019/05月号