踊る愛の魔法

手越くん大好き!の記録

手越祐也のノーチャラ生活 第4弾 in 中国

待ってました……





約1年2ヶ月ぶりの




手越祐也のノーチャラ生活」




きたあああーーーーーーーー!!!




お久しブリーーーーーーーフ!!!




大好き!大好きノーチャラ生活!!!




いつもノーチャラ生活のナレーションをしている立木さんが
放送当日の夕方にこんなツイートをしてたよ



"誰もが真面目になりざるを得ない外出自粛の今だから
満を持して!ノーチャラ生活 今夜オンエア📺️"



ううう…
手越くんって世界のヒカリなんですかね(;ω;)
(→ わたしの中ではYES オフコース)




まるで闇夜を照らすように放送された
ノーチャラ生活第4弾の地は、極寒の中国。


前回から
生きることの本質を問うだけでなく
働くことの尊さを学ぶ
という要素が加わり


手越くんの真面目で可愛くて真っ直ぐな部分が
より一層前面に出るようになった気がします。




今回は中国の北東部にある瀋陽市で労働に従事とのこと。





じゃあいつものごとく…


わたしが感じた手越くんの素敵だったところを
イッテQさんの手越愛も交えて振り返ってみよ~~~う!


パフパフパフパフ📯🎉✨







テゴにゃん

まずはオープニング。



f:id:kkk12tgs11:20200416150518j:plain



改めてさぁ…


手越くんのテゴにゃん呼び




めちゃくちゃ可愛くない……?


そして、カッコいいな、とも感じるんよ…



実は、テゴにゃん呼びしてるファンって
わたしはあまり見たことないんだけど


手越くんはずっと前から
ファンの前で自分のことそう呼んでるよね。



イッテQだけじゃなくてラジオとかコンサートでも✨
テゴマスの曲の歌詞にも出てきたことあるしね!



なんかね、


一曲NEW魂での
「カメラが回ってたら何だって出来る」


てごプン*1での
「ステージ上はいちばんONで無双状態」


蜷川実花さんとの対談での
「俺は何歳になっても、ジャニーズにいる以上は、ファンはそれを求めているんだから言ってあげたいな、やってあげたいな、それ相応の見栄えでいたいなって思う」


っていう言葉たちから分かる、



手越くんの
アイドルとして、タレントとして在りたい姿や
ファンに対して誠実でいたいって想いを


たったひとつの単語で表現したものが


テゴにゃん


なのかなってわたしは思うのよね。



だから、大輔さんに
「何で自分でテゴにゃんとか言うの」って聞かれて


f:id:kkk12tgs11:20200416150353j:plain


って、

当たり前ですよってテンションで答えたテゴにゃんが


凄くカッコよくて、なんか健気で、大好きだった!




労働① 氷の切り出し

NEWSのコンサートのために
去年の夏から週4、5に増やしたジム通い。


だから今、代謝MAXな手越くん。


てごプン生配信でダンスゲームしたときも
1曲踊っただけで汗吹き出してたもんね!!



氷の切り出し作業で暑くなって脱ぐ!脱ぐ!脱ぐ!w

で、結局ロンT1枚に。



現地のおじさんたちは
厚手のジャケットに帽子、マスク姿で

完全防備のままなのに( ;∀;)



極寒ロケ(-18℃)で自ら脱いだひと初めて見たw


さすがや( ;∀;)💗



だけど手越くんは失敗だったって言うんだよおおぉぉ



「裸でよかったよね、少なくとも上半身は」


「ちゃんと週4トレーニングでジム通いしてる
っていうのが見せらるチャンスだったじゃん」



そんなこと言いつつ、
手越くんの筋肉は見せ筋じゃなくて


コンサートのため、パフォーマンスのための
実用的な筋肉なの知ってるよ



柔らかい筋肉ってトレーナーさんに絶賛される筋肉✨



見せ筋じゃないのに…( ;∀;)💗

撮れ高に貪欲なテゴにゃん( ;∀;)スキや💗




氷渡りチャレンジ

そんな手越くんのためにイッテQが用意してくれた見せ場が
切り出した氷の上を渡る氷渡りチャレンジ(まんま)


週4ジム通いで
過去イチ身体のキレがいい手越くん



「空気読まずにガチでいくからね」



とい言って
乗る予定の氷を指差し確認しながら
シミュレーション



f:id:kkk12tgs11:20200416150549j:plain



ガチで勝つためにしっかり作戦練るところ( ;∀;)スキ💗




でも1回目失敗しちゃうんだよね。




転んだときに大切な顔をぶつけたのを見て
スタジオのあちゃこ姉さんが

「顔~💦」 ← 近日公開のとき
「あ!やだ💦」← 本放送のとき

って言っててさぁ…


手越くんめっちゃ大切にされてるなぁって思った。



f:id:kkk12tgs11:20200416210647j:plain



でさ!ここのさ!テロップのさ!


ちょっとまテイッ!


にも、愛感じない?




手越くんはそんなつもりで言ってないよね

ただただ悔しがってるし



でもテロップはテイッ!にしてくれてる

テイッは手越くんのイッテQでの代名詞だもんね



前も言ったことあるけど
テロップはね、スタッフさんの愛の塊なんだよ
愛されてる証拠なんだって(by ご意見番)



スタッフさんの愛、すごく感じたよ。





そして、スタッフさんの愛は、

2回目のチャレンジでも。




1回目失敗したあと、
スタッフさん「撤収で大丈夫です」って言ってたね。



空を見ると陽が落ちてきて夕方ぽかった。



気象庁のHPでね、
1/15(ロケ日)の瀋陽市の気温をちょっと見てみたの。



1月でいちばん寒い日だった…( ;∀;)




しかも手越くんは成功するまでとことん頑張る男…


顔ぶつけても、骨折ってても、やる男だ( ;∀;)


それはこれまでのロケでよーーーく分かってるはず




だからいち早く
「撤収」って言ったスタッフさんに愛を感じたよ。




きっとそんな気配りも分かってた手越くんは、

おねだりするように2回目のチャレンジを打診してたね。




1回目失敗の経験から
速攻でダメだったところ分析してか、
次ならいけそうって2回目打診してた。




わたしには、

1回目より助走を長くすることで走る勢いをつけて、
さらに、小股にすることで、
氷に乗る時間減らしたように見えたよ。



氷が沈み難くくなるように戦略立てて、
成功させたように見えたの。



カッコいいね( ;∀;)




労働② 氷雪アーティストのアシスタント

2つ目の労働は、雪の斜面に虎を掘る
氷雪アーティストのアシスタント。




現場で内村さんにそっくりな女性を見つけて
喜んでるの可愛いよね( ;∀;)




以前、シャッフル企画でQTUBEしたとき、
自撮り動画コーナーで内村さんの真似(↓)しててさ、



f:id:kkk12tgs11:20200417224213j:plain



それも思い出して
内村さんのこと慕ってるんだなぁ好きなんだなぁって
なんかホッコリした💗




で、労働のほうはというと、、




早々に戦力外通告を受けた手越くんw




戦力外通告に気付かない驚異の鈍感力


って言われてたけど



f:id:kkk12tgs11:20200417224242j:plain



速攻でロケの代替案を出すシゴデキ感がスキ💞


スタッフさんがロケ用意してくれたのに
こんな早い段階で撤収するわけにはいかないもんね!


それに手越祐也 ✕ アートといえばイッテQだし!✧


さすがテゴち…手越画伯の需要分かってる🥺✨




そうして完全した手越画伯の二次元の虎は

5本足(1本はしっぽかな?)の
三角の牙が生えたかわいいかわいい虎でした



牙の説明してる手越くん可愛すぎやろ( ;∀;)💗

自分の犬歯指差すのなんなん…可愛い( ;∀;)💗



f:id:kkk12tgs11:20200417225324j:plain





ノーチャラ生活の定番


って、あるじゃないですか?

・チャラい服+サングラスで登場してチャラくない服に着替える
・チャラい持ち物没収
・チャラい姿で語るラスト


チャラからはじまりノーチャラしてチャラに戻るみたいな

そんなノーチャラ三点セット。



これが今回ごっそり放送されなかった…!!



ノーチャラ生活始まってすぐの「ティッ」のときだけ
柄の派手なジャケット着てたから


きっと撮ってはいたと思うんだよ~




だけど、編集でその分の尺を

手越くんの無邪気で可愛い部分
真面目で一生懸命な部分

を見せる尺に充てたんじゃないかなぁと思ったの。




だって見ました??




f:id:kkk12tgs11:20200418045651j:plain





ここ、普通ならカットするところやろ( ;∀;)



いや、わかる…わかるよQスタッフさん…

可愛かったよなぁ…

映像使いたくなる可愛さやったよなぁ~!



腕ブンブン全体が画面いっぱい映るように

しっかりカメラ引いてたもんなぁ( ;∀;)




なぁ~~!!(心の中の中岡登場)




ほんとだぁ( ◜◡◝ )💗


面白い(可愛い)ねぇ( ◜◡◝ )💗



って目尻垂れてるスタッフさんの姿が浮かんだわ…💞




労働③ レンコンの収穫

極寒の冬は甘さが増し増しになるレンコン




氷水の中、何度も足で探って、当たりをつけて潜っても

全然レンコンは姿を見せてくれなくてさぁ



とうとう身体も震えだして


危険と判断したスタッフさんが

「1回上がる?」って声かけてたね



スタジオでは「ホントだ!すげぇ震えてる笑」

って言ってて、


こんなに震えてたことにすら
気付けないほど
感覚が麻痺してたのかぁって(;ω;)




でもすぐには諦めない手越くん。



「2、3トライしてなかったら無理だな」


「オッケー」



ただ、危険なことに変わりはない



だから、手越くんの変化に気付けるよう

レンコンスーツの頭の部分を持ち上げて

カメラを中にいる手越くんに向ける





手足の感覚がなくなるほど震えながら

ようやく見つけた1本は



長~~い大物のレンコンだったね




「これ何?」


「レンコン!!!」


獲れたのがレンコンだって分かった時の
Qスタッフさんのテンションの上がりかたが、

なんか…嬉しかったなぁ…



手越くんの頑張る姿って

人の心を惹きつけるからさ…

目標達成したときに感激して声あげちゃうんだよね




「あ~~レンコンだ」
「はぁ、はぁ、はぁ…良かった」
「レンコン1本のためにこんな思いするのか」


レンコンが獲れたときの手越くんの言葉から

農家さんへの敬意も感謝も

スタッフさんと二人三脚でやってる
Qロケに対するプライドも感じて


もう涙が止まらなかったね




レンコンを持って歩く姿がほんと愛しかったな





自分で採ったレンコンを親方の家で料理してもらって

高麗人参のお酒で乾杯して


料理に向かって「いただきます」
親方に向かって「いただきます」


2回のいただきますのあと

食卓を囲む姿も凄くピュアで美しかった




40m寒中水泳

最後は手越祐也初の寒中水泳!


40m 声を出しながら笑顔で泳ぎきったね


寒中水泳ってもはやイッテQの極寒ロケの定番で
出演者の方は何度も経験してきてるし
視聴者も何度も見てきている


だからこそ

手越祐也が寒中水泳をやる意味」

を考えて、笑顔で泳ぎきることで

たくさんの人に笑顔と感動を届けたかったのかなと思ったよ。


テゴにゃんにしか出来ない、

テゴにゃんらしい泳ぎだった!




スタッフさんに

「大変だったって言うけど画から伝わってこなかった」

って言われて

「ツラい時にツラい顔するってあまりに簡単すぎませんか」

って答える手越くんが大好きだよ



それをスタッフさんも分かってるから

寒中水泳サークルのおじさま達を呼んだんじゃないかなぁ



"画から伝わってこない" って、

周りの人たちが危険に気付き難いってことだから



何かあったら真横で泳いでるベテランのおじさまが

気付けるはずだもんね




あと、寒中水泳中に叫んでた

「メンタル負けねぇから俺いまもここにいんだバカヤロー」



本気の言葉だよね


誰もが簡単に主張できて、何でも拡散できる時代

時に心を保って生き抜くにはなかなか厳しい時代



本を読んで、身体を鍛えて、

知識や経験を元に常にメンタルを強化しながら

ステージに立ち続ける手越くんに、、



わたしたちに真っ直ぐな愛を届けてくれる手越くんに、



感謝しかないな、と思った





手越くん大好きだよ、いつも本当にありがとう。






このときBGMとして流れた♪SUPERSTAR は

Qスタッフさんから手越くんへの賛辞だね


夢の先に夢描いた
君こそスーパースター



本当にそうおもうよ。







最後は、寒中水泳後の小屋にて。


いつも寒中水泳は、
小屋に戻ったところまで映るもんね。




さっきまで

寒さも感じさせず

声をあげて笑顔で泳いでた手越くんが



小屋では、

あまりの寒さに顔を歪め、

身を縮めて震えてた。




その姿と重ねてつけてくれた

テロップとナレーション。



「手越」という "キャラ" を貫くのも
それはそれで大変なのだ



イッテQさんの言葉だからこそ

より大きな愛を感じたよ




イッテQは手越祐也という "人間" に惚れてるんだなと

改めて思った!






いつも番組や視聴者のために一所懸命で

手越祐也がやる意味を常に考えて

大変なことでも嫌なことでも挑戦する



頑張り屋さんで努力家で賢明で信頼が厚くて素直で真っ直ぐで明るくてポジティブで人の気持ちに敏感だから気配りが上手で人からの愛に胸いっぱいになって泣いちゃう純粋な心を持ってて可愛くてカッコよくて美しくて綺麗で…(永遠に続く)…


貴方に触れたひとたちは皆、
その真剣さに惹かれ、
その志に引っ張られる



自然と上を向きたくなるような
心に火を灯してくれるような
明るい世界に連れ出してくれるような


そんな気持ちにさせてくれる、特別なひと。





今、この世界を


手越祐也というヒカリで照らしてくれてありがとう!!





極寒のノーチャラ生活、本当におつかれさまでした!





.

*1:てごプン:OPENRECで配信中の手越くんの番組「手越祐也のゲームしようぜ!」

ブレない心

.






2019年12月、自担がアイドル誌を卒業しました。






手越くんが届けてくれる言葉は
彼の心からの愛だと感じるから


ひとつひとつ、大切に心に留めながら
まるでラブレターを読むように


毎月ワクワクしながら読んでいました。




自分でも変態だな~!と思うけど笑、

ここ数年の手越くんが掲載された雑誌は、

すべて脳にデータベース化されて
大切に保管されてるんよ笑

いつでも引き出せるようになってるの。





それくらい大切にしていたよ。





本当にたくさんの愛をありがとう!!







そして、迎えた連載最終回。


アイドル誌に初登場してから16年
表紙を飾った雑誌を見ながら振り返った思い出。




そこには、過去の心模様があったね。





賢明で優しい手越くんのことだから、

わたし含め、
今、その当時を知らないファンが増えていることは

わかった上での言葉だったと思うよ。




だって、それを知ったら、

録画だったり作品だったり雑誌だったりで

その当時を見返したくなるでしょ。




自然と思い巡らせてしまうでしょ。





そこはお見通しなんだと思う。





ビックリさせちゃうとしても、
それを打ち明けることで、

生半可な覚悟じゃない

ってことを、
いま改めて伝えたかったのかもしれないね。





わたしは、読んですぐに
昨年発売した雑誌*1 でも触れてたことを思い出した。




それと同時に、そこに書かれていた

「そんな生ぬるいものじゃない」

って言葉が頭に浮かんだ。





そして、これまで何度も何度も言葉にしている、


「大切な仲間だけどライバルでもあるべき」


って思いに、集約されているなぁと思った。



これが手越くんのグループ活動に対する、
ずっと前からブレていない主軸なんだなぁと思ったよ。






最近もサッカーと重ねて
グループの在り方について語っていたね。*2



まずはチームメイトを大事にすることが大切。
基本サッカーはチームプレイ。
ひとりでは点は取れません。



個を大事にしつつも、
常にチームのことを考えるところは
グループとも通じます。



そして、
僕がサッカーをやっていて良かったなぁと思うのは、

「チームメイトも、"敵"であり"ライバル"」

という考え方です。



チームメイトの誰よりも自分が長けていないと
ベンチ入りになってしまう。



だから、点を取ること、アシストすることで、
自分が目立つことが大事。




最高のチームメイトだけど、
そこに甘えてはいけないと思っています。




グループの中で一番目立つためにいろいろ考えて、
努力して、行動することが、
結局はグループにとってプラスになると思います。





グループで上を目指すなら、
至極全うな考えだと思うんだよね。





たとえば、
フィギュアスケート



浅田真央選手とキム・ヨナ選手っていう
同い年のライバルがいたから、
女子フィギュアスケート界が大盛り上がりしたし
全体のレベルが上がったよね。






漫画の世界でもそう。
大人気漫画には、必ずライバルがいる。



ドラゴンボールでいえば、悟空とベジータ
SLAM DUNKでいえば、桜木花道流川楓
NARUTOでいえば、ナルトとサスケ。
ヒカルの碁でいえば、ヒカルとアキラ。*3




強いライバルがいるからこそ、燃えるし、
その世界が熱いものになって注目されるんよね。




もちろん、自分も相手にとって強いライバルで居続けなきゃいけない。




そうやって磨いた個をグループに持ち寄って、
グループを盛り上げていきたい人なんだと思う。







先日12/11OAの「衝撃のアノ人に会ってみた」でも紹介された、
デビュー当時のボイトレエピソードがまさにそうよね。



人気や歴では敵わないなら
歌で差をつけるしか生きていく道はない。

有無を言わせないくらいの実力をつけるために
2年間誰にも内緒で自費でボイストレーニングを積み、

虎視眈々と(いつも自分を悪くみせる言い方するよね( ;∀;)気遣いが優しいね)
差が覆るのを狙っていたっていうエピソード。




誰にも負けないっていう強い思いで磨いた歌。

いまもずっと歩みを止めず磨き続けているよね。



そして、手越くん本人の魅力である歌が、

いまやグループの大きな魅力のひとつになっているね。





金髪にしても、ポジティブな強気の発言にしてもそう。

どちらも考えあっての行動だよね。




いろいろ考えて努力し、個を磨いて、実際に行動に移すことで、

金髪もポジティブも手越祐也の看板になった。




ぐるナイの「はじめての金髪ショー」に
金髪代表で呼ばれたの、嬉しかったな。

笑ってコラえてのスペゲスさんのときに
「超ポジティブ」ってヒントで手越くんだと分かったのも嬉しかった。





「NEWSといえば手越」と言ってもらえるよう、個を磨いて、
自らがグループに興味を持ってもらうキッカケとなるよう奔走した。




「ジャニーズと言えば手越」でもなく
「アイドルと言えば手越」でもなく
イッテQ!と言えば手越」でもなく


「NEWSと言えば手越」を目指すところが、



レタスクラブ*4での

ソロに重きを置いていないんです

にも繋がるね。




いつだって心にグループがあるの。

グループで勝ちに行くって決めたから。




どんなに結果を得てもそこで満足せず
その先を目指す


絶対に妥協しないし
いつだって全力で
いつだってガチ


誰よりも輝いていたいし
実力でも評価されるホンモノでありたい



それが手越祐也の譲れない信念であり、
グループにも求めるものなんだよね。

グループで勝ちに行くって決めたから。*5






その思いの強さゆえに、
グループ内でギャップが生まれたこともあったんじゃないかなぁ。
「そんな生ぬるいもんじゃない」って。


周りとのギャップやスピード感に悩むときがあったんだろうな。





だから、Twitterで流れてきた
"ソロになりたかったから"
って話、それは直接の理由じゃないと思うよ。




いつでも矛先を自分に向ける人だからさ。




わたしはそう思った。





みんなひとりの人間だからね。
個性も違えば、考えもぴったり同じにはならない、
だからこそ面白いけど、だからこそ難しい。




人間が集まってひとつのチームを作るって本当に難しいね。




でも、そのギャップをみんなで理解して、
本音で向き合ってきたからこそ今のNEWSがあるんだろうな。



とも思った。





嫌だと思ったことも、良いと思ったことも
必ず伝えるようにしてる。
信頼しているからこそ言うし、
大切な仲間だからこそ適当にしたくない。
*6




そうやってグループの在り方を作っていったんだろうな。







いま、
NEWSの歌に心打たれたり、
ライブでのパフォーマンスに感動したり、
番組でのガチな姿に惚れ直したりできるのは、




当たり前なことじゃないね。





信念を貫き、
その強い思いにひっぱられ、
NEWSというチームが頑張って掴んだ今が、


そして、
これからも切磋琢磨し続けて作っていく未来が、



彼らの本気の上にあることを
絶対に忘れたくないと思う。






俺たちは本気だよ。






そう伝えたかったんだと思った。









わたしは、その信念に惚れてるから。



強く気高い手越祐也の進む道を
NEWSの未来を
いつまでも応援していくよ。





それがわたしのファンとしてのブレない本気。





.

*1:BAILA 2018年12月号

*2:月刊TVnavi 2020/01月号

*3:全部ジャンプやないかーーー。しかも年代バレる。。

*4:レタスクラブ 2019/09月号 NEWS連載「オトナのNEWS vol.110」

*5:ここでMgirl 2017SSの実花さんとの対談を読んで惚れ直しまくってしまった…Mgirlのインタビュー記事まじで大好き。インタビュー好きすぎて複数買いした記憶あり。

*6:duet 2019/05月号

逃走中✕手越祐也

2012年の音楽雑誌で挑戦したいことを聞かれ、


「逃走中みたいな鬼ごっこしたいな」


と言っていた手越くん。




脚力、体力、気力、判断力、知性、挑戦心、正義感、負けず嫌い…etc
どれをとっても逃走中にピッタリな男だと多くのファンも思ってた。



そんな、手越くん本人も、手越くんファンも
ずーーーーーーーっと待ち望んでいた『逃走中』出演が
このたび叶いました~~~~!!!(パフパフパフ👏🎊㊗️)




そう、長年の想いが叶ったの~~~~!💕




2016年に『変ラボ』で放送されたサバゲー*1で、
サバゲーの日本代表や世界2位のプロ相手に逃げ切り、

「超速ぇーっす!マジ速い!」
「(追いかけるの)きつい きつい」←倒れながら
「崖は普通ジグザグ下るけど怪我を怖れず真っ直ぐ下った…」

と、サバゲーのプロが驚くほどの身体能力を持つ手越くん。



それに加えて、
手越くんなら絶対全ミッションやろうとするだろうな~!
という圧倒的信頼感。



観る前から分かってたんよ…面白いに決まってるって…!



てか、最高だったな…!!!(結論)



テレビショーではあるけれど、
手越くんの生き方、考え方、人間性が、、、
ファンが惚れた手越祐也が、
なんのフィルターもなくありのまま映っていたよ。




そんな手越くんの魅力がいっぱい溢れていた『逃走中』。

その手越祐也的みどころを残しておこう~!




ラインナップはこちらっ

f:id:kkk12tgs11:20191201201402j:plain





祐也の逃走者データ


まずはdボタンの逃走者データ。




f:id:kkk12tgs11:20191201050503j:plain




ほぼ満点゚+。:.゚(*゚Д゚*)゚.:。+゚

ちゃんと五角形になってるーーーー!


意気込みに書かれてるエピソードは、前述した変ラボのことだね。
逃走中への出演が決まった時から手越くんファンも
こぞってこの変ラボでの活躍を挙げてたよ~~!


そして、賞金の使い道。


「何かに投資します!笑」


目的はそこじゃねぇ感が好き…たまらん '`ァァァァァ(*´Д`*)💗

逆に闘志が見える。投資だけに。





祐也、サザエさんとご対面


そんな闘志メラメラの手越くんの目の前に突如現れたサザエさん



8(*^^*)8 サザエでございまーす



とびっっっっきりの笑顔で
両手を高く挙げて
サザエさんに手を振る手越祐也くん


「嬉しいー!じゃんけんしたい!」



見た??!あの笑顔!!!!
聞いた?!!あの声!!!!


今からガチ勝負する人とは思えないくらい無邪気。
( ;∀;)かわいい💗



なんかさ、手越くんって、
アニメやゲームのキャラクターを大切にする人じゃん。
人間と等しく、生きた存在として見てる、というか。

それはもう幼い頃から。



大切にしていたトトロのぬいぐるみのヒゲを
ストーブでチリチリにされて
人生で初めてお母さん(or おばあちゃん)に怒りをぶつけたり、
(↑小1くらい)


モンスターボール持ってピカチュウ探しに
山の中を散策したけど見つけられなくて、
代わりに買ってもらったピカチュウのぬいぐるみと一緒に
獅子座流星群を見に行って、
「この子がしゃべれるようになるようなりますように」
って流れ星にお願いしたり、
(↑小3、4くらい)


家ではお気に入りのぬいぐるみと
「ただいまー!」
「お昼は何食べたの? (ドーナツ食べたよ)」
って会話するくらい大切にしてたり、
(↑小6くらいまで)


ビックバンドビート(in TDS)での
ミッキーのパフォーマンスを見て
「ミッキーってスターだわ~!負けてらんねぇ~!」
って感化されちゃったり、
(↑数年前)


トイ・ストーリー観ちゃってるから
ぬいぐるみ達とは自分からさよならは絶対出来なかったり。
(↑現在進行形)




すごく対等で、純粋で、真っ直ぐで、優しい心で接するの。

それをこのシーンだけでも感じたんだよねー。



逃走中では、
そんな手越くんの純粋で優しい心を
何度も感じることが出来たよ。




そして
突然始まったハンター放出までのカウントダウン。

思い思いに逃げる逃走者たち。



頑張ってねーーーー!手越くーーーーん!!



祐也の財産


━━ 残り時間86:24


ゲームスタートから3分。

ここで手越くんが意気込みを語った。


「基本的に自首はないっす」
「賞金頂けることはありがたいことですし最高なことですけど」
「1番の財産はテレビの出尺なんで」


好っき!!!

初っぱなから好きすぎる!!!( ;∀;)💗



手越祐也が逃走中に出る意味、よね。



バラエティーに出演するときも
CDやサッカー番組の番宣をするときも
キャスターとしてインタビューするときも

いつも手越祐也がやる意味を考えてる、
俺が感じたことを俺の言葉で俺の熱量で話すようにしてる、
って、よく言ってるもんね。



だから、手越くん本人の気持ちとしても
番組や視聴者が自分に向ける期待を考えても


自首はありえない。



だからと言って、
賞金獲得という通常なら当たり前にある欲は否定せず



「テレビの出尺」



というパワーワードで、
全ミッション参加と最後まで逃げ切ることを宣言した。




超カッコいいこと言いながら
腕につけたスマホケースに
なかなかスマホをしまえないところ含め好き( ;∀;)💗



祐也の視力向上計画


━━ 残り時間85:41


EXITのおふたりが
「気になるのは手越くん」
「チャラさで負けてらんねー」

と言った直後に映る手越くんが
"ド"真面目"ガチ"参戦すぎて
チャラには程遠い、わたしが惚れた手越祐也だったんですよ…!


「おれ逃走中のためにコンタクト入れてます」
「裸眼で1.0、1.2ありますけど今1.5」
「まじで逃走中のため」
「普段は(コンタクト)入れない」


勝ちに貪欲すぎてひいぃぃ~~~好き( ;∀;)💗


しかもさ、逃走中のためだけにコンタクトを作って、
ロケの2日前(※ハロウィン飾りだったからおそらく10月某日)
に届いたって言ってたけど、


手越さん…あーーた、

9月に度入りのメガネ作ったばっかやったやーーーん。



ガチすぎる( ;∀;)💗



一曲NEW魂*2のときもそうだったよね。

どんな山か分からないし、
イッテQ登山部のイモトさんの装備も見てきてるから、
登山用の服やリュック、道具を自ら発注して、
完全装備でロケに参加したの。
(番組冒頭でいろいろ没収されてたけどw)


思い付く限り、万全の準備するんよね。

サザエさんも結構予習してたりして…



ふぁーーーーー!好きがたぎる…!!!



祐也の波平ミッション


━━ 残り時間81:21

最初のミッションは、
エリアに出現した15人の波平(海平)の中に3人だけいる
ホンモノの波平からカードキーをもらい
ハンター放出を封鎖するミッション。

失敗すると最大で3体のハンターが放出されて
ハンターが合計6体になってしまう。


「僕はたぶん逃げ切れます、6体いても」
「でも(逃走者の中には)女性もいるし」
「か弱いレディがいる限り守らないと、男として」


ジェントルマン( ;∀;)💗


小学生のとき、
雪が積もると友達と雪合戦をして好きな女の子を守ってた、
その頃と全然変わってないね。


ミッションに挑む人って、
少なからず "自分のため" でもあるじゃない?
ハンターが少なければ少ないほど
逃げ切れる確率が高くなるから。
賞金がもらえる確率が高くなるから。


でもそうじゃなくて、「女性を守る」という発想が
常に女性をリスペクトし、
守るべき存在だと思ってる手越くんらしいなーと思った。


王子様なのにナイトやんか( ;∀;)💗



祐也のちょうだい大作戦


━━ 残り時間74:54

ミッション開始から約7分、手越くんも波平さんと遭遇。


ハンターを警戒しながら
波平に両手を差し出し


「ちょうだい♡」



かっっっっ…



「早くっ!ちょーだい♡」



かっっっっっっっっっ…



かわいいいいいいいい(੭ु//Д//)੭ु⁾⁾




ほんとに32歳なの?( ;∀;)💗





でも、なかなかカードをくれない波平。


どうやら、波平じゃなくて、
双子の兄の海平だったみたい。

波平と海平の違いは頭の毛の本数。


すると、
そのことにまだ気付いていない手越くんに
海平がヒントをくれた!






頭を差し出して毛を指差す海平





毛がミッションのヒントと分かり
毛を抜こうとする祐也






慌てて止めるスタッフ







(´゚∀゚)・:.・:∵ブハッ





かわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいい可愛いーーーーーー!!



あれよね、手越くんゲーム大好きだから、
謎解きとか、RPGみたいに、
毛を抜くことで道が拓かれると思ったんよな( ;∀;)💗

大事な毛なのに( ;∀;)💗



f:id:kkk12tgs11:20191201050547j:plain



ここの、
ちょうだい♡から始まり、禁忌(毛)に触れるまでの
手越くんと海平のやりとりがあまりに可愛くて( ;∀;)💗


まさかミッションでカッコいい姿だけじゃなく
手越くんの可愛いところまで映るとは思わなかったから
最高にキュンキュンしました💗




このあと、ハンターから1度逃げ切りつつ
波平を探しまわるも出会えず。。


ミッションは失敗し、ハンターが1体放出された。




祐也のじゃんけんミッション


━━ 残り時間56:20

続いてのミッションは、サザエさんとのじゃんけん。

じゃんけんに勝てば賞金アップ、
じゃんけんに負ければ目の前でハンター放出。


正直、リスクが大きいミッションだから、
挑戦しなければ現状維持できるし、
ミッションに行かない選択もアリなんだよね。



でも、これはテレビショー。


「行く!(即答)
「賞金アップさせたい」
「あとじゃんけん結構強いんで」


ミッション挑戦への迷いがない手越くんが好きーーー。

「じゃんけん結構強いんで」って
自らを追い込むとこも好きーーーーー。


想いの強さよなぁ~!

口にすることで増すよね。



祐也、ハンターを振り切る


━━ 残り時間51:40

じゃんけんミッションに向かう途中、
ハンターに見つかったときの判断力がやばいの…!


エスカレーター降りる途中でハンターに出会って
一瞬上階に戻ろうとしたけど、
カメラさんたちが居ることに気付いて
ハンターのいる下階に降りるっていう、
ハンターに接近する選択をしてる。



これで逃げ切った凄さよ。



しかも逃げるときの走り方見ました????



カーブで身体が少し内側向くのを利用して
スピード殺さず後方のハンターを確認してるの。
んで、直線は振り返らず全力疾走かな。

やみくもに逃げてるんじゃなくて
超効率的に逃げてるの。



かっっっっっごい゛。・(つд`。)・。


まじかっこいいよおぉぉぉぉ~~~(涙)




ハンターを振り切ったあと、
エスカレーターにもたれかかりながら
はぁ、はぁ、はぁ、と息切らしている姿は

どんなにキツイ振り付けで歌い踊っても
ステージ上でスポットを浴びているときには
あまり見せない姿だったね。



この逃走劇、何度リピったことか。・(つд`。)・。



痺れたわ~。・(つд`。)・。



迷いなき挑戦の理由


━━ 残り時間50:08


ここで、息を切らしたままの手越くんから
また、名言がひとつ。


「人生もそうだけど、ランクアップとか、
さらに上を目指すときには
それなりのリスクを背負う必要がある」


「だから俺はミッションに行く」



ミッションに挑む理由が、手越くんの生き方そのものだった。



以前、雑誌でこう言ってたね。

成功も失敗もない人生と
成功もあれば失敗もある人生なら、

たとえ成功率が1%だったとしても
俺は成功も失敗もある人生を選ぶ。

やらずに後悔するくらいなら、
やって後悔したほうがいい。

もし失敗しても、どうして失敗したかが分かれば、
次に挑戦するときは成功率が上がると思うから。

人生は経験がモノをいう。
だから、失敗しようが成功しようが
経験値を上げることが大事なんだと思う。



実際、NEWSで、歌で、イッテQで、サッカー番組で、
挑戦し続けたからこそ、今があるんだもんね。



だから迷いなく果敢にミッションに挑む。
お金じゃないんよ。生き方を貫いてるんよね。

上しか見てない人、光を目指す人の言葉だよね。



祐也 vs サザエさん


━━ 残り時間47:13


ようやくサザエさんとの
じゃんけん対決の舞台にたどり着いた!


確保された逃走者の前での勝負。

「え?!チャレンジするの??!」
「します!」
「いけーーーー!」


この場面、のちに復活して自首する
かまいたち山内さんの声援が嬉しいよねぇ。





8(*^^*)8 私に勝ったら賞金アップ
8(*^^*)8 でも負けたらハンター1体放出よ~



じゃんけん……ポン!!!




勝った…!!!!!!


すごいすごい!!!本当に勝った!!!!



このリスクの大きなミッションで
自分で自分にプレッシャーもかけながら
本当に勝利を掴むスター性✨


まじでかっこいい。・(つд`。)・。

手越くんは最高のエンターテイナーだよ~!



って酔いしれてたら、次の瞬間、


(ノシ´・ш・)ノシ ありがとう💗サザエさん💗


って両手でお手降りしてた~~~~えーー( ;∀;)💗



可愛いとカッコいいが
交互にたたみかけてくる~~~~( ;∀;)💗



「逃げ切ります!」
「おっけーー!頑張ってーーー!」


再び山内さんの声援を受けて
店舗に戻る手越くん。


そんな手越くんの勇気ある姿に背中を押され、
サザエさんに挑む決心をした那須川天心さんも
胸熱だったーーーー!



手越くんって人の心を引っ張り上げるよね。
頑張ろう!出来る!って気持ちにしてくれるというか。
明るい気持ちにしてくれるの。



祐也の最後のミッション


━━ 残り時間29:11


ハンターに会いたいって言ったり(そんな人初めて見た😂)

タマの置物を見つけて
「タマちゃん♡」ってちゃん付けで呼んだり

「観てるもん俺、サザエさん」って
スタッフさんとおしゃべりしたり


ミッション発動していない間も隠れず歩き回る手越くん。



そこに最後のミッションが発動!


最後は、
エリア内にいるサザエさん一家を
タラちゃんの元に届けるミッション。
失敗すると20体のハンターが放出されることに。



「リスク背負っても(サザエさん一家を)探そう」



サザエさん一家全員言えるか聞かれて、
指折り数えながら次々名前が出てきてたのに
サザエさんが出てこない手越くんが愛しかったぁ😂
笑ったよーほんと可愛いわぁ😂😂✨




みんながミッションに向かう中、
ひとり自首したかまいたち山内さん。

この自首を知った手越くんが、
「お金選んだなぁ~…まあいい額だもんね!」
って言ったんだよね。


冒頭で「基本的に自首はない」と言っていたのに
自首した人を批判しないどころか、
それも策のひとつとして理解を示したの。


人間には色んな考え方があって、
それぞれが事情を抱えて
自分の信念で生きていることを分かっているから
自分とは違う考え方を簡単には否定しないんだよね。


そもそも自首はルール違反でもなんでもないしね。


手越くんのそういう聡明な優しさに
何度も救われてきたよ。



祐也 vs 24体のハンター


━━ 残り時間10:00


最後のミッションが失敗し、
計24体のハンターに追われることになった逃走者たち。



「合計24体…?!………無理だ」



初めて弱気を見せた手越くん。



いつでもポジティブに、前に前に、上に上に、
自分も周囲も鼓舞する姿だけじゃなく、

怖いときは「怖い」
難しいときは「無理」

と、飾らず心の内を見せてくれる人間らしさも
手越くんの魅力だね。


だからこそ、
あなたのポジティブさが、尊くて愛しいんだよ。




━━ 残り時間08:57


ハンターに見つかった!!!



逃げても逃げても追いかけてくる複数のハンターに
さすがの手越くんも捕まったね。


悔しかっただろうな。



逃走者が残り1人になり、
その結果を檻の中で待っている手越くんがまた愛しくてね。


あんなにエリア中動き回って前進あるのみだったのに
檻の中では前に出ないの。

「1番の財産はテレビの出尺」と言っていたのに
檻の後方、映りにくい位置で立ってるの。



なんかホント愛しくてさーーーーーー。



NEWSで居るときに見せる
ちょっと控えめで奥ゆかしい姿が浮かんだよ。



祐也のお財布拾い

一般参加の方が逃げ切り番組終了ーー!

…と思われたけど
お財布ボーナスミッションが発動!


ハンターのいるエリアに散らばった
お金の入った財布を
代表2名が拾いにいくミッションだった。


本編での活躍を元に
手越くんと那須川天心さんが代表に選ばれたんだけど、

実はここ、地方では映らなかったんだよね。

放送予定時間だった2時間を越えての放送だったから。
(見せてくれたお友達ありがとう~!)


つまり、2時間に収めることが出来ないくらい
本編の撮れ高が凄かったってことだよね。



お財布が散らばったエリアで
お財布をひとつ拾ってはハンターを伺い、

ハンターに追われてからも
制限時間ぎりぎりまで
ひとつでも多くのお財布を拾い続けて

腕いっぱいにお財布を持ち帰った手越くん
ちょーーーーーーかっこよかったよ~~~!!💕






2時間があっという間だった今回の逃走中。


手越くんの人間としての魅力が
ストレートに画面に映っていて、

それが番組の見所になっていたこと

その魅力が手越くんが愛される理由だと
ファン以外の視聴者にもはっきり伝わったこと


それが本当に嬉しかった!




初めから終わりまで

真面目で賢くて常に全力で。
人にもキャラクターにも優しい。

わたしの知る大好きな「手越祐也」だったなー!





次またリベンジする機会がもらえるといいね💗





楽しい時間をありがとうーーー!!





.

*1:制限時間内に、ある限られたエリアに隠された10枚の文字カードを探しながら、サバゲー軍団からのペイント銃から逃げ切り、集めたカードを並べて文章を導き出せるか?!という手越くん向けのバラエティー企画

*2: 2018/12/20に放送されたNEWSの音楽特番。妙義山の頂上まで登ってテッペンの岩の上で「生きろ」をマイクなしで歌った企画。

てごちゃんのお誕生日までカウントダウン ―紡いだ言葉の宝物2019―

これは、手越くんのバースデーまでの1ヶ月間の
カウントダウンの記録。

32歳を迎える2019年のカウントダウンは、
31歳の手越くんからもらった沢山の言葉の贈り物を辿る
心の軌跡にしました。


32歳の手越くんにも沢山の幸せが降りそそぐことを願って…


10/11★31

duet 2018/12月号
"自分が1番イケてるのはステージ上!
それくらいの自信と覚悟がないと
5万人の前に立つ資格はないと俺は思う"

ステージで魅せる歌やダンス、愛溢れる笑顔…
全ては自信を持ってステージに挑むために重ねた努力と
覚悟を持って歌に想いを込める手越祐也の心の結晶。

10/12★30

BAILA 2018/12月号
"俺たちは疎遠にはなれない仲なの"
"NEWSを大きくするための努力なら何でも出来る"

自分、自分と思われがちだけど
メンバーが大切で、NEWSが大切で、チームが大切。
(最近は世の中も変わってきてる気がするけど)
常に仲間に心を向け、愛している手越くんが好き。

10/13★29

WORLD SOCCER KING 2019/01月号
"「前に彼の取材を受けたけどすごく感じが良かった"
"彼なら大丈夫だよ」と言われたからOKしたと聞いて凄く嬉しかった"

きっとモドリッチ選手への取材もたった数分だったろうに
普段は取材をお断りしているお父様が、
モドリッチ選手のこの助言で快諾し、実現した取材。

まさに「手越キャスターにしか出来ない取材」だったね。
地道な努力と強いサッカー愛、
選手へのリスペクトで繋げた手越くんだけの道。

10/14★28

レタスクラブ 2019/01月号
"もっと歌が上手くなりたいし 心に残る歌が歌いたい"
"そのためには「打ちのめされたい」とも思うんです"

昨年のドリフェスXJAPANのステージを見て打ちのめされ、
改めて歌心に火がついた手越くん。
打ちのめされることが自分の糧になると信じ、
上を目指す姿が本当に眩しいよ。

10/15★27

POTATO 2019/03月号
"無理にカッコつけたり背伸びしてでも
よく見られたいって気持ちがないの"
"そのままの俺を受け止めて欲しいから"

ポポロ 2019/01月号
"俺は自分を偽ってまで人に好かれようと思わないから
誰に対しても猫をかぶらないようにしてる"
"ありのままの俺を好きになってくれる人さえ
周りに残ってくれればいいと思ってるよ"

人によっては良く映らないことも
嬉しくてきゃー///ってなることも
全てそれぞれの好きの形によって受け取り方が変わるもの。
私はありのままの自分でファンを愛してくれる手越くんが好き。

10/16★26

Myojo 2019/01月号 アイドル公開伝言板

"俺はイッテQより過酷な番組はないと思ってて"
"プレッシャーも凄いんだよ…"
"出川さん大輔さん中岡さん達と肩を並べて
20,30分のVTRを撮ってこなきゃいけないわけじゃん"

イッテQのことを誌面で話す手越くんはガチモード。
生半可な覚悟で臨んでないんだよね。
以前、イッテQのBBSでひとりの男性視聴者が
「あの席はジャニーズ枠じゃない。手越席だ。」
と書き込みされていたけど、本当にその通りだと思う。

彼の言葉には番組への敬意と覚悟が映る。

10/17★25

Myojo 2019/02月号
"1番デュエットしてみたいのは
ボーカリストとしてずっと尊敬しているToshIさん"

この約6ヶ月後に挑戦した紅がきっかけで
さらに2ヶ月後、
ToshIさんとセッションする夢が叶うなんて…!
手越くんが夢を叶える瞬間に立ちあえて
嬉し涙が止まらなかったよ。・(つд`。)・。

10/18★24

POTATO 2019/03月号
"天然じゃないけど結構うっかりさんではある"

言葉のチョイスが可愛い🥺💕

年始のライブで会場に家の鍵を忘れたことに
自宅前で気付き、切なくなったり

揚げ物セーブしてるのに揚げパン頬ばってたり
(´・ш・)うそ、これ揚げ物なの?!

支払いして商品忘れるっていうあるあるかましたり

部屋着として着てたStrawberry Tシャツ*1のまま
コンビニにサラダチキン買いに行ってしまったり

手越くんのたまに出る天然(うっかり)は
ツアーT着てるとこを"忘れて"出たり
そんなこと "気にしてない" から出たり
そもそも "知らなくて" 出たり するから、
なんだか手越くんの人間らしさが自然と出てて可愛い🥰

全力でカッコいいのに全力で可愛い人🥺💕

10/19★23

月刊TVnavi 2019/03月号
"ファンの愛の強さと深みを感じました"
"本当に相思相愛感があって
単独カウコンっていいなって思いました"

家族や友達、大切な人と過ごす年末年始を
NEWSと一緒に過ごしてくれることを
ありがたいって何度も言ってたね。

「相思相愛」
という言葉に手越くんとファンの絆の強さを感じたよ。

10/20★22

QLAP 2019/03月号
"村の人たちはずっと笑顔で幸せそうでさ"
"癒されたし、幸せの意味について考えさせられたね"

文明の発達していない地域でのロケでは、
いつも何か気付きを得て帰国して、
ファンにその気付きを教えてくれるよね。

現地の日常をポジティブに受け止め感謝する、
そんな心を持つ貴方が好き

10/21★21

DoLLs
"愛を愛と気付けるのか"
"夢は夢で散りゆくのか"
"俺は人形なんかじゃない"

この歌詞は手越くんがRecording時に変更した歌詞。

月刊TVnavi 2019/03月号
"だから俺からのメッセージでもある"

私は都合のいいプロ意識って言葉が好きじゃない。
友達とのサッカーやゴルフ、ごはんも、
買い物も、ゲームするのも全部普通のことよ。

ステージ外では少しでも多く
癒しの時間が持てたらいいなって常に思ってる。

夢に向かって、そして、チームを幸せにするために戦う姿が
頼もしくてカッコいい手越くん。
愛溢れた笑顔に泣きそうになるときあるよ。

ひとりの人間として大好きです。

10/22★20

POTATO 2019/04月号
"ファンの皆と一番意志疎通できる場所はライブ!"
"表情、歓声、歌声…その全てから皆の思いを感じてる"

手越くんって、
ファンを1:多じゃなく1:1で愛す人だと思う。
彼にとってライブは愛し愛される時間、まさしくデート。
常に本気のラブラブデートなんだよね。

"ファンレターは今もちゃんと読んでるよ"
"ファンの人の思いを直接聞ける唯一の手段だから"

とも言ってた。

セトリにファン待望の楽曲組み込んだり、
自分のファンはライブの手越が好きって知っていたり、
FCに届いたハガキを時間ギリギリまで読んでたり、
手越くんがファンレターを大切にしてくれてるの伝わってるよ。

もらった愛をとことん大切にして
その何倍もの愛で返してくれる、愛に満ち溢れた人です。

10/23★19

WinkUp 2019/04月号
"最後までバテずに歌って踊れるか試してみないとね"
"俺が無理ならメンバーもキツいってことだから"

Ride On Timeでも流れたソロリハは、
全員のフィジカルを考えての実践練習でもある。
自分だけじゃなくチームとして、
妥協せず最高のパフォーマンスを追及する人。

10/24★18

レタスクラブ 2019/05月号
"WORLDISTAの歌割は小山さんの努力あっての試み"
"シゲが頑張ってくれるから安心してハモにいける"
"まっすーはいい歌を歌うボーカリストだと思ってる"

メンバーの歌への強い想いを理解し、
歌にボイトレや練習の成果が出ていることを一緒に喜んだり、
メンバーの歌への信頼に感謝したり、讃えたり、
仲間に真っ直ぐ向ける温かい愛に泣いてしまうよ。

10/25★17

POTATO 2019/05月号
"線の太さ,インクの濃さ,裏写り具合とかで
文字の見え方が変わるから気を付けたいね"
"キレイに書こうとも思う"
"相手が読むときあまり汚いと失礼かなと思うから"

字には心が表れる。
綴る言葉だけでなく、字にも心を乗せて
"伝える" をどこまでも大切にする人。

他にも、
お気に入りのボールペンを何本かストイックして
紙質によってペンを変えたり
ボールペンの芯の太さにこだわりがあったり。
日記だって読み返したときに汚いと
自分にガッカリするから自分しか読まないけど
キレイに書く。

歌への心とも通ずるなぁと感じるよ。

あとね、字をキレイに書くのはもちろんだけど
わたしが手越くんの手書きで素敵だなと思うのは
・段落の付け方
・漢字数字平仮名カタカナ英字の大小バランス
・余白の配置

これが整ってるから読みやすくて、
あ、ここ1番読んで欲しいんだなぁみたいに
気持ちが伝わってくる。
ホントに読み手に寄り添った字だよね。

10/26★16

ザテレビジョンCOLORS vol.45
"俺らの気持ちに皆が期待以上に応えてくれる"
"「NEWSが喜んでくれるなら」って
やってくれるファンが俺はかわいい"

ファンの可愛いところは?に、
LIVEで思いっきり歌ったり踊ったりしてくれる姿だと答えた手越くん。
心から愛しい表情向けてくれるもんね。

その幸せそうな顔を見たくて、
幸せな気持ちになってほしくて、
思いきり応えてるんだよ。

ほんとNEWSのライブは相思相愛の空間だね。

10/27★15

ポポロ 2019/07月号
"何かを始める時は自分で逃げ道をなくすようにしてる"
"退路を絶ってチャレンジしているよ"

手越くんはよく夢を口にするけれど、
それも退路を絶つ意味があると思う。

夢に向かって努力する宣言であり、
実現への近道は強い意思と弛まぬ努力だと知ってる人の
言魂(ことだま)

10/28★14「寝室とぱぁぱとあたち」

エマちゃんとテゴちゃんの日常まとめ

3月
"目覚ましが鳴ると寝室に起こしに来るよ"
"この前トイレに起きたら
エマも寝室に入ってきたから一緒に寝た"

4月
"最近夜中に来てクンクン鳴くようになっちゃった
根負けして抱っこして寝てる…これはマズイ
…けど超癒される笑"

5月
"エマがずっと俺のベッドで寝るんだよね…
別で寝るようしつけたのに…
寝返りするのも気になるし
かまって~って起こされるし
…かわいいから仕方ないけど笑"

こんなに細かくエマたんとの睡眠事情教えてくれるのすごいよね?笑
溺愛ぱぁぱもタジタジやね💕

1日何度も目の周りを拭いたり、
歯磨き、ブラッシング、帰宅後のシャンプータオルなど、
できる範囲のケアは自分で。
お仕事連れてく時は"14g"のごはん持参。

"健康のためだからケアは当たり前だけど、
色んな人に会うから臭いと迷惑だし、
可愛いって思ってもらいたいしね!"

ぱぁぱの愛だねξơᴥơ`ξ✨

実家に預けると、
最初の頃はぱぁぱ取り合ってたスカァくんとエマたんも、
最近はスカァくんが余裕で「ぱぱをよろしくな」だし、
エマたんは預けて1週間くらいしたら手越くんの部屋でクンクンしだすし、
ほんとぱぁぱ愛されてる('、3_ヽ)💕

2匹とも愛情を愛情で返してると思うから
2匹の可愛さは手越くんの愛の形だと思うよ。

エマたん、大好きなぱぁぱをたくさん癒してあげてね💕

10/29★13

TVガイドPERSON vol.82
"どう腹筋に力を入れて どう声を張るかは
ツアー前にかなり練習しました"

Love Storyの頭サビの話。

ツアーで初めて聴いたときは、
冒頭の「大好きだよ」と「また明日ねって言ったのに」に鳥肌がたった。

どう歌えば"大好き"を伝えられるか
「くそ!ヘタクソだな…俺」って思いながら
ライブ直前まで猛練習したとも言ってたね。

1音目の「だ」から
純度の高い愛、光、優しさに包まれるよ。

"Love Storyは大切な人へ向けた想いが
歌詞に乗ればいいなと思いながら歌ったよ"

伝わってるよ。・(つд`。)・。

10/30★12

POTATO 2019/07月号
"台本は読み込まず流れだけ確認"
"俺が感じたことを俺の言葉、熱量で話さないと
番組にも伝える相手にも失礼かなって思う"

「VTRや振りへの1stリアクションを大切にしたい」
とも言ってたね。
その言葉に関わる全ての人への真心と熱意を感じるよ。
それを育んでくれたイッテQへの感謝も忘れない所も好き!

10/31★11

月刊TVガイド 2019/08月号
"ファンが喜んでくれれば何でもいい(笑)!"

自己犠牲でも何でもないんよね。
ファンがキャー!💕って心から喜ぶ姿が
手越くんにとっても心から嬉しいことなんよね。
大きくて深くて重くて真っ直ぐな愛💗

わたしからも
「貴方の幸せが私の幸せ」
って言葉、贈るね。

11/01★10

ポポロ 2019/08月号
"本当に心と心で結ばれている関係は
何があっても簡単には壊れないから"
"お互いが大切な存在だからこそ
本音を言えなくなる関係にはなりたくない"

ファンに対してもそうなんだろうなぁって感じる。
手越くんの真ん中にある心 "愛" だね。

"イヤだなと思ったことはその都度言うようにしてる"
"信頼しているからこそ言うし
大切な人だから適当にはしたくないって思う"
"ここがスゴイなと思ったことも伝えるよ"

メンバーに対してもそう。真正面から本気で。
だからメンバーの本気も大切にする。

"大切にする" の意味を知っている人だよね。

自分も良いところ悪いところ全部さらけ出して、
それでも好きって言ってくれる"本気の絆"で結ばれた関係を
何より大切にしてくれる手越くんのファンになれて毎日幸せ。

どんな時でも"本気の絆"を信じてくれてありがとう。

11/02★9

POTATO 2019/09月号
"メドレーは基本的にみんなユニゾンだけど
Real Faceはスタッフさんにお願いして歌割させてもらった"

グループにとってもファンにとっても
特別で大切な "デビュー曲" のメドレー。
だから歌割をしっかり決めて
よりいい歌を届けたかったのかな、そう思ったよ。

歌割することでカメラワークが変わっちゃうから
"スタッフさんにお願いして"
なのかな。

3人全員の見せ場を作りつつ、
ファンが楽しみにしてた"舌打ち"は全員で。
メドレーメンバーのファンの気持ちも
大切にしてくれる手越くんらしさ全開だった!

11/03★8

月刊TVnavi 2019/03月号
"もし託してもらえるなら
(Jr.やデビュー間もない後輩の)歌を総合的にサポートしたい"

POTATO 2019/09月号
"自分が頑張ってきた分野で頼ってもらえるのは嬉しい"

TVガイドPERSON vol.85
"NEWS、ジャニーズというブランドを
押し上げる手助けをしていきたい"

始まりは歌。
そしてその歌がいま未来を繋ぐ。

だからと言って、
手越祐也といういちボーカリストとしての夢も
NEWSという大切なグループとしての夢も
諦めたり疎かにしてる訳じゃないのは、
あらゆる雑誌の言葉を真っ直ぐ受け止めれば分かるんだよ。
ちゃんと伝えてくれてる。
手越祐也の武器である "歌" が全ての夢と繋がっている。

11/04★7

duet 2019/09月号
"紅を歌ってボーカリストとしてまた火がついた"
"だから今一番愛さなきゃいけないのはボーカル"

手越くんの魂が届いた七夕前夜の紅。
生放送のたった1曲から
ToshIさんとのラジオ共演やセッション、
美術館デートからのお家デート(笑)にも繋がったね。

お二人の交流を耳にすると本当に嬉しくなる!
近い未来、テレビでデュエットする光景が見れますように。

11/05★6

ポポロ 2019/10月号
"育成する上で大事なのは相手から好かれること"
"この人のためにって思われる人になるのが大切"
"だから怒るより教える姿勢のほうがいいと思う"

心の在り方が素敵。
人を無理に変えるんじゃなくて
自分の心の在り方で相手を心ごと虜にする人。

以前のラジオでの
新人マネさんはまず手越くんに付くって話からも、
雑誌の裏話等での
手越くんが来ると現場が明るくなるって話からも、
周囲を大切にしてるの伝わってくるよ。

面白い番組、素敵な写真、素晴らしいLIVEは
ステージに立つ自分の力だけで作れる訳じゃないって気持ちを
常に心に持ってるから出る言葉だと思う。

11/06★5

POTATO 2019/10月号
"俺のホームは「歌ってるとき」だね"
"ライブでも、歌番組でも、Recordingでも、
俺が歌ってそれを聴いてくれる人がいる場所がホーム"

歌を届けられるその瞬間が幸せで特別なんだね。
手越くんの歌はどんな場所であっても
その空間、色、光、心までもホームに変える。

11/07★4

オーシャンズ手越@イッテQ 2019/09/15放送
"かっこいいサメ 凛としていて"

初ダイビングにして
シャークゲージなし、サメ避けなしで
獰猛なブルーシャーク🦈と対峙したときの言葉。

恐怖心に打ち勝つ澄みわたる心が好き。


"クジラよりいい写真が撮れるかもしれない"
"俺そこ頑張るわ"
"ほら俺 ポジティブだから"

この「ポジティブだから」に
どれほどの覚悟と周囲への気遣いがあっただろう。

現場を明るく照らし、
この人と一緒なら!と
周りの人の心にも火をつける強さが好き。

11/08★3

TVガイドPERSON vol.85
"ファンの子に中途半端なものを届ける訳にはいかない"
"テゴマスだけが歌に長けてるってことではなく
NEWS 4人全員がそれぞれに歌に拘りを持っているので"

SPIRITはだからこそ出会えた曲の1つだと思ってる。
イントロだけで込み上げるものがあるよ。
新しい宝物♪SUPERSTARも楽しみだよ~!!

11/09★2

POTATO 2019/11月号
"仕事でもヘラヘラしてると思われがちだけど
遊んでるときと同じくらい心から楽しんでるだけだからね"

そんな貴方のファンで本当に幸せ。

この幸せは
「毎日幸せ」「永遠に続けばいいのに」と
何度も伝えてくれる彼の優しさと努力の上に
あることを忘れずにいたい。

11/10★1

duet 2019/12月号
"NEWSはオレの生きがい"

かつて「宿命」とまで言った手越くんが
今は「生きがい」と言う。

"自分を含む"NEWSに関わる全ての人の幸せのため、
時に盾となり、時に悔しさも滲ませつつ、
等身大で戦い続ける彼がホームで笑顔を見せる時間は
わたしの1番幸せな時間だよ。


11/11★Happy Birthday

31歳の手越くんからは、
「美しい生命(こころ)で在ること」
「言葉にする大切さ」
を学び、
「夢が叶う瞬間の感動」
を貰ったよ。

32歳の手越くんが進む道にはどんな出会いや感動があるんだろう。
決して楽な道じゃなくても、例え先が見えなくても、
光を目指して笑顔で進む貴方が好きだよ。


32歳のお誕生日おめでとう💕


ずっとずっと大好き💕





.

*1:NEWSのライブグッズ

オーシャンズ手越 in アゾレス諸島

いやーー!面白かった!!感動した!!
ちょーー!大好きな尊敬する手越くんだった!!
すごーく!愛に溢れたVTRだった!!


なんの話かというと、
久しぶりに放送されたイッテQ手越企画の話。




ここ1年、

・シングル発売週にノーチャラ生活
・お誕生日当日にカレンダープロジェクト
・アルバム発売週にノーチャラ生活

と、NEWSや手越くんと関連深い週に、
手越企画を放送してくれているイッテQ。


特に新譜の番宣するわけでも、
誕生日だってことを前面に出すわけでもないけど、

ファンの需要も分かっていて、
笑いの中でそれとなく応えてくれていたり、
さりげなくBGMで新曲流してくれたり、
記念日放送で突然手越ヒストリーを流して
サプライズしてくれたりする。


あんな国民的バラエティーで番宣してもらえたら、
それこそ売上アップ間違いなしだろうに、
表だってそうしないところに
逆に重い手越愛を感じて素敵だなーと思うの。

その日に放送を持ってきてくれる意味や、
その編集にしてくれてる意味というのは、
ファンしか感じることが出来ないものなんだけど、
それがとてもさりげないの。


そんな風にファンの気持ちにも寄り添ってくれる
特別大切な番組です。






今回は、
NEWS結成16周年当日に放送してくれました!

大好き♡イッテQ♡♡



7ヶ月ぶりの手越企画が神回すぎたので、
・手越くんの素敵だったところ
・イッテQの手越愛が溢れてたところ
をちょっとブログに残していいっすか!
(いいよー!)



楽屋での企画発表


カレンダープロジェクト8月編として用意されたのは、緊急シャッフル企画!!!


✧🌊オーシャンズ手越🌊✧


5月のシャッフル企画はNEWS全国ツアー中だったので、シャッフルを辞退して、ツアーに専念した手越くん。



すき🤦💕



そうかなーとなんとなく思っていたけど
改めてそう聞いて止まらない



すき🤦💕💕💕



という感情。



NEWSを、ファンを、歌を、
とても大切にしている手越くんらしいなぁと思った。


そして、

手越くんがどれだけNEWSを大切にしているか
手越くんがどれだけファンを大切にしているか
手越くんがどれだけ歌を大切にしているか

イッテQは分かってるんだなぁと思った。




世の中には、何かを優先して何かを諦めるという選択をしたことだけに着目して非難をする人や、シャッフルされなかったという結果だけを見て番組降板濃厚か?と騒ぎ立てる人がいるそうだけど、全くの見当違いだったね。

蓋を開けてみたら、
手越くんのNEWS愛とイッテQの手越愛だった♡



イッテQの一昨年の新年会で
「街で声をかけられると"手越くん!イッテQ見てます!"って99%の確率で言われるけど、"手越くん!NEWSの新曲聴きました!"とも言ってもらえるようにNEWSも頑張りたいです」(ニュアンス)
と、1年の抱負を語った手越くん*1


今年の日テレの音楽特番で披露した♪紅 を聴いて、良かったよ!凄かったよー!!とQスタッフ、メンバーみんなから歌を絶賛された手越くん。


イッテQは手越くんのNEWS愛も歌への強い想いも
よーーく知ってる。


なにより十数年築いた信頼関係がある。
毎回全力でロケに挑んでいる姿を直接見てる。


だからこそ、ツアー、さらには紅披露が終わってから、シャッフルロケを組んでくれたんだろうなと思ったよ。



お仕事はお仕事だけど
人と人との絆、繋がりなんだよね。



降板説に触れてカラッと笑い飛ばしてくれる手越くんもそれを堂々と放送してくれるイッテQも最高だったな~!





あとね!ここ!!

山と海ならどちらが好きか聞かれて、

「即決海っす」
「海大好き、だから僕夏大好きなんですよ」
「夏男なんですよね」
「生まれたの冬ですけど」



えーーーーーーっ!!(´゚∀゚)・:.・:∵ブハッ



11/11って冬なのか????
と思いましたとも、ええ。



でもほら、

ハロウィン終わったら
街はすぐにクリスマスの雰囲気出してくるし、
11/11はディズニークリスマスも始まってる。

クリスマス=冬じゃん。

だから冬生まれって認識なのかな。



え、可愛すぎん???

愛しい🤦💕



手越くんがそう言うなら、

11/11は冬だし
アスパラは果物だし
芋と名乗っていいのは
じゃがいもとサツマイモだけだし
イノシシは岩をバーンと砕く生き物です…!!

彼は冬生まれです…!! 笑



桃太郎JAPAN


オーシャンズロケに必要なスキューバダイビングのライセンスを取得するために訪れた伊豆。

ロケバスから出てきた手越くんは、
さっそく私服のTシャツをイジられてた(笑)



✧🍑桃太郎JAPAN🍑✧



誰にもらったんだろーー!
(貰いものと決めつけるスタンス)


(だって2018年は1回も服を買わなかった)
(貰いものの服だけでこと足りる男)
(なにより服をよく貰う)
(貰ったものは必ず使う主義)
(そしてとことんまで着倒す)

(でも2019年はJr.の新藤くんに誘われて服を買った)
(値札見ずレジ持っていったらあまりの高値に驚愕)
(誘ってくれた後輩の手前戻すに戻せず購入)
(服に対する金銭感覚が庶民)
(可愛い)


だから、
7000円近くするTシャツは自分で買わなそう(笑)

この前のノーチャラ生活で見せてくれた
おっぱいキーホルダーも貰いものだったもんね。


贈り主の気持ちわかるよー。
贈ったら普段使いしてくれるから贈りたくなるよね!



サングラスマニア


服には興味ないけどサングラスマニアな手越くん。

「ロケなんだから外せ!」

と言われつつも、
ダイビングの先生にご挨拶するとき
真っ先にサングラスを外していた手越くん。


と、


その場面を放送するイッテQ。


(〃ω〃)えへへ💕



ライセンス取得


「僕こう見えて真面目なんで」
「ちゃんと守るタイプです」

もちろんファンは、手越くんが"超"が付くほど真面目なことを知ってるけど、あまり自ら口にしない言葉だよなーと思った場面だった。

と言うより、
あまり放送されてこなかった場面なのかもしれないけど。


座学のときも

「勉強になるなぁ」

って言ってる場面を流してくれたね(〃ω〃)💕



あと、実技講習のとき、
水中でのボンベ交換の実習だったのかな?

交換するボンベのレギュレータ(で合ってるかな?)
を持ってる人のところまで泳いでいって、
はむって咥えるところ…

放送してくれてありがとおおおおおおお(;ω;)💕


あんな上品で無垢なはむ見たことない。

可愛いの極みだた(;ω;)💕



手越くんが取得したライセンスは、
世界的認定機構の「SSI」から認定を受けた
オープン・ウォーター・ダイバーのライセンス。

ダイビング経験豊富な方が
それを知って驚いているのをSNS上で見かけたよ。


SSIの認定って超難しいんだって。


ちょっとSSIを検索しただけでも
・認定基準の高さは他の団体を凌ぐ
・ライセンス取得に他より時間がかかる
とか書いてあった。



VTRではたった2分足らずのことだったけど
ロケ日程が決まってての高難易度なライセンス取得
なんちゅープレッシャーだ。

まじですごいよイッテQの手越くんへの信頼度!
まじですごいよそれに応える手越くん!


「最高!」
「超気持ちよかったっす!」


と明るく楽しそうにクリアする手越くんが好き。




"運も必要なので100%会える自信はないですけど
運は持っていると思うので 期待しててください!"

オーシャンズの挑戦権を得た手越くんの言葉から

"出会えさえすれば絶対いい写真撮ってくるから!"

っていう気合いを感じたよ。
超頼もしいね!!



ピコ島ってだけで全力PPAP


ちゃんと本家PPAPやったあとで
"テ"と"イ"をアァァンしてテイッを繰り出してたねw
んでさらに、
"テイッ"と"ナイスゥ"をアァァァンして
進化系まで繰り出してたw


本家からオリジナルに持っていく発想が好きすぎるww


「異様や…異様!」


って大輔さんに言ってもらえる手越くん
さすがやでw



プロジェクトQスタート


たった1回のシャッフルロケのために

オーシャンズ手越キャップ
オーシャンズ手越Tシャツ
オーシャンズ手越ウェットスーツ

を用意してくれたイッテQ😭💕
(シャッフルだから今後使わない可能性大)



小谷カメラマンの紹介のところで
手越くんとの意外な関係に触れて

NEWSアリーナツアー "WORLDISTA" の映像

を流してくれたイッテQ😭💕
(小谷さんはNEWSのLIVEカメラマンだった)



まさかのツアーラスト公演の映像(;ω;)💕

どのワイドショーでもやらなかった映像(;ω;)💕

結成記念日にNEWS全員映してくれた(;ω;)💕



終わって3ヶ月半しか経っていない、
しかもジャニーズエンターテイメントしか持ってない
未だ発売予定もないライブ映像を流すなんて
あり得んでぇ(;ω;)エェェ💕



テレビでは見れない
手越くんのファンに向けるとろけた笑顔が
お茶の間に(;ω;)ハウゥ💕



サプライズ過ぎるよイッテQ😭💕


あと、このライブ映像で、
シゲちゃんの

「小谷さん最近メールでフラれてましたよね」
「傷心の中で」

ってMCコメントをテロップにしてくれてたじゃん。



この長野でのツアーラスト公演が、

05/26


小谷さんがフラれたオーシャンズ金子の放送が

05/19


当時最新のイッテQネタだったんよねー。

このMC聞いた当時のわたしは、
シゲちゃんがイッテQ全部観てるのは知ってたけど
まさか週遅れにならずに毎週観てるとは…!
常に忙しい人なのに…!
って思ったんよ。

イッテQさんも同じように思ったんじゃないかな。
特にその場にいた小谷さんはきっと嬉しかったと思う。
テロップがその証拠かなと思った*2



エイからのテイ


試しに潜ってみるかい?

と言われて潜ったら、
これほどの数は稀と言われるほどのマンタの大群に遭遇。


ダイビング初心者とはいえ
手越くんが難しいというほど近寄るのは難しいのに
「エイちゃ~~ん」って呼んだら
マンタの方から近付いてきてくれた。



(´◉ω◉)え!すご!!!!



最初からミラクル過ぎん?



やっぱ持ってる男なのか…?



大好きな恋愛話


2018年3月頃、テレビ雑誌でやってた
ジャニーズタレントのバラエティー力証言!
みたいな企画で

イッテQのディレクターさんが
ロケ中の手越くんについてこんな証言をしていた。



" ADの恋バナが大好きで、ロケの食事中は手越先生の恋愛講座が開かれ、手取り足取り指導が入ります。ハウツー本の受け売りですが(笑) "



通常営業まんま放送されてるやん(;ω;)カワエエ💕



「クリスマスは恋人たちのハッピーオーラが街中に溢れるから、見てるだけで幸せになれるよねー」って言う手越くんだから、彼的には恋バナで幸せのお裾分けが欲しいんだろなーと思っている1ファンです。愛で生きてる男だからね!



てか、中附APに熱血指導中、
おつまみ摘まんだり、
まつ毛弄ってる女子スタッフさんww
ちょww もすこし興味持ってwww笑



お祓い


大本命のマッコウクジラに出会えるようにと
現地のお祓いに行った手越くん。


「悪い邪気がついてないか見てみましょう」

内村「見てあげて~」
宮川「見てあげて~」
あさこ「優しいねぇ」


イッテQのお父さんお母さんお兄ちゃんが優しい😂
手越くんのこと大好きよなぁ😂😂



で、お祓いの結果、

「一人の男があなたを嫌っているようです」
「彼はあなたに悪い波動を送っています」
「彼は短髪で真面目な性格です」
「日本にいて代わりにポルトガルに行きたかった人物」

と言われたのに


(上を向き思い浮かべながら)
手越「そんな人いるかなぁ」

(下を向きながら)
手越「思いつかないなぁ」



ピュアか(;ω;)



いや、天使か(;ω;)



だっていくらでもいるじゃん(;ω;)


降板説が~とか軽々しく言うヤツらとか。



もはやそういう狭い視野じゃないんだろうなぁ。

誰が書いてるかも分からない
顔も浮かばないような人の言葉に
惑わされない強さを持てる人。
(だからといって全く傷付かないわけないからね)



思い浮かべた自分を恥じたわ(;ω;)



(ここで本家である金子さんを持ち出したの爆笑したw)



マッコウクジラ断念


お祓いした翌日、衝撃の事実が…!


現地スタッフのミスにより、
マッコウクジラと一緒に泳げないことが発覚。


普段穏やかで優しいシゴ出来女子の
現地コーディネーター・フランチェスカさんが

「あのヤツをコ◯ス」

と言うほどの怒りよう。


大本命を失い、現場は騒然としたんだろうなーと思う。
出会えないどころか、挑戦出来ないんだから。



そこで出た代替案が



✧🦈ブルーシャーク🦈✧




……まじ?




世界一美しいサメだけど性格は獰猛な肉食系らしい。



映画「ジョーズ」を見たことある人なら
考えなくても分かるサメの恐怖。



現場ではきっと「よし、じゃあブルーシャークに狙いを変えよう!」なんて簡単に決断出来なかっただろうなー。だって危険すぎる。でもマッコウクジラに匹敵するのはブルーシャークしかない。




「クジラよりいい写真が撮れるかもしれない」
「俺そこ頑張るわ」
「ほら俺、ポジティブだから」



この「ポジティブだから」
どれだけの覚悟と、周囲への気遣いが
込められていただろうか。



「だからお互いに役割を全うしましょう」

「そうですね」「分かりました」



俺はサメといい写真をとることに集中するから
皆はサメと出会うための万全な環境をつくって欲しい



そうしてサメのエキスパートたちが召集された。



シャークダイビング準備


ここまでノーチャラ生活の時のようなチャラめのハイテンションを見せてこなかった手越くん。

サメを誘き寄せる準備をしているときに初めて


「サメカモ~~ン オッケ~~イ」
「あなた(餌)はいってらっしゃ~~い」
「サメはいらっしゃ~~い」
「いきましょ~~う!」


と、ハイテンション発動。


このときのナレーションの

"クジラがダメになってしまった事などもう彼の頭にはない"

は、その通りだと思うし、
(だってお互い役割を全うしようと約束してる)


"その軽薄さが逆にありがたい"

は、スタッフさんの心からのありがとうだと思う。




サメと対峙する本人がこんな風に現場を明るくしてる姿見たら、何としても成功させたいと思うよね。



絶対に怖いのに。
怖くないはずないのに。



インストラクターさんに「長いときどのくらい待ったことある?」って聞いてたじゃない?

その答えは6時間。これが、突然くるその時に向けて、精神状態を保ち続けなきゃいけない時間の目安になる。



2010年10月のイッテQで、ヴェルザスカのダムバンジーにチャレンジした時*3、高所恐怖症な手越くんは、カメラを回してから実際に飛ぶまで、カメラ止めずに一気にやらせて欲しい、途中で止まったら決心が鈍るからみたいに言って、本当にカメラスタートから1度も止まらずに飛んでみせた。
(しかも落下中、腕に付けたカメラにアイドルスマイルまでやってのけたの😭)


挑戦までの時間が長くなればなるほど、
決心が揺らいでしまうもの。

だけど、今回ばかりはブルーシャークが来るのを待ち続けなきゃいけない。ずっと気持ちを強く持っていなきゃいけない。





ブルーシャークとの対峙


やっぱり持ってる男なのかな、
6時間も待たずにブルーシャークが姿を見せた!


しかも3m級の大物。


何度も何度も「安全第一」と確認するスタッフ。



「シャークゲージ無しってマジかよ」
と少し心を覗かせるも、
いってきまーす!とカメラに手を振ってダイブ🌊




初ダイビングにして、
シャークゲージなし、サメ避けなしで
ブルーシャークと初対峙したときの言葉が

「カッコいいサメ 凛としていて」

だった。



以前、一曲NEW魂というNEWSの特番で両サイド崖の山を登った時、カメラに向かって笑顔で「スゲェ景色」と言っていた。

その番組の違う場面では、
「怖いよって言ってたらそうなる」
とも言っていた。


今回のブルーシャークも同じで「カッコいいサメ 凛としていて」は、自分で恐怖心を煽らないようにポジティブに出た言葉だと思うんだよね。もちろん本当に感じたことだと思うけど。ただ、そういう時に出た言葉が「凛としていて」だった。




生態系の頂点に君臨するブルーシャーク
手越祐也の心が伝わったんだと思ったよ。
襲う相手じゃないと思わせた。



それからは、
手越くんの足元を泳いだり
(最接近したときの「股の下くぐっとるよ」って方言混じりの言葉から特に緊張が伝わってくる😭)


目の前を横切ったり。



なんかね、マンタのときもそうだったけど、
海洋生物のほうから写真とりにきてくれてるみたいに見えたの。


海の仲間として迎え入れられ、
自然の一部になってるみたいに見えた。



手越祐也はただの持ってる男じゃなくて
自らの力で最高の結果を引き寄せる男なんだ。




この凄さ、あり得なさ、
ダイビング未経験のわたしでも感じるんだから、
ダイビング経験のある方はもちろん、
本家の金子さんがいちばん感じるんじゃないかな。
(ロケ現場の様子もはっきり想像つくだろうしね)


もちろんスタッフさんも。


今回のオーシャンズ手越のVTRがイジり易しめで、
かつ、いつにも増して手越愛に溢れていたのは、NEWS結成日当日放送なのもあるだろうけれど、
これは軽々しくイジれない程凄いことだっていう、
イッテQスタッフさんの心の表れかなぁと思った。




シャークダイビングを終えて


"いつでも行けるぞ感があって、ふ~んって凛と泳いでるんだけど、その奥に眠るとんでもない攻撃力を感じる。"



手越くんがブルーシャークに感じたもの、
わたしは手越くんにも感じるよ。



このダイビングで得た経験や自然の偉大さ
目の当たりにしたブルーシャークの圧倒的強さ


手越くんなら絶対にこれからの人生や大好きな歌に
活かしていくんだろうなぁと思った。






放送されてからこのブログを書くまで、
何度も何度も録画をリピートして、
見れば見るほど尊くて、
本当に尊敬って言葉じゃ足りない人だなぁと
心から思ったよ。




もちろん笑顔もたくさんもらえたよ~~!!!

狙って「さんまさん」って答えたわけではないだろうに "サメなのにさんま" って落ちで終わったのが綺麗すぎて感動した!笑



超過酷な命がけのロケだったけど
全員無傷で無事帰国できてよかった!




イッテQさん、
現地スタッフのみなさん、
そして、

手越祐也さん

感動をありがとうございました!!!!




.

*1:そのエピソードを教えてくれたのは、Qメンバーのおかずクラブさん。手越くんのグループ愛の深さに感動したそうです。

*2:以前、出川さんがテロップはスタッフさんに愛されていないと付けてもらえないと言っていた。

*3:イッテQ DVD vol.5、および、イッテQ DVD BOX-BLUE 内村光良・傑作セレクションに収録

レタスクラブ オトナのNEWS vol.110を読んで。

2019/08/24発売のレタスクラブ
連載「オトナのNEWS」を読みました。

ちょっと個人的な感想を綴りたいと思います。



担当は手越くん。

大柄の浴衣にピンク髪で、輝く笑顔が目を惹く誌面だったね。最近オトナの男性の色気も増していて、笑顔にも可愛いよりドキドキを感じることが多いよ。今回の浴衣姿もとっても素敵♡




今回レタスクラブ編集さんが綴った、


手越さんの強くてやさしいことばに
耳を傾けてみて


という言葉のとおり、
レタスクラブの手越くんの言葉は、
いつもより少しだけ踏み込んだ言葉で
はっきり伝える強さと、
メンバーやファン、読者を思う優しさで
光満ちている。


わたしね、手越くんのこと、
タレントとして大好きだし、ボーカリストとしても大好きだし、いち表現者としても大好き。
でも1番は人として大好きで尊敬している。

わたしはよく、手越くんのことを"人として美しい"と言うけれど、それは、顔が綺麗だからとか、人としてパーフェクトだからとか、性格がいいからとか、そういう理由じゃないの。


人間だから、
失敗することだってあるし、
調子の悪い日もある。
嫉妬や悔しさ、悲しみを感じたり、
深く傷付くことだってあると思う。


SNSが発達して一般人が主張しやすくなった昨今、
常に見張られてる感覚があったり、
なんでもないことが悪意を持って広められたり、
普通にゲームすることすら咎められたり。


心がいつおかしくなっても不思議じゃない世界。
華やかな一方、怖い側面も持つ厳しい世界で戦っている。




それでも、
自分が正しいと思う道を信じて、
自分をピカピカに磨きながら、

大切なメンバーやチーム、ファン、
そして、自分のために真摯に努力を重ねる姿、

みんなにとっての幸せを
とことん追及する誠実な姿


それがとても美しいんだよ。

そして泣けるほど愛しくてカッコいいの。


だから、誰かのアイドル論に反していたとして、
それで叩かれたとしても少しも好きが揺るがないんだ。



そして、
手越くんからソロを中心に活動したいって想いを
わたしはあまり感じたことがない。
いつだってベースにグループを感じる。

ファン歴が浅いから感じないんじゃないと思う。
過去の手越くんじゃなく、"今"の手越くんを見てそう思う。



イッテQの新年会で「イッテQの手越だけじゃなく、NEWSの手越としてもより認識してもらえるように頑張りたい」って今年の抱負を宣言する人だよ~。

ライブのソロリハーサルだって、自分がいちばん体力があるから、まずは自分が通しで出来るか、チームとしてやりきれるかを見てるんだよって教えてくれるし。

メンバーの歌やドラマ、衣装に小説、、、その活躍に心から喜び期待する言葉も聞くもんね。



チームで勝ちたいひと。



だからといって、個の努力をグループのためだけに注いでるんじゃないと思うんだよ。それも感じる。



30代になり、
あれだけ歌の実力があって、
歌うことが心から大好きで、
ひとりで歌った歌が評価もされているからこそ、
彼が思うままに可能性を追及する道を求めてしまうファンもいるんじゃないかと思う。

だって本当に素敵な、心に響く歌なんだもん。


わたしもそう思ったことがある。
ちょっと違うかな。
好きなことを思うまま自由にと願ったことがある、かな。心を乗せすぎたのかもしれない。

けれど、いまはそうは思わない。


グループに全力で愛を注ぎ、個として自分がやりたいことも出来る環境を、少しずつ作っていると思うから。
もちろんメンバーの努力やチームの方針があってのものだと思うけど。


NEWSにロックな楽曲やアーティスティックな楽曲、増えたもんね。

歌以外に得意なことがあるメンバーもいる中、
NEWSといえば歌という認識が年々増して、
音楽番組でのコラボやカバーの機会も増えたし。

WORLDISTAで今まで以上に楽曲制作に関らせてもらったことを嬉しそうに教えてもくれた。

次々と難しい楽曲に挑戦していけるのは、
メンバーの歌の進化があってこそだから、
それを素直に喜び、言葉にして伝える。
そして自分も負けらんねぇ!と鼓舞する。




NEWSをメインに活動しながら個も磨く、
個で磨いたことをグループにも自分にも還元する。

グループが、チームが、ファンが、そして自分が、
みんなが幸せになる道を追及してるんだと思う。


これが手越くんの進みたい道なんだろうなぁと
わたしは感じます。



だからレタスクラブの最後の言葉
わたしは真っ直ぐに受け止めて、
胸にスッと染み込んでいきました。



そして改めて、
信じた道を貫き努力を続けた結果頂いたという、
心の底から嬉しいお仕事がもっともっと楽しみになったよ。



これからもNEWSを手越くんを応援していきたい。
そう強く思いました。




表に見える仕事だけが彼らの仕事ではないから。
会えない時間を、
寂しさを嘆く時間にせず、
好きを深める時間に変えて待ってるね。


ありがとう!!大好きだーーー!!



.

手越祐也の紅

いつか、大きな夢が叶うことを願い、
夢への第一歩について残しておこう。






2019年7月6日 19:35


手越くんがXJAPANのメジャーデビュー曲「紅」
を生放送の舞台で披露しました。




彼が長年XJAPANのファンであることも、
ToshIさんの歌をリスペクトしていることも、
この1年間何度も一緒に歌ってみたいと公言していたことも*1知っていたので、紅をカバーすることが発表された6月22日から、7月6日の本番までの2週間、時にドキドキ、時にワクワク、時にT越祐也くん*2に沸きつつ、緊張と期待を胸に過ごしていました。



大好きな手越くんの大きなチャンスであり、
大きなチャレンジ。



こんなに緊張と期待が入り交じる経験、
自分の子供でもなかなかないかも(笑)






当日は、多くの手越くんファンがTwitterアイコンを紅に染めて、手越くんにエールを送っていて、私のTwitter画面の左側は真っ赤(笑)

見慣れないアイコンばかりで、誰が誰だか全然分からなかったけど、手越くんファンなことだけは一目瞭然。頑張れーっ!応援してるよーっ!って、そんな声が聞こえてくるようだった。




番宣CMにも起用され、
(たぶん4パターンはあった)

番組からの期待も感じるなか披露した紅は、


・楽曲に対するリスペクト
・ボーカリストとしての挑戦
・彼の魂


が込められた、
手越祐也にしか歌えない紅だった。




ライブで見る手越祐也だ!
と、直後に思ったけど、

今思うと、
ライブでも見たことがない
ボーカリスト手越祐也だったかもしれない。



本気の手越祐也だった。



音圧も届かない、現場の音を全て電波に乗せることも出来ないテレビから聴こえる歌声で、こんなこと、今までなったことないんだけど、しばらくまともに息が出来ない状態が続いた。


涙が出た。


はっきりと身体に空気を取り込んだ瞬間、



かっこいい!

かっこよかったよ!

手越くんの大好きって気持ち、
伝わってきたよ。

もう、何度でも言いたい!

手越くんかっこいい!!

大好き!!!



テレビの前でスタンディングオベーション





ネットでも大きな反響、
色んな感想があったけど、

音程がどうとか、
喉の調子がどうとかじゃなくて、

その時の彼の持てる全てで挑んだ、
たった1回の歌唱に、
彼の生きざまや愛を感じてか、
すごい!よかった!と絶賛する方の声や
XJAPANファンの方々の温かい声が
少なくなかったことが本当に嬉しかった。



チャラいとよく言われる彼だけど、ファンのわたしから見ると、多角的に物事を捉えて、細部にまで愛を込めて行動する人。



心の真ん中に大きな愛がある人なの。



だから、紅を披露するにあたって、
歌で伝えたいこと、
伝えたい相手、
どうすればその愛が伝わるか、
を考えていっぱい準備して本番を迎えたと思う。



原キーにこだわったこと。

5月末にラストを迎えたツアー限定の髪色だよ、
と言っていたはずのピンク髪だったこと。

尊敬の念を感じる
紅色とは真逆の真っ白な衣装。

いつもステージでつけている指輪を
外していたこと。



目や耳で感じるだけでもたくさんの
愛とリスペクトが散りばめられていたように思う。





あれから2週間…
後日談もいくつか語られたけど、
そのどれもが嬉し涙を伴う、
とても心温まるエピソードだった。




ここからは、
そのエピソードについて綴ろう。*3





オファーから楽曲決定に至るまで

THE MUSIC DAY開催の情報解禁が2019年6月1日だったので、オファーを受けたのは5月辺りだったのかもしれないね。(予想です)


スタッフさんが用意した10曲ほどの候補曲の中から、最終的に自ら「紅」を選曲した手越くん。

スタッフさんからは紅を推されていて、
手越くんの「紅だあぁぁぁーー!!」で
会場を盛り上げて欲しい!
って言われていたんだって。

きっと手越くんも紅に挑戦したい気持ち、
最初からあったよね。

だけど、まずは歌えなきゃ歌っちゃだめだからって、とりあえず楽曲決定前から紅の歌練習を始めていたらしい。
ちょうどNEWSのNEWシングル「トップガン/Love Story」の発売時期とも重なっていたので、4人でトップガン披露の練習をしたあと、紅の練習をしていたら、その歌を聴いたメンバーの小山さんとシゲちゃんがこう言ってくれたそう。
(まっすーはドラマ撮影で練習後は席外し)


「「手越!これなら絶対に歌った方がいいよ!」」


嬉しかっただろうなぁー。



「じゃあ、やってみっか!キツイけど!」



そんな、メンバーの後押しもあり、

生放送の大きな舞台で、ずっと憧れてきたアーティストの楽曲を歌う機会がもらえるのは、これが最初で最後かもしれない。キツいチャレンジだけど、やらずの後悔はしたくない。

そんな思いを胸に、
「リスペクトのもと是非歌わせていただきます!」
と生放送の舞台で紅を歌う決心をしたんだって。




本番までの心境

2019年6月26日、日テレの情報番組「バゲット」の取材を受けたNEWS。(放送は7月2日)

取材の中で、紅カバーについて触れられ、
こんなことを言っていたね。


「好きだからこそプレッシャー」


歌う楽曲を即決しなかったことも含め、
リスペクトしているからこそ、
気軽には歌えないんだよね。


手越くんのことだから、
日々ガチ練習積んでたんだろうなぁ。



本番前の楽屋

2019年7月6日

本番当日は、
17:15頃 NEWS歌唱(トップガン/フルスイング)
19:20頃 ハイトーンボイスメドレー(紅)
20:50頃 ジャニーズシャッフルメドレー(Real Face)
に出演した手越くん。


NEWSでの歌唱直後に行われた「バゲット」の取材(放送は7月8日)で、緊張感漂う楽屋での様子が暴露されてたね。
めっっっちゃ喉ケアして超静かだったらしいw
(そらそーだw)



いや、ほんとさ!
この時、わたしもめーっちゃくちゃ緊張しててさ!
(ピークだったかも)(一緒にすな)



まじ記憶ないの。この辺(笑)




本番を終えて


めちゃくちゃプレッシャーだったけど
めっっっちゃ気持ちよかった!



手越くんからはそんな感想が。



後日、一緒に食事をしていた京本政樹さんから
「すごかったよ~!感動しちゃったー!」
って絶賛の声を頂いたり、

イッテQの収録(おそらく7月9日)で、
Qメンバーやスタッフさんからも感想を貰ったり、

ほかにも大きな反響が
手越くんにも届いていたみたいだね。



その反響は、なんと、
ご本人であるToshIさんの耳にも。



ToshIさんのブログ

2019年7月8日 20:39

反響を知ったToshIさんが、オンエア映像を観て、手越くんの紅についてブログ*4で触れてくださったの。




これを読んだとき、
本気で泣いてしまったんだよーーー。


手越くんの魂が伝わった…!
いちばん伝えたい人に伝わった!
たった1回の歌唱で…!って。


本当に嬉しくて嬉しくて。


そして、
誰よりも手越くんに読んでほしい!
誰か手越くんにこのことを伝えてほしい!
って思った。




そしたらね、時を同じくして、ブログを知ったNEWSの音楽プロデューサーさんが、手越くんに記事を送ったんだって。




嬉しすぎて泣いた手越くん。




京本政樹さんに紅を絶賛された、
知人のお誕生日会の席でのことだったみたいね。


京本さんが泣いてる手越くんの背中を
トントンってしてくれたんだって(笑)



これ聞いてほっこり…///



登れるか登れないかのギリギリに挑戦して、
登りきった後でもらった嬉しい言葉の数々。



本当に歌って良かったね。
手越くんが嬉しいとわたしも嬉しい!



今年も
手越くんの魂(うた)という大きな宝物を貰った夏。


貴方のファンで本当に幸せです。



この紅歌唱をきっかけに更に大きくなった
・ToshIさんとduetしたい!
YOSHIKIさんのピアノ伴奏で歌いたい!
という大きな夢。

1歩前進どころか、大きくジャンプした気がする。


近い将来、叶うといいね。

その未来を楽しみに
これからも応援させてね、ダーリン♡




f:id:kkk12tgs11:20190719180854j:plain

*1:わたしが知っているだけでも雑誌/テレビ/ラジオで計4回は公言してる。

*2:TT兄弟と一緒にTHE MUSIC DAYの番宣CMをしていたときの呼称

*3:参考:テゴマスのらじお(2019年07月17日放送)、ジャニーズWeb連載 NEWSRING♡392

*4:https://ameblo.jp/toshl-official/entry-12491834862.html

チャンカパーナは宝物 ―Songs感想記①―

昨年秋に休刊になった月刊Songs


少し前にそんなSongsのバックナンバーを蔵出ししてくださるという公式ツイートを見かけて、すぐに何冊か購入した。


購入したのは以下の8冊。

2010年05月号「テゴマスのあい」特集
2011年03月号「青いベンチ」特集
2011年11月号「テゴマスのまほう」特集
2012年08月号「チャンカパーナ」特集
2015年03月号「White」特集
2016年01月号「四銃士」イベント特集
2016年02月号「ヒカリノシズク/Touch」特集
2016年08月号「恋を知らない君へ」特集



順番にじっくり読んでいる途中だけど、人伝に聞いて知っている話もあれば、こんな細かいエピソード知らなかったー!という話もあって、読んでいてすごく楽しい!
なにより、メンバーの口から語られる楽曲への想いがとっても素敵で、いま読んで感じる思いもあって、なんか胸が熱くなった。




だから、当時をリアルに知らないイチファンの言葉になってしまうけど、2019年のいま、過去に語られた楽曲へのメンバーの想いと、それを読んで感じた今のNEWSへのわたしの想いをゆっくり書き綴りたくなった。




まずは、
2012年08月号「チャンカパーナ」特集
について。



インタビュー内容は大きく分けて、

チャンカパーナをタイトル曲に選んだ経緯
・レコーディングで心掛けたこと
・フルスイングについて
・ファンへのメッセージ
・ソロ曲について

で構成されていた。



この中からチャンカパーナの部分について書こう。



少しWORLDISTAのセトリにも触れるので、
ネタバレ回避の方は自衛をよろしくお願いします。
(ここからセトリに触れるよって言います)



チャンカパーナをタイトル曲に選んだ経緯

4者4様の言葉で答えていたけど、インパクトのある楽曲だったから、ファンの人たちも覚えやすいし一緒に騒げると思う。だから、満場一致でタイトル曲に決定した。と受け取ったよ。


加藤
「かっこいい曲、いい曲はたくさんあったけど、最初に"へっ?!"ってなって、その後みんなの顔が綻んだのはチャンカパーナだけでした。インパクトがあったので、そこは大事にしたかった。」


増田
「待ってくれてた人がたくさんいるから、"NEWSが動き出した!"ってすぐに伝わる曲がよかった。ファンの人達のためにもみんなで騒げる曲がいいなと思ったので、ピッタリだと思った。」


手越
「1回聴いただけで覚えたし、鼻歌で歌っちゃう感じだった。聴いてくれる方にとってそれは大事なことじゃないかなぁと思った。口ずさめる曲っていいよね。ファンの人も覚えやすいし。」


小山
「4人の意見が一致して決まったので、全員で良い作品にしようって方向に向かえました。一度聴いただけで耳に残るし、タイトル名が気になる人もいるんじゃないかな。」


文字でだけ読めば、わりとすぐに決まったように感じるけど、選曲には半年をかけたって美しい恋にするよの初回盤特典DVDで言ってたね。

この年以降、現在に至るまでライブや音楽番組で何度も披露したり、本人不在の番組でNEWSやメンバーの名前が出るとチャンカパーナのイントロが流れたりと、4人の言葉通り、NEWSといえば「チャンカパーナ」って言えるほど、世間一般的にも有名な、NEWSの代表曲のひとつになった。

わたしがまだファンになる前、NEWSの曲と言えば、weeeekかチャンカパーナだったもんなぁ。横並びでマイクスタンドを使って歌うチャンカパーナを初めて生で聴いた時は、すごく嬉しかったの覚えてる。


NEWSの楽曲って、リリースから時を経ても心に刺さる曲、聴いて楽しい曲が多くて、"色褪せない"。そんな魅力があると思う。

そんな楽曲の素晴らしさに、歌い手の日々の努力や経験、その時その時代の気持ちが乗る。披露するたびに、新しいアプローチだったり、少し歌い方を変えたりと、何にでも染まれるNEWSが、楽曲を何度も染め上げる。

そうやって大切にしてきた沢山の楽曲の中でも、チャンカパーナはとびきり大切な曲だね。


チャンカパーナは宝物」


2018年9月14日放送のザ少年倶楽部プレミアムでそう言った手越くんの言葉と、それを聞くメンバーの表情、そして、リリースから7年近く経った今も、ガチで歌い踊る姿から、大切さが伝わってくるよ。




レコーディングで心掛けたこと

驚いたのは、一度完成したあと、もっと良いものにしたいからとレコーディングし直したっていうエピソード。チャンカパーナは、じっくり時間をかけてレコーディングしたってことは知っていたけど、完成後にみんなで録り直しているとは知らなかった。


増田
「色んな歌い方を録りましたよ。
サビは自分らしく飛び抜けようって話をしました。」


手越
「終盤のセリフも色んな言い方を録りました。
初めてでしたよ。1回完成してもっといいものにしたいからということで、またレコーディングし直したんです。」


小山
「"ここを直したらもっとイケるんじゃないか"って言い合いながら、もっと良いものを目指しました。この曲に賭けたって言えると思います。」


加藤
「うまく歌うことも大事だけど、それぞれの個性がより出せる歌い方をしたりして、色々試してみました。」


これを読んだあと、久しぶりに美しい恋にするよの初回盤特典DVDに収録されているレコーディング風景を見てみた。


まだ歌割も本決まりじゃないときだったのかな。
"深夜バスで君を見た 息を呑むよな黒髪"
の歌い方について、
オケ的にはストレートな感じでこう~♪(1フレーズ歌う)、でも歌詞に合わせるならこう~♪(1フレーズ歌う)、どっちが良いと思う?と音楽スタッフさんと真剣にやりとりをしていたり。


今度は歌詞に乗っかってうやうやしく歌ってみようか~というリクエストに、
うやうやしさってなに~?💦
と悩んでみたり。


「約束するよ チャンカパーナ
ファンの子的にはこんな感じのほうが好きだよね。

「美しい恋にする」
ここはメンバーの個性が出てもいいよね。
とアイデアを出したり。



届けたい人=ファン のことを考えて歌ってるの。
チャンカパーナ=愛しい人 だから。


そして、特典DVDでは触れられていなかった、完成後の再レコーディング。もっともっと素敵なプレゼントを贈りたいって気持ちで、たくさんの時間をかけて、愛情をたっぷり詰め込んで届けてくれた曲なんだなって、改めて知ることができた。


なんかさーーーもう~~~~~~。
どれだけ大切にしてくれるのーーーっ😭

NEWS再始動の曲なんだよ。
これから駆け出すって時の大事な1曲目なんだよ。
もちろん、そういう意味でも選曲したと思うけど、なんか……比重がさ……ファンじゃん。ファンに向けた歌のラブレターみたいじゃん。ワンナイトラブな曲だけど、セリフ部分とかもう一生の誓いみたいじゃん😭

言い方も含めめちゃくちゃ愛してくれるじゃん😭



当時をリアルに経験した方にとっても
チャンカパーナって、
宝物って言葉以上に宝物なんだろうなぁ。

このときファンでいたかったなって
素直に思っちゃったよ。
(久しぶりに音源リピってウルウルしてもーた)



ただ、リアルに経験していないわたしでも
感じたことがひとつある。

それは、
NEWSがファンファーストだってこと。

ファンの手に渡るものには、
とびきりの愛を詰め込んで、
大切にしてくれるところ、
ほんとに変わらないね😭💕

めちゃくちゃ愛してくれるもんね。
これでもかってくらい。
今もずっと。


ほんと大好き😭💕



チャンカパーナとLove Story

ここからはWORLDISTAのセトリに少し触れつつ、
わたしがライブで感じたことを残そう。

続きを読む

世界でいちばん幸せでいて欲しい人

わたしの大好きな人は、

わたしたちの愛を真正面から受け止めて

真っ直ぐに心を見せてくれる人です。







真面目で優しい彼だけど、ソース不明、真偽不明な悪意に晒されたり、事実をねじ曲げられて、何重にも泥を塗られたりする。
それはもう不自然なくらい頻繁に。



ファンとはいえ、
悪に侵食されてしまう時だってあるだろう。
だって人間だから。


ただ、変な噂や憶測を鵜呑みにして伝言ゲームを始める前に、変な噂や勝手な憶測の始まりを掘り下げる努力は出来ないだろうか。そして、フェイクニュースやこたつ記事の仕組みを勉強することは出来ないだろうか。
衝動的に「○○くんの△×の件ってなに!」とツイートする前に検索ワード上位に変な言葉が並ぶ理由を考えてみることは出来ないだろうか。そういうツイートが検索ワード上位になる原因じゃないか?と疑うことは出来ないだろうか。


一般人が全世界発信で主張できるツールがある今、煙の立たない場所にいくらでも火を起こせる時代なんだよ。疑うべき順序を変えるだけで見え方や振る舞いが違ってくるのになぁ…っていう残念な場面によく出くわす。


そうは言っても騒ぐ人は騒ぐし、
きっと悪意は消えない。
善と悪が共存するのがこの世界だから。

だから、自分が事実を知っていて、その事実がねじ曲げられていたり、自分と受けとり方が違うのであれば、違うということを残すのも大事だな、と最近思う。




そんな悪意に頻繁に晒され、罵られ、
それに翻弄される人が少なからずいることに、
彼はどれだけ心を痛めてきただろうね。

悪意の大小じゃなくて、
"大好きだよ" "愛してるよ"
と、いつも真っ直ぐ伝えている言葉や、
全力を注いでいるステージでの姿を蔑ろにして
ただ騒がれることに、
"もう慣れた" と何度言い聞かせてきたんだろう。




わたしの心が苦しくなるのはいつだって、
悪意に満ちた噂や憶測、記事の内容じゃなくて、
それによって彼が傷付いてるんじゃないかと感じるとき。

それと同時に脳裏に浮かぶのは、
彼の想いの乗った歌や、
ステージでのとろけた笑顔、
真っ直ぐな心を届けてくれる言葉たち。




養ってきたポジティブさだけでは
耐えきれないほどの悪意が蔓延る世界で、

時には無理にでもポジティブにならないと
生きていけないこの世界で、

好きで応援しているわたしたちファンは、
どんな悪意に直面しても
真っ直ぐ彼を見つめて
堂々と愛す存在でありたいと思う。

甘やかしたいのとは少し違う。

そんな少々上から目線な話ではなくて、
ちゃんと愛を愛と気付いて、
まっすぐに彼だけを見つめたいという話。



しっかり見つめていれば、
根も葉もない噂や憶測なんて
本当に雑音でしかないよ。

彼とわたしの仲を邪魔する
おじゃま虫でしかない。
(おじゃま虫に失礼だけど!)



彼は雑誌やラジオ、そして、ステージで、
まっすぐに心、見せてくれてるから。




大切なもの

いつもなら家族や友人といった大切な人と過ごす大切な時間を、スタッフさんもファンのみんなも、NEWSと過ごすため使ってくれる。それって、凄く有難いことだよね。感動的だなぁと思う。


2018年末、初の4人での単独カウコンについて、
色んな雑誌やラジオで何度も言ってくれた言葉だね。

人って、自分が大切にしているものは、相手にとっても大切なものだという意識で話したり考えたりするものだと思う。だから、この言葉から、彼にとって「家族」「友人」「時間」が如何に大切かが分かるし、1年の中でも大切な人と過ごすって人が多い、年越しという大切な「時間」を、自分たちと一緒に過ごしてくれることに、溢れんばかりの愛を感じてるのが分かる。


自分の人生だから、絶対に後悔しないように生きたいと思っている彼にとって「時間」って本当に大切なもの。命の儚さを知っているからこそ1分1秒も無駄にしたくない人だと思う*1スキルアップや居残っての個人リハ、体力維持に美容ケアなどの仕事に直接関わることから、家族や友人とのコミュニケーションまで、自分にとって重要なことにしっかり時間を使いたい人。

友人へはよく雑誌で感謝を伝えているね。わたしは大人の男性の友人関係に口出しするのは野暮だと思うタイプ。ましてや芸能人だし、その友人関係の全てを知ってる訳ではないファンがとやかく言うのはマイナスになる可能性が高いと思っている。これはわたしの考え方。心配する気持ちも分かるけどね。
ひとりで外食したり、ひとりで旅行したりは寂しいし、楽しい思い出は共有したい!っていう彼の、心のリフレッシュを共にしてくれる、彼にとって大切な人たちだよ。

家族についてはやっぱりテゴママエピソードを聞くことが多い。
お母さんのお掃除の話とかほっこりしたなぁ。日頃からキレイにしている部屋だけど、家に来ると必ず部屋の掃除や整理整頓をしてくれるお母さん。その負担を少しでも軽くするためにクリーニングを呼ぶらしいんだけど、お母さんが来る直前には呼ばないんだって。理由は、息子の部屋の掃除をすることがお母さんの楽しみのひとつでもあるだろうから、だって (2017年05月のレタスクラブ)。
そして、ロケ先で食べて美味しかったシャインマスカットを、家に来ているお母さんにも食べさせてあげたくて、お土産に持って帰ったりもする (2017/09/12 KちゃんNEWS)。
お母さんが家でごはんを作ってくれるときは、お手伝いもするって言ってたこともあったな (Myojo 2018/10月号)。普段料理しないし、手先もぶきっちょさんだけど、ピーラーで皮を剥いたり、包丁で芽を取ったり、みじん切りしたり*2、一緒に作るのが好きなんだって。座って別のことをしながら料理が出てくるのを待つスタイルじゃないんだよ。参加型なの。1度に複数のことをして時間を有効活用したいマルチタスク脳な彼だけど、そういう「時間」は分業にせず、共有するの。

どれだけ家族を大切にしているかがわかるエピソードが他にもいっぱいある。紹介しきれないほどいっぱい。

男性って、人前でお母さんの話をすることってあまりないと思うんだけど、彼は恥ずかしい素振りもなく話すんだよね。間違えてほしくないから敢えて書くけど、マザコンとは違うんだよ。依存していないからマザコンって言葉の意味には全く当てはまらないの。ただただ愛情表現がストレートな人なんだよ。だからこそ、ファンに向ける笑顔や言葉が素直に嬉しいんだよね。


そんな彼が、
カウントダウンコンサートを終えた後の雑誌で、

ファンの愛の強さと深みを感じました。僕らの一挙手一投足、1分1秒という時間を愛おしんで一緒に迎える年越しは本当に相思相愛感がありました。

と言ってくれたのを読んだ時は、その場に居なかったわたしでも、胸が熱くなった。ついでに目頭も(笑)
直接ファンと顔を合わせて感じた想いを「相思相愛」と言う言葉で表現してくれることが本当に嬉しいじゃん。一方通行じゃないってことだよ。いつも愛を貰ってるから貴方にも愛を贈りたい。いつも幸せにしてもらってるから貴方にも幸せになって欲しい。お互いにそう思い合う関係、リアルでもなかなか築けるものじゃないのに、彼と多くのファンの間にはそういうストレートな愛の形が構築されてるってことなんだと感激したなー。




ライブへの想い

そんな風にいつも気持ちを届けてくれるので、
何かが起きても
彼には多くのファンの心は届いてるから大丈夫。
と思うこともある。

彼は自分でポジティブにもっていける人だから大丈夫、と。

それはもちろん信じているけど、
信じてるだけでは足りないときもある。


そう思って、
ただただ、彼の幸せを願って伝えた気持ちがある。
読まれなくてもいい、
何か見返りが欲しいわけでも、
もっと愛して欲しいわけでもなくて、
愛を食べて生きる彼に
1つでも多く愛が届けばいいな。
そう願って贈った気持ち。


きっと多くのファンが贈ったそんな気持ち、
もしかして届いたのかなと思うことが多い。



ファンレターは今もちゃんと読んでるよ。ファンの人の思いを直接聞ける唯一のツールだから。

でも1番意志疎通できるのはライブ!ステージから見える表情、聞こえる歓声や歌声、その全てからみんなの思いを感じてるよ。



これは、WORLDISTAツアー初日直前に発売した
POTATO 2019/04号で話してくれたこと。

話題にするタイミングも含め、
伝わったんだなぁ、
やっぱ直接届けるって大事だなぁと思った。

こちらこそだよ~~ライブ中の貴方の表情や仕草、歌声、その全てから、その時その瞬間に届けてくれる思いを受けとってるよ~~そんな風に言ってくれるならC&Rもファンが歌うパートももっと頑張る~~もっと幸せ感じて欲しいから~~~あぁなんて相思相愛だぁぁ~~
(´TωT`)(´TωT`)(´TωT`)(´TωT`)




そして、いま発売中のTVnavi SMILE vol.032では、

自身の存在意義とスタンス

について、今まで以上にハッキリと考えを伝えてくれている。
きっと彼をどんなに好きでも、そのスタンスを善しとしない人もいるだろう。それは居て当たり前。十人十色だから。ただ、受けとり方に賛否があることだからこそ、ハッキリ伝えてくれる愛に気付けてるかな?



心に響く歌をありがとう。
常に120%全力のパフォーマンスをありがとう。
見る人を幸せにする笑顔をありがとう。

わたしはそれで十分過ぎるくらい幸せ。

ぜんぜんアウトローじゃないよ。
どの公演も全力で歌い、踊り、
たくさんの愛と幸せをくれる
わたしにとって唯一無二のスーパーアイドルだよ。



手越祐也のファンになってよかった」
「世界一幸せなファンかもしれない」



と素直に思う。




願わくば、
刺激が得られる歌の場に
彼がもっともっと恵まれますように。



そして、
ひとりの男性としても、
ひとりの息子としても、
幸せになってね。





わたしの大好きな人は、

わたしたちの愛を真っ直ぐに受け止めて

何倍もの愛でかえしてくれる人です。





わたしは、その愛に気付けるファンで在りたい。




.

*1:インビジブルダンジョンの歌割、だからこそ1番も2番もあのパートは彼に当たってるんだと思う

*2:ザ少年倶楽部プレミアム 2016年8月の軽井沢旅行の回を見てほしい。持ってない人はどうにかして(無茶苦茶)見てほしい。何分もかけて丁寧にみじん切りする手越くんが愛しいから。それを見守るシゲちゃんの優しさ含め愛しいよ。

ザ少年倶楽部プレミアム STARRING NEWS 卒業に寄せて

2019年3月15日
ザ少年倶楽部プレミアム STARRING NEWS
が最終回を迎えました。



3年間、

聴きたいNEWS
見たいNEWS
知りたいNEWS

をたくさん届けて下さり、
ありがとうございました。



包み隠さず言うならば、

聴きたいNEWS
見たいNEWS
知りたいNEWS

がまだまだありました。



これは本音。
きっと多くのNEWS担の本音。



番組側からもNEWS側からも意志が伝わってきてたからね。
抗えないことはあるって分かっているけど、やっぱり悔しさが滲むときもある。



だけど、、、



この気持ちをも包み込んでくれるような、深い愛、未来への力強い決意が見える最終回だった。



番組MC卒業の一報が届いた日、
わたしは番組宛にNEWS PREMIUM SHOWへの想いと共に「最後にNEWSの歌をたくさん聴かせてほしい」とメールした。


きっと同じ想いだったファンも多いと思う。



だからかな。
総集編なんてありきたりな最終回じゃなかった。



NEWS4人だけでのリベンジ企画、
NEWS、スタッフ、ファン、関わる全ての人が大切にしてきた全NEWS PREMIUM SHOWのメドレー、
最新アルバムからの楽曲披露、
39人(サンキュー)構成のオーケストラと共に届けた歌のメッセージ。


総集編でもなく、ご褒美旅行をするでもなく、ほぼ通常回と同じ構成だったのが、なんだか、番組の大切さを際立たせてた気がする。毎月の放送の満足度の高さを、最後に改めて感じた。




リベンジ企画での「後悔はない」って言葉、カッコ良かった。軽井沢旅行、はじめてのシェアハウス、いろいろな人気企画の振り返りだって出来たのに、過去を振り返るんじゃなくて、今のNEWSでアップデートしてくれたの、嬉しかったなぁ。

ありがとう!



3年間のNEWS PREMIUM SHOWメドレーは、披露した楽曲全てを少しずつ繋げたメドレーになっていた。
わたしは2016年初夏にファンになったから、初回から数回はHDDに残せていなくて。だから、とても貴重なメドレーだった。

メドレーで聴くと、ユニゾンの声の変化をすごく感じたよ。1色ずつそれぞれの場所で咲いていた花が、"いま"に近付くにつれて、4色の花束になったような、そんな変化を感じた。たった3年なのにね。これからも少しずつ大きくなっていくだろう歌の花束。抱えきれなくなるのを夢見つつ、楽しみにしてるね。

ありがとう!



ENCOREで聴いてからずっとテレビ披露して欲しかったSPIRIT。
どんなに挫けても、どんなに難しくても、諦めず、上を目指してどこまでも羽ばたく意志を感じる魂の曲、それがわたしのSPIRITのイメージ。ポジティブな曲なのに、ENCOREで聴いて以降、なぜか泣きそうになるんだよね。この楽曲を卒業の日に歌う意味を感じずにはいられなかったよ。

11人で踊る振り付けも本当に大好き。
これまで一緒に出演してきたMADEやお馴染みのJr.メンバーが駆けつけてくれて(きっと、ENCOREの時のSPIRITメンバーかな?*1 )、ラストのNEWS PREMIUM SHOWに華を添えてくれたこと、忘れない。感謝。
11人での画面いっぱいに広がる大きな翼の一体感、本当に美しかった。色んな角度から羽ばたく姿を見せてくださったカメラマンさんにも感謝。

あとあとあと!久しぶりのボンパ手越くんが天才的に可愛かった。おデコがキュートすぎた。推定5.5センチに世界中のKAWAIIが集まってた。あれでラップ部分の可愛い振り付けされちゃーお手上げだわ(*´Д`*) テゴのおデコは世界を救う。

何度もリピートするSPIRITになると思う。

ありがとう!




そして、ラストに披露した愛言葉とヒカリノシズクからは、ファンへの深い愛と未来への強い決意を感じたよ。


♪愛言葉
君とみる これからの未来は
鮮やかで 輝いて 広くて
重ねた時間(とき) またはじまる
"てずてってとって" 愛してる

この曲が出来たとき、まだわたしは"君"のひとりではなかったけれど、ファンになって初めて聴いた時も、ベストアーティスト(2015年)で生披露する姿を観た時も、"時間"を感じなかった。過去の曲という感じがしなかった、が近いかな。それは今回も。未来の"君"にも愛を届けてくれていたのかな。
磨かれて変化が生まれたNEWSの歌、その歌で届ける不変な愛、そんな愛言葉だった。いつもまっすぐ愛してくれてありがとう。鮮やかで輝かしい未来、絶対に一緒に見ようね。


♪ヒカリノシズク
だから 何度も 何度も 僕らは歌うよ

最終回のOPでヒカリノシズクを披露すると分かったときは、正直、なんでヒカリノシズク?と思った(ゴメンね…💦)。例えば、U R not aloneや「生きろ」といった、近年のNEWSが打ち出している、全力で歌うことで背中を押す応援歌か、ファンへの愛の歌を最後に持ってくるかなぁと思っていたから。でも、聴いたら選曲の意味が伝わってきたよ。こんなに"いま"に合う楽曲だったんだね。

最終回を迎えるあたって、絶対に最後まで笑顔で観ようと心に決めてたのに、、最後の最後、大サビで涙が止められなくなった。心が流れ込んできたから。歌い終わりの表情に、少し心の奥が滲んでいるように見えて、ちょっとの切なさと未来への力強い決意が見えるヒカリノシズクだった。

いつも背中を押してくれるNEWSが最後に選んだ楽曲が、"心を届ける歌" だったこと、忘れないよ。これからもNEWSの歌、何度も何度も届けてね。一緒に限りない夢を信じていこうね。

本当にありがとう!!!!






スタッフさんの愛、NEWSの愛が詰まった、NEWSにしか出来ない最終回で、胸がいっぱいになったよ。




以前、番組プロデューサーさんがインタビューで話してくださった、NEWSと番組を作る上で大切にしている想い。


「この番組が、彼らが今後この世界でより駆け上がっていくための "いろいろな経験が出来る場所" になれたら」


3年間で得た経験を糧に駆け上がっていけるかは、これから。この卒業がその輝く未来へのスタートにもなる。



頑張れ、NEWS!
ずっと応援してる!




今後、ゲストという立場で
また番組に帰って来る機会があることを夢見て。




3年間、MCおつかれさまでした。
素敵な思い出をありがとうございました。



最後に…気持ちを伝えることの大切さも教えてくれた番組へ、メッセージを。

www4.nhk.or.jp


.

*1:WORLDISTAツアーにはMADEはついていない