踊る愛の魔法

手越くん大好き!の記録

世界でいちばん幸せでいて欲しい人

わたしの大好きな人は、

わたしたちの愛を真正面から受け止めて

真っ直ぐに心を見せてくれる人です。







真面目で優しい彼だけど、ソース不明、真偽不明な悪意に晒されたり、事実をねじ曲げられて、何重にも泥を塗られたりする。
それはもう不自然なくらい頻繁に。



ファンとはいえ、
悪に侵食されてしまう時だってあるだろう。
だって人間だから。


ただ、変な噂や憶測を鵜呑みにして伝言ゲームを始める前に、変な噂や勝手な憶測の始まりを掘り下げる努力は出来ないだろうか。そして、フェイクニュースやこたつ記事の仕組みを勉強することは出来ないだろうか。
衝動的に「○○くんの△×の件ってなに!」とツイートする前に検索ワード上位に変な言葉が並ぶ理由を考えてみることは出来ないだろうか。そういうツイートが検索ワード上位になる原因じゃないか?と疑うことは出来ないだろうか。


一般人が全世界発信で主張できるツールがある今、煙の立たない場所にいくらでも火を起こせる時代なんだよ。疑うべき順序を変えるだけで見え方や振る舞いが違ってくるのになぁ…っていう残念な場面によく出くわす。


そうは言っても騒ぐ人は騒ぐし、
きっと悪意は消えない。
善と悪が共存するのがこの世界だから。

だから、自分が事実を知っていて、その事実がねじ曲げられていたり、自分と受けとり方が違うのであれば、違うということを残すのも大事だな、と最近思う。




そんな悪意に頻繁に晒され、罵られ、
それに翻弄される人が少なからずいることに、
彼はどれだけ心を痛めてきただろうね。

悪意の大小じゃなくて、
"大好きだよ" "愛してるよ"
と、いつも真っ直ぐ伝えている言葉や、
全力を注いでいるステージでの姿を蔑ろにして
ただ騒がれることに、
"もう慣れた" と何度言い聞かせてきたんだろう。




わたしの心が苦しくなるのはいつだって、
悪意に満ちた噂や憶測、記事の内容じゃなくて、
それによって彼が傷付いてるんじゃないかと感じるとき。

それと同時に脳裏に浮かぶのは、
彼の想いの乗った歌や、
ステージでのとろけた笑顔、
真っ直ぐな心を届けてくれる言葉たち。




養ってきたポジティブさだけでは
耐えきれないほどの悪意が蔓延る世界で、

時には無理にでもポジティブにならないと
生きていけないこの世界で、

好きで応援しているわたしたちファンは、
どんな悪意に直面しても
真っ直ぐ彼を見つめて
堂々と愛す存在でありたいと思う。

甘やかしたいのとは少し違う。

そんな少々上から目線な話ではなくて、
ちゃんと愛を愛と気付いて、
まっすぐに彼だけを見つめたいという話。



しっかり見つめていれば、
根も葉もない噂や憶測なんて
本当に雑音でしかないよ。

彼とわたしの仲を邪魔する
おじゃま虫でしかない。
(おじゃま虫に失礼だけど!)



彼は雑誌やラジオ、そして、ステージで、
まっすぐに心、見せてくれてるから。




大切なもの

いつもなら家族や友人といった大切な人と過ごす大切な時間を、スタッフさんもファンのみんなも、NEWSと過ごすため使ってくれる。それって、凄く有難いことだよね。感動的だなぁと思う。


2018年末、初の4人での単独カウコンについて、
色んな雑誌やラジオで何度も言ってくれた言葉だね。

人って、自分が大切にしているものは、相手にとっても大切なものだという意識で話したり考えたりするものだと思う。だから、この言葉から、彼にとって「家族」「友人」「時間」が如何に大切かが分かるし、1年の中でも大切な人と過ごすって人が多い、年越しという大切な「時間」を、自分たちと一緒に過ごしてくれることに、溢れんばかりの愛を感じてるのが分かる。


自分の人生だから、絶対に後悔しないように生きたいと思っている彼にとって「時間」って本当に大切なもの。命の儚さを知っているからこそ1分1秒も無駄にしたくない人だと思う*1スキルアップや居残っての個人リハ、体力維持に美容ケアなどの仕事に直接関わることから、家族や友人とのコミュニケーションまで、自分にとって重要なことにしっかり時間を使いたい人。

友人へはよく雑誌で感謝を伝えているね。わたしは大人の男性の友人関係に口出しするのは野暮だと思うタイプ。ましてや芸能人だし、その友人関係の全てを知ってる訳ではないファンがとやかく言うのはマイナスになる可能性が高いと思っている。これはわたしの考え方。心配する気持ちも分かるけどね。
ひとりで外食したり、ひとりで旅行したりは寂しいし、楽しい思い出は共有したい!っていう彼の、心のリフレッシュを共にしてくれる、彼にとって大切な人たちだよ。

家族についてはやっぱりテゴママエピソードを聞くことが多い。
お母さんのお掃除の話とかほっこりしたなぁ。日頃からキレイにしている部屋だけど、家に来ると必ず部屋の掃除や整理整頓をしてくれるお母さん。その負担を少しでも軽くするためにクリーニングを呼ぶらしいんだけど、お母さんが来る直前には呼ばないんだって。理由は、息子の部屋の掃除をすることがお母さんの楽しみのひとつでもあるだろうから、だって (2017年05月のレタスクラブ)。
そして、ロケ先で食べて美味しかったシャインマスカットを、家に来ているお母さんにも食べさせてあげたくて、お土産に持って帰ったりもする (2017/09/12 KちゃんNEWS)。
お母さんが家でごはんを作ってくれるときは、お手伝いもするって言ってたこともあったな (Myojo 2018/10月号)。普段料理しないし、手先もぶきっちょさんだけど、ピーラーで皮を剥いたり、包丁で芽を取ったり、みじん切りしたり*2、一緒に作るのが好きなんだって。座って別のことをしながら料理が出てくるのを待つスタイルじゃないんだよ。参加型なの。1度に複数のことをして時間を有効活用したいマルチタスク脳な彼だけど、そういう「時間」は分業にせず、共有するの。

どれだけ家族を大切にしているかがわかるエピソードが他にもいっぱいある。紹介しきれないほどいっぱい。

男性って、人前でお母さんの話をすることってあまりないと思うんだけど、彼は恥ずかしい素振りもなく話すんだよね。間違えてほしくないから敢えて書くけど、マザコンとは違うんだよ。依存していないからマザコンって言葉の意味には全く当てはまらないの。ただただ愛情表現がストレートな人なんだよ。だからこそ、ファンに向ける笑顔や言葉が素直に嬉しいんだよね。


そんな彼が、
カウントダウンコンサートを終えた後の雑誌で、

ファンの愛の強さと深みを感じました。僕らの一挙手一投足、1分1秒という時間を愛おしんで一緒に迎える年越しは本当に相思相愛感がありました。

と言ってくれたのを読んだ時は、その場に居なかったわたしでも、胸が熱くなった。ついでに目頭も(笑)
直接ファンと顔を合わせて感じた想いを「相思相愛」と言う言葉で表現してくれることが本当に嬉しいじゃん。一方通行じゃないってことだよ。いつも愛を貰ってるから貴方にも愛を贈りたい。いつも幸せにしてもらってるから貴方にも幸せになって欲しい。お互いにそう思い合う関係、リアルでもなかなか築けるものじゃないのに、彼と多くのファンの間にはそういうストレートな愛の形が構築されてるってことなんだと感激したなー。




ライブへの想い

そんな風にいつも気持ちを届けてくれるので、
何かが起きても
彼には多くのファンの心は届いてるから大丈夫。
と思うこともある。

彼は自分でポジティブにもっていける人だから大丈夫、と。

それはもちろん信じているけど、
信じてるだけでは足りないときもある。


そう思って、
ただただ、彼の幸せを願って伝えた気持ちがある。
読まれなくてもいい、
何か見返りが欲しいわけでも、
もっと愛して欲しいわけでもなくて、
愛を食べて生きる彼に
1つでも多く愛が届けばいいな。
そう願って贈った気持ち。


きっと多くのファンが贈ったそんな気持ち、
もしかして届いたのかなと思うことが多い。



ファンレターは今もちゃんと読んでるよ。ファンの人の思いを直接聞ける唯一のツールだから。

でも1番意志疎通できるのはライブ!ステージから見える表情、聞こえる歓声や歌声、その全てからみんなの思いを感じてるよ。



これは、WORLDISTAツアー初日直前に発売した
POTATO 2019/04号で話してくれたこと。

話題にするタイミングも含め、
伝わったんだなぁ、
やっぱ直接届けるって大事だなぁと思った。

こちらこそだよ~~ライブ中の貴方の表情や仕草、歌声、その全てから、その時その瞬間に届けてくれる思いを受けとってるよ~~そんな風に言ってくれるならC&Rもファンが歌うパートももっと頑張る~~もっと幸せ感じて欲しいから~~~あぁなんて相思相愛だぁぁ~~
(´TωT`)(´TωT`)(´TωT`)(´TωT`)




そして、いま発売中のTVnavi SMILE vol.032では、

自身の存在意義とスタンス

について、今まで以上にハッキリと考えを伝えてくれている。
きっと彼をどんなに好きでも、そのスタンスを善しとしない人もいるだろう。それは居て当たり前。十人十色だから。ただ、受けとり方に賛否があることだからこそ、ハッキリ伝えてくれる愛に気付けてるかな?



心に響く歌をありがとう。
常に120%全力のパフォーマンスをありがとう。
見る人を幸せにする笑顔をありがとう。

わたしはそれで十分過ぎるくらい幸せ。

ぜんぜんアウトローじゃないよ。
どの公演も全力で歌い、踊り、
たくさんの愛と幸せをくれる
わたしにとって唯一無二のスーパーアイドルだよ。



手越祐也のファンになってよかった」
「世界一幸せなファンかもしれない」



と素直に思う。




願わくば、
刺激が得られる歌の場に
彼がもっともっと恵まれますように。



そして、
ひとりの男性としても、
ひとりの息子としても、
幸せになってね。





わたしの大好きな人は、

わたしたちの愛を真っ直ぐに受け止めて

何倍もの愛でかえしてくれる人です。





わたしは、その愛に気付けるファンで在りたい。




.

*1:インビジブルダンジョンの歌割、だからこそ1番も2番もあのパートは彼に当たってるんだと思う

*2:ザ少年倶楽部プレミアム 2016年8月の軽井沢旅行の回を見てほしい。持ってない人はどうにかして(無茶苦茶)見てほしい。何分もかけて丁寧にみじん切りする手越くんが愛しいから。それを見守るシゲちゃんの優しさ含め愛しいよ。