踊る愛の魔法

手越くんとNEWSの魅力を色んな視点から覗いてみる

紡いだ言葉の宝物―手越祐也ソロ掲載雑誌まとめ(2018)―

ご無沙汰しております。



10月頃からほんっっっとーーーに仕事が忙しすぎて寝落ちしたり、NEWSごとが充実していて書く時間がとれなかったりで、なかなか更新に辿りつけず。。


大好きな手越祐也くんの31回目のBirthdayに書きたかったこともあったのにーーーっ(´;ω;`)




めっちゃ遅くなったけど…
手越くん31歳のお誕生日おめでとおおおおー!!!

f:id:kkk12tgs11:20181111153047j:plain




気持ちも残したいので書く。
遅くなったけど書き残す。




15周年yearだった今年、ソロ連載が各雑誌で始まったのもあって、手越くんはたくさんの言葉を届けてくれました。
その大切な宝物たちについて綴ろうと思います。


愛重めで(笑)



媒体ごとにまとめるので、普段雑誌までは確認しなーいって方の参考にもなると嬉しいです。



Myojo連載「"極私的ネットワーク開設" テゴCHANNEL」

頭の中で考えていることや日々の活動に対する思いを発信するシリーズとして始まったMyojo連載。2018年12月発売の2019/02号までで、計8回掲載されました。


ちょっとまとめてみたよ。

はい、どん!

f:id:kkk12tgs11:20181229063533j:plain
※未購入月もあるのでそこはご容赦を(*-ω人)


お写真は、笑顔で可愛い感じのが多いイメージ。
というより、カメラマン矢西さんが撮る手越くんがまぁ可愛いんだわ!(今井さんが撮ると少しクールな手越くんになる)
2019年1月号とか天使だった。。ほうき跨がってジャンプて………ほんと31歳なのかよぉぉぉ。まほう手越くんが過ったショットでした。

あとあれだ、Myojoはてごにゃん画伯が好きすぎる。
誌面の端にたまに「おまけCHANNEL」ってコーナーがあるんだけど、そこはNEWS連載時のお絵かきコーナーのお引っ越し先になっている。しかも、それだけにとどまらず、2018年7月号と2019年2月号は、メインの誌面がてごにゃん画伯だし…笑


テキストは、素朴な質問がテーマになってたり、なぜか心理テストしてたり、手越くんの素?をみつけようとしている感じのが多いかなぁ。
2018年10月号で言ってた「料理のお手伝いは好き。母親の料理を手伝ったりするよ」とかは初耳で、テゴママエピソードが大好きなわたしはドキューーン♡ってなった。


あと、シゲちゃんが出てくる率の高さよ!(笑)
他の雑誌でもよくシゲちゃんが話題に出てきたけど、Myojoが一番多かった気がするなぁw


Q.「てごしゆうやの [し] → シゲ」
A.「メンバーの中でパートナーを選んでくださいと言われたらシゲを選ぶ」(2018年8月号)

シゲちゃんとはよく一緒にリハしてたり、自主練を一緒にやったり、ライブ後のごはんを一緒に行って反省会したりと、行動を共にしてることを各媒体で伝えてくれることが多くて。Myojoでの話題の多さからも、シゲちゃんと気持ちを共有する機会が多いことが分かるんだよね。手越くんにとって刺激をくれる人がメンバーにいることって、本当に心強くて嬉しいことなんだろうなぁと思いながら読んでたよ。

この記事では、「シゲちゃんが書いた小説がドラマ化されて、その主題歌として「ヒカリノシズク」をリリースできた」と言っていて、恋を知らない君へでもEMMAでもなく(このときはまだ「生きろ」は解禁前)、ヒカリノシズクなことに小説家・加藤シゲアキへのリスペクトを感じたよ。シゲちゃんの小説がNEWSへの道標になった曲だもんね。わたしは当時をリアルには知らないけれど、「ヒカリノシズクはシゲが持ってきてくれた曲だから歌い出しはシゲでしょ!」って言ったって話も思い出しながら読んだよ。そうとう嬉しかったんだろうなぁ。




ポポロ連載「手越祐也的人生の格言テゴロク」

読者のお悩みに手越くんがまっすぐな気持ちで答えるポポロ連載。以前、Kラジ手越回でも何度か言っていたお悩み相談が実現した感じだね。2018年12月発売の2019/02号までで、計8回掲載されました。

これもまとめてみたよ。


どどん!

f:id:kkk12tgs11:20181229182642j:plain
※なぜか第1回が未購入だったぁ(T_T)


お写真は、光が当たった透き通る美しさの手越くんが多い。アップが多いから輝きが多い瞳にスタジオが反射して写ってるの!しかも今まで全部カメラ目線じゃないかな?カメラマンさんの心臓が心配…笑
唯一、2019年1月号だけ甘い美しさが漂うお写真だった!わたしあのショット好き💕


テキストは、毎月お悩みに対する真摯な回答(長文なの!好き💕)と、そのときの手越くんのお悩みが掲載されます。
お悩み相談者は高校生、大学生の女の子が多いかな。きっと読者層なんだろうね。だからこそ、真っ直ぐな悩みをぶつけていて、それに答える手越くんは彼女たちを絶対に否定しないんだよ。肯定から入るの。そして、自らの体験談を交えて選択肢を増やしてくれる回答をするの。


学生を卒業して10年以上経つわたしが読んでも胸に留めておきたくなる回答があった。


Q.「友達に素の自分を見せるにはどうすればいい?」
A.「上っ面じゃなく、俺の人間性を見て、それでも好きって人さえ近くに居てくれたらいい」(2018年7月号)


Q.「苦手な人に冷たく接してしまいます…どうすればいい?」
A.「少なからずみんなそうだし、無理に直す必要はないと思うよ。俺は自分を偽ってまで人に好かれようとは思わない。ありのままの俺を好きになってくれる人さえ、まわりに残ってくれればいいと思ってるよ」(2019年1月号)



対人関係の悩みに対して、こんな感じの回答をしていた。

これはね、ファンとしても受け止めたよ。飾らない姿を見せるから、中身も見て大好きって人についてきてもらいたいって言われてるように感じた。

手越くんにとって自分とファンの関係って、少しも商業的な部分を含んでいなくて、人と人の繋がりが全てのように感じるんだよね。心から愛し愛される関係。だから、手越くんはファンが集うNEWSのライブ会場を「200%味方の空間」ってはっきり言えるのかなぁと思った。
実際に手越担さんにはそんな人が多いように思う。普段、はぁぁぁぁぁん…可愛い♡天使♡バブちゃん♡とか言ってても(笑)、いちばん好きなのは手越くんの内面のカッコよさや誠実さ、真面目さだったりするもんw

手越くんのファンでいる以上この言葉は、頭の中のすぐに取り出せる引き出しにしまっておきたいなぁと思う。




Winkup連載「Colorful, Colorless」

色をキーワードにしたPhoto&Interviewが特徴のWinkup連載。2018年12月発売の2019年1月号までで、計8回掲載されました。


これもまとめたよ。


どどどん!

f:id:kkk12tgs11:20181229063612j:plain



お写真は、
Colorlessがテーマの月はカッコいい手越くん
Colorfullがテーマの月は可愛いor美しい手越くん
に会えるイメージ💕

途中Specialを挟んだものの、Colorless→Colorfull→Colorless…と毎月交互にきているので新年明けてすぐの2019年2月号は美しい手越くんに会えるかも!( *´艸`)ウフフ💕


テキストは、テーマに沿った色んな角度からの質問に応える感じ。通常のインタビューではテーマになりにくいことがテーマになったりもするので(赤とか、ノラネコとかw)、Winkupでしか聞けない話もあるなぁと思う。



個人的に心に残った言葉(ニュアンス)がふたつ。


Q.「リアルなはなし」
A.「30歳はもっとセルフプロデュースして、意思をもって違うことをしたい。」(2018年5月号)


日頃から自身を俯瞰で見て、5年先、10年先、タレントとして男として、こうなっていたいという明確な目標を持っている手越くん。
どんな未来を思って発した言葉なのかは、イチファンのわたしには分からないし想像でしかないけれど、これ読んだ4月のわたしは、とても楽しみな未来が待っている予感がしたよ。

5月号の記事なので取材はおそらく2018年3月某日。

US研修で刺激を受けた直後であり、15周年の色んな事を経験する前ではあるけれど、きっと目指す先はいまも大きく変わってなくて、そこに向かうために必要な努力や覚悟、身近な目標を経験と共に増やして、意思をもって変化を見せている時かなぁと、8ヶ月後の今のわたしは思う。つまり未来が楽しみに変わりない!


ちょうどこのインタビューを受けた頃から最近にかけての、徐々に落ち着きつつある髪色や、ステージメイクのナチュラル化*1、増えた歌い方…その変化全てが未来を期待してて!と言われているようで嬉しいの。



ふたつめは、


Q.「最近の止まらない話」
「ゼロ一獲千金ゲームでのお芝居が楽しくて、勉強も兼ねて邦画を観てる。」(2019年1月号)

もともと演技に苦手意識があった手越くん。
クリスマス☆ゼロでも「大変だった分、やりがいがあってめちゃくちゃ楽しかった!!」と言っていたけれど、小太郎ちゃんをきっかけに俳優業にも意欲が湧いているみたいで嬉しい…!

城山小太郎というキャラクターは、手越くんじゃないと!と言える役だったとわたしは思う。声の色彩と抑揚、動きの華麗さ、表情の豊かさ、そして、美しさ。その全てにこれまで培った歌やダンス、バラエティーのスキル、そして、美意識の高さが存分に発揮されていたから。


たぶん反響もすごかったんだろうなぁ。
嬉しい反応もいっぱい耳に入ったんだろうなぁ。
そういう外からの反応も含めやりがいがあったんだろうなぁ。
近い未来、手越くん出演ドラマでNEWS主題歌とか夢見ちゃうなぁ。


そう思わせてくれるテキストでした。




duet連載「TEGO VOICE」

好きなお写真が多い印象のduet連載。こちらも2018年12月発売の2019年1月号までで、計8回掲載されました。


もう言わずもがなでしょ。

どどどどん!

f:id:kkk12tgs11:20181229063635j:plain



お写真は、サッカーしてたり、えまたんと遊んでたり、ゲームしてたりと、飾らない姿が紙いっぱいに広がってるものが多い気がする。カメラマンさんが毎回同じ方なので好みなのかな?握手しよ?(笑)
とはいえ、2018年12月号はKAGUYAみがあってカッコ良かった!


テキストは、テーマに沿って細かくたくさんの質問に応える感じ。表見ても分かる通り、他誌よりインタビュー数が多く、ひとつのインタビューの回答が簡潔かなぁ。連載名「TEGO VOICE」のとおり、手越くんの声を少しでも多く届けようとして下さってるイメージです。

7月号の理想の出会いと理想の結婚に対する答えが、NEWSに恋して本編ストーリーのまんますぎて笑っちゃった覚えあるなぁ(笑)
雑誌読んでると、そういうリンクも見つけられて楽しいから、ついつい買っちゃうんだよね。


ここでも個人的に心に残った言葉(ニュアンス)をひとつ。


Q.「オレ、イケてるな、と思うとき」
「いちばんイケてるのはステージ上の自分。それくらいの自信と覚悟がないと、5万人の前に立つ資格はないと思ってる。」(2018年12月号)


そうじゃないと、大事な時間を使って会いに来てくれる人に失礼って言うんだよね、いつも。EPCOTIA ENCOREについて語ってる雑誌でも「年末年始の家族で過ごす時間をNEWSに使ってくれるんだから最高のパフォーマンスを見せる」って何度も言ってる。

お金が大切なのは大前提として、手越くんにとって「時間」はお金にも替えがたい大切なものなんだね。"Time is money" だもんね。
叶えたい夢がたくさんあって、そのためにはたくさんの時間が必要だし、家族や友達と過ごす時間も大切にしている。手越くんには時間がいくらあっても足りなそうだよね。

12月号のこの記事では、「自信がつくまでリハーサルすべき」とも言っていて。
EPCOTIAツアー直前の5月号では、「リハーサルの後に必ず残って自主練している」と言っていたし、ちょうどEPCOTIAツアー中の6月号では、「友達としゃべっちゃうから喉のためにあまり外出しないようにしてる」とも言っていた。

あれだけ「時間が大切」と言っている手越くんが、どの公演でも最高のステージを届けるためにたくさんの時間を使って準備してくれているのは、本当に "愛" だなぁと思う。もちろん、そうすることでスキルの底上げになったりもするだろうけど、なによりファンのためにと言ってくれるんだよね。たとえコンサートに行けなくても円盤で、ファンサをもらえなくても歌やパフォーマンスで、その愛が伝わってくるんだよ。本当に大きな愛じゃない?

こんなに愛されて…本当に幸せだよぉぉぉ
.˚‧º·(´ฅ﹏ฅ`)‧º·˚ .


この年末、海外ロケにサッカーに音楽番組にと、昼夜問わず大忙しだったけど、EPCOTIA ENCOREは仕上げてくるんだろうなぁ。あぁー楽しみだぁ。




POTATO連載「Daily life in Tokyo」

手越祐也の"日常"に迫る新連載としてスタートしたPOTATO連載。NEWS連載終了が急遽決まったのか(Lettersも最後バタバタっと終わった)、ソロ初回の2018年5月号は、連載名がついてなかった!ってことで、2018年12月発売の2019年1月号までで、7回掲載されました(ソロ初回も入れれば他誌同じく8回)



f:id:kkk12tgs11:20181230094944j:plain


お写真は、テーマにがっつり沿ったものばかり。先日のMステスーパーライブで映ったテゴエマちゃんのお散歩写真は、2018年8月号のオフショットだし、一曲NEW魂でスタッフの突撃にあってた現場は、2019年1月号の撮影現場だったよ。

f:id:kkk12tgs11:20181230095030j:plain
Mステスーパーライブより


f:id:kkk12tgs11:20181230095101j:plain
一曲NEW魂より


テキストは、以前のインタビューをヒントにテーマを拾ってる感じ。「自転車に乗ってる」と言えば、その後Cyclingがテーマになったり、「お芝居は緊張する」と言えば、その後Actionがテーマになったり(笑)
テーマに沿って、過去現在未来の話をたっぷり載せてくれるので、なかなか読みごたえがあるなぁと思って読んでるよ。



特にライブに関するテキストが好きだったなぁ。


Q.「演者として、ライブで表現したいことは?」
「ファンが喜ぶことを前提に、本物に評価されるパフォーマンスをすること。」(2018年7月号)

Q.「EPCOTIAツアーはどんなライブ?」
「今年はがっつり踊って追い込もうぜって話をした。毎回100%フルスロットルで踊ってるし、歌も全部マックスで歌ってる。超キツイけどそのくらい本気でぶつからないと!」(2018年7月号)


EPCOTIAツアーでがっつり踊りたい!って言った背景は、前回NEVERLANDツアーではあまり踊ってない印象だったからだと言っていたけど、それだけじゃないと思うの。もちろんそれもあるだろうけど、1番は将来NEWSで海外公演するためじゃないかなぁと思いながら読んでたよ。


以前も書いたけど、EPCOTIAツアー後のRING334で「もっとアジアや海外で戦いたい。海外はパフォーマンスが評価の全て。歌やダンスが上手くないアーティストはほぼいない。」と言ってて、今年NEWSで海外公演を目標にしていた手越くんにとって、EPCOTIAツアーでの挑戦は、今のNEWSに必要なことだと思ったんじゃないかなぁ。
このRINGのとき、最後の2行にだけ目を向けて手越くんジャニーズ辞めるんじゃ…とか変な憶測が飛び交ったのには超モヤモヤしたけど(笑)、手越くんはブレてない。他の雑誌でも今年ずっと"NEWSで"海外公演って言ってた。海外公演をただやるだけじゃなくて大成功させるために、それが実現する時まで出来る限りのスキルアップをして、準備万端で挑みたいんだろうなぁと思うよ。

ともすると、次のWから始まるツアーもダンスがっつりかな!今から超楽しみだw



Q.「"本番"へ挑むこと」
「ツアーで1日だけダメな日があっても、その1日を楽しみに待っててくれた人には貴重な時間。だから俺は本番が全て。ひとつひとつが勝負だと思ってるよ。」(2018年12月号)

あぁ、好きだなぁと思ったテキスト。
みんなが多ステ全ステできるわけじゃないからね。
その1日のために学校や仕事、家庭の都合をつけて、その1日のために日頃の勉強や仕事、家事を頑張って、その1日のためにオシャレして、たった1日にかけてる人も多い。すごくいやらしい話をするならば、オーラスと初日でチケット代は同じだからね。そういう意味ではクオリティも同じであって欲しいと思われてもおかしくないと思う。そこは、生で観れるだけいいと思え、が正じゃないとわたしは思うし、アーティストの熱烈なファンでもある手越くんも、そういうシビアなファンの気持ちを分かってて言っていると思う。ファンを隅々まで大切にしてくれる手越くんの大好きなところが出ていたテキストだったなぁ。



レタスクラブ連載「オトナのNEWS」

最後はレタスクラブ。6年続いてるNEWSの連載です。今年ソロで出た回だけを抽出するね。


f:id:kkk12tgs11:20181230152722j:plain


お写真は、飛び抜けてイケてるときがある…!いま発売中の2019年1月号は、モノクロかつオトナの男らしさが漂っていて、めちゃくちゃカッコいい!!!
購入された方、目次もお忘れなく…!超イケてる手越くんが目次にもいるから…!


テキストは、アイドル誌のときよりも少しリアルな心の内を語ってることが多いです。
例えば、ドリフェスの話。同じ話でも、ポポロ12月号では「自然と気合いが入るような刺激が欲しい~!」だったのに対し、レタスクラブでは、


「もっと打ちのめされたい。それが刺激になるはず。」(2019年1月号)


と、少し心に踏み込んだ言葉で綴られていた。


「打ちのめされたい」って、自分のことを信じていないと言えない言葉だとわたしは思ったよ。打ちのめされることで自信をなくして、自分はここまでだなぁと思う人もいるわけでしょ。でも手越くんは、打ちのめされることが自分への着火材になると分かって言っている。もっと上を目指すための燃料にしたいって言ってるんだよね。本当にカッコいい男だわ…この先もずっと見続けたい!手越くんならやってくれる!って思わせてくれるのが本当にカッコいいよ。中も外もイケメンってやつですわー。


このレタスクラブ未購入の手越担さんは、急いで本屋さん駆け込んだほうがいいかも。写真もテキストもちょーイケメンだから✨




おまけ


最後に2018/03/26発刊の毎日小学生新聞の記事を紹介して終わるね。

mainichi.jp

mainichi.jp



読者が小学生なので、普段のインタビューよりもハッキリと仕事に対する信念を語っていたよ。



f:id:kkk12tgs11:20181111152820j:plain
「笑顔は仲間を増やす」

イッテQでふれ合った異国の方の表情や、NEWSICALドキュメンタリーを見ても分かる通り、手越くんの周りには笑顔が溢れている。それは、手越くんが何事も楽しそうに取り組むから。自分だけじゃなく周囲にも楽しい!が伝染するの。わたしたちファンが観れる、ほんの一部の映像を見るだけでもそれが分かるって凄いことだよね。



「何事も自分のものさしで測る」

ここ!すごく好きだった!

他の人が何と言おうが、自分の目や耳で確かめたものを信じる。それってなかなか難しい。声の大きい意見や、影響力のある意見、多数の意見が正と思えてしまうことがあるから。そこから外れるとひとりぼっちな感覚に襲われることもあって、なかなか徹底出来なかったりする。これってうちにいる保育園児にもある感覚。


でも手越くんは、自分の感覚を大切にすることで、自分の人生を大切にする。


好きなものは好き。
興味がないものは興味がない。
だけど人の好きは否定しない。
人生に好きを溢れさせて自ら潤す。


感じたままに赴く心が至極分かりやすいね。だから、手越くんが読者に向ける言葉はいつもストレートで裏がなく、そのまま胸に飛び込んでくる気がする。



「やらずの後悔」

以前好きだったアーティストの曲に似た言葉があってね、そのアーティストはやらずの後悔のことを「ためらいの後悔」、その逆を「充実の後悔」と歌っていた。


「やらずの後悔をしない=やってみる」は、結果がどうであっても充実してるんだって。たとえ後悔したとしても、やらなきゃ分からないことがある。思いがけない収穫があるかもしれない。失敗しても失敗からしか得られないものがある。

手越くんが言う「失敗が好き」も、このやらずの後悔に繋がってるんだよね。





手越くんが発する言葉は、例え自分には出来ないなぁと思うことでも、ハッとさせられる部分があるから本当に読むのが楽しみです。

手越くんの、近い未来、少し遠い未来をしっかり思い描いているところ。ビックマウスと言われようが強く出て自分を追い込みやりきるところ。結果、有言実行するところ。後悔しない人生を歩もうとしてるところ。



本当に大好き!!!!



2019年もそんな手越くんが歩む道を見守り、伝えたい歌、与えたい笑顔をわたしのペースで受け取り、応援していきたいと思います。




明日はいよいよ4人での初単独カウコンですね!!
最高の年越しになることを願って!!
テレビの前で応援しています✨





じゃーーねーーっ👋



ライブが終わったら次はEPCOTIA円盤が待ってる!!











.

*1:ナチュラル化については記事にも書いた! kkk12tgs11.hatenablog.com盤になり得る味スタ2日目や、Songs of Tokyo、ドリフェスナチュラルだったもんね。

手越先輩とヒミツの社内恋愛始めました。

.




NEWSに恋してハロウィンキャンペーン中に配信されたストーリーイベント「ヒミツの社内恋愛」の手越先輩がしんどい。あぁしんどい。もうしんどい。やたらしんどい…だった(*´Δ`*)💕



そもそも社内恋愛設定がしんどい。



何を隠そうわたしは社内恋愛の社内結婚…!
(突然の告白)


無事(?)キラキラな記憶で上書きされました。
ごちそうさまでした(*-ω人)♡




王道もありつつ、

二人で買い出し…あるある!
二人きりで残業…あるある!
残業後二人でごはん…あるある!
テーブルの下で手繋ぎ…見たことあるある!

まぁ~~ちょいちょいリアルだこと!



社内にそんな神席ないわ…とか、
なんて贅沢なひょっこりはん*1…とか、
36協定や働き方改革という言葉が過る…とか、
指導の範囲越えてますがな…とか、
エレベーターはあかんやろ…とか、
それなら給湯室でもよろしく…とか、
鈴木さんの次は伊藤さん…とか、

気にしだしたらキリがないけど、そーゆーの抜きにして楽しめたのでわたし的に最っっ高でした。



中でもドンピシャ好きだったのは
手越先輩とのプレミア♥️


やばーい♡手越先輩やばーーーい♡




今月後半*2のジュエルイベントは
「ヒミツの社内恋愛 その後
らしいので、気持ちが新鮮な内に手越先輩とのヒミツの恋の思ひ出を書き留めておこう。



あらすじ

転職活動を経てNEWS製菓へ再就職した主人公が、配属先の商品企画部で、手越先輩の仕事と飲み会でのオン/オフのギャップに驚き、優しさに惹かれ、ヒミツの恋を始めるまでの物語。



居眠り寸前は恋寸前

お昼ごはん食べた後って本当に眠い。
デスクワークだと尚更眠い。
夜更かししなくても眠いの。

もうこれは制御不可能な生理現象だと思う。


なのに!!

この生理現象から
ロマンスが始まるなんて!!


瞼の自動シャッターが降りて首カックンしたと思ったら眠気と一緒に弾けたロマンス。正直首カックンを見られるのはホントに恥ずかしい。ましてやイケメンに見られるなんて消えたくなるくらい恥ずかしい。それなのに見て見ぬふりする優しさより、バッチリ目を合わせて気遣う優しさが、手越先輩らしくて、まずキュンとしました。



まさかこの首カックンからロマンスが始まるなんてね!
カックンしてみるもんですね!!



首カックン見られて
目がバッチリ合って
ニッコリ微笑み向けられて
口パクで


f:id:kkk12tgs11:20170914002258j:plain
「ねむい?」




こんな胸きゅんフルコンボされたら午後は仕事手につかんわ~♡
※人を選ぶ行為ですので参考にはしませぬよう(。-人-。)




自動販売機ロマンス

目を覚まそうと休憩ルームへコーヒーを買いに…
これもよくあるある!
午後イチはカフェイン欲しくなるよねー。


でもいざコーヒーを買おうとしたら…財布がない…!
ここで手越先輩登場✨


f:id:kkk12tgs11:20181011011343j:plain
「どれにする?」


ってコーヒー奢ってくれた上に一緒にソファで休憩しようだって!俺のココ(隣)空いてますってさ!!はーーい喜んで♡



なんで財布持って来てるの~~💕
勤務中ならきっと財布は鞄の中でしょ~~💕
様子見に来るだけならいらないじゃ~~ん💕
明らかに追いかけて来たんじゃ~~ん💕


一緒に座って休憩しよ♡とか手越先輩に言われたい人生だったわ。。。スマホ上で言われるだけでもお腹いっぱいになった。。


もっかいセルフおかわりしよ。



f:id:kkk12tgs11:20181011013808j:plain
「一緒に座ろ。話したほうが眠気飛ぶよ♡」


はぁぁぁぁぁああぁぁい♡
※人を選ぶ行為ですので参考にはしませぬよう(。-人-。)





ここで手越先輩の女性への優しさと真摯な気持ちが表れた素敵な販促イベントエピがあるんだけど、ちょっと割愛するね。えへへ。




買い出しランデヴー

退社する女性社員へのプレゼントを二人で選びに行くことに。


買い出しという名のデートですやん。


気付けばなんとなく手にとってたお気に入りのワンピースとかゆーてるけど、ここで必殺アイテム繰り出すあたり、この子完全にデート意識してますやん!(当たり前か…)




それに分かりやすくときめいてる手越先輩可愛いっす。




f:id:kkk12tgs11:20181011015833j:plain
「いつもより可愛くてビックリした♡」


ストレートに言葉にする手越先輩が手越くんで激カワだったっす。



待ち合わせしてすぐにそんな表情向けられたら
高鳴る想いはランデヴーやわ( ´Д`)♡



雑貨屋さんでプレゼント選ぶ時もさー!
女の子といえばぬいぐるみ!と言わんばかりにすぐ手に取るとことか、ぬいぐるみは好みが分かれると言われて鉄板のアクセサリーに目を向けるとことか、実はこの時の主人公の反応をしっかり覚えてるとことか、可愛かったね♡



でも1番は、全部却下されて拗ねるとこでした。




f:id:kkk12tgs11:20181011104249j:plain
「だーめ、許さない。」



はわーーーーん(* ´Д`*)♡


祐くんのちょっと冷たい視線やばーーーい♡




そして次のデートの約束もとりつけて迎えた週明け。
小山さんの詮索がまあ~~~女子(笑)


追及されてまんざらでもない手越先輩の



f:id:kkk12tgs11:20170912034045j:plain
「ね!」



で目が合うの良かった♡
あんな神席でわたしも仕事したかった~!
何度も目が合って恥ずかしさで下を向く可愛い系女子になりたかった~~!!


いつでも覗き見できる斜め前って
正面より隣より無敵ですね。
※これまた人を選ぶ行為ですので参考にはしませぬよう(*-ω人)



遠いコンビニと近づく心

あまりに茶化されるもんだから皆の前で手越先輩とのことを全否定してしまい罪悪感のある主人公ちゃん。そしてそれを明らかに気にしてる手越先輩。チラチラ視線を向けるほどの気にしよう。


ってあまーーーーい。
なんだかんだ二人の世界やないか…

増田先輩そりゃいたたまれないわ。。
夜食買いに行きたくもなるわ。。




ここからが分かれ道。




増田先輩が遠いコンビニに行ってる間にコトを済ませる(言い方w)プレミアENDが好きでした!!!*3



手越先輩曰く、
「ね!」のあとまた目が合ったのにそらしたのが可愛かったんだって!
照れて下向いたのがちょー可愛かったんだってさ!

それで1日ニヤニヤしてたとか…
アナタが可愛いですぅぅぅ。



f:id:kkk12tgs11:20180515083151j:plain
「何かあるなら…これからかな。」
(突然の雨は演出によるものです。)



言われてみたぁぁぁい♡
※ただし手越くんに限る



日数かぞえたら入社して1ヶ月経つか経たないかなんだよ、平日ディナーの約束を休日デートの約束に変えるなんて…やるな……この子の人生ジェットコースターやん…うらやまし……転職を夢見てしまう(笑)



テーブル下の秘め事


ここ!!ここここ!!!

ここがこのルートの最大の胸ギュン!!!ポイントでした。




飲み会の席でまた小山さんに追及された二人。




f:id:kkk12tgs11:20181011124124j:plain
「ぜーんぜん。何もないよ。」











f:id:kkk12tgs11:20181011120806j:plain
※男女逆なのは目を瞑ってください。



…………え。


No~~~~~~~~~~~~~~~!!!







f:id:kkk12tgs11:20181011120734j:plain







言葉と行動が真逆なのは反則でつ(T_T)💕
こんなん好きにならないわけないっす。
※これももちろん人を選びます




実はリアルにこーゆー場面を見たことがある。
入社2年目くらいのときに仲良しの同期数名で飲み行った時にその中の二人が真正面で手繋いでたのが席を立った瞬間に見えたのだ!!!表情フツーなのに!!!!(((;´Д`)ハァハァ



自分がされる側じゃなくても興奮しました←



だからきっと小山さんには見えてたよ←
で、興奮してたと思うよ←





飲み会中なのに二人で外に出て、リサーチ済のプレゼントと告白とキッスをくれる手越先輩好きです。夢が詰まってました♡




エピローグ

まだの方は10月16日 19:59までにGETだーー!
祐くんとのヒミツのネクタイプレイが楽しめます。


f:id:kkk12tgs11:20181011092722j:plain






以上!



この続きは2018年10月22日から始まるジュエルイベントで堪能しましょ♡




GREEさんいつもありがとうございます♡




P.S.
ちなみにシゲちゃんとの残業ラブのノーマルENDが2番目に好きでした。



.

*1:パーティションからシゲちゃん迂闊にひょっこりしすぎじゃないですか…!!シゲ担さん何度も想像したでしょ!!w💕

*2:2018年10月22日~

*3:ノーマルENDの方が好きな場合が多いんだけど、今回の社内恋愛イベントは断然プレミアだった。

「生きろ」に感じること

.






ドラマ『ゼロ一獲千金ゲーム』
の主題歌として流れている
NEWSの24thシングル「「生きろ」」


発売おめでとうございます!!!


\(^o^)/イエーーーイ✨



本当はMステ前に記事仕上げたかったけど間に合わずフラゲ日になっちゃったーーっ\(^o^)/

発売日に間に合ったし、ま、いっか\(^o^)/


てことで、わたしが「生きろ」について感じたこと考えたことを綴りたいと思います!!!



曲の想いとカギカッコ

「生きろ」は公式HPの紹介文*1にもある通り、応援歌に位置付けられる楽曲なんだけど、たくさんあるNEWSの応援歌の中でも少し異色だなぁと思う歌詞があって。


1番Aメロのこの一節。

怯えて立ちすくむ 逃げ出しそうな時には
この歌をその夢を 信じてみよう


あの歌でも、その歌でもなくこの歌。

こんな時に聴いて欲しい楽曲だよ、というのを1番Aメロで真っ先に提示してくれてるのかなぁと。

わたしの中で応援歌ってどんなシチュエーションで聴いても背中を押せる歌詞をあてるイメージがあって。もちろん「生きろ」もそういう部分はあると思うんだけど、この1番Aメロだけは明らかに聴き手の心を意識しているように思う。この楽曲で1番背中を押したい人を明示しているように感じるの。

テーマの重さに加え、伝えたい相手が定まることでよりメッセージの輪郭がはっきりするので、楽曲の想いと歌い手の想いをより重ねて歌わないといけない楽曲なのかもしれない。逆に言うと、そこにギャップがあると軽く聴こえてしまうかも。これが背負って歌う覚悟が必要ってことなのかなと思った*2




そして見ての通りタイトルは、
カギカッコ付の「生きろ」


でもね、サビにたくさん出てくる "生きろ" という歌詞のほとんどはカギカッコ付じゃないんだよ。


生きろ!


という叫びなの。

この叫びから始まるサビ。タイトルのフレーズをサビ頭に持ってくる前のめりな感じが凄く好き。頭からフルパワーで伝えなきゃいけないからまさに「渾身の応援歌」なんだね。"この歌を信じてみよう" と冒頭で歌うこの楽曲の、1番伝えたいメッセージなのかな。


実際、サビを歌ってるNEWSは身体を大きく使って身振り手振り顔を歪ませ全身全霊で歌う。
楽曲披露してるNEWSの姿、どれだけの方の目に耳に届いてるだろう。ぜひ観て欲しい。サビで横並びになって全員前のめりに歌うその姿を観て欲しい。カメラさんも引きの絵から一気に迫るように撮りたくなるくらいの気迫なんだから!w



そして唯一カギカッコ付なのは大サビ。

「生きろ」
何万回言ったって 何万回聞いたって
負けそうにまたなるけど

いいさ
懸命に誓った 仲間の絆を
道しるべに


カギカッコには使う上でいくつか意味があるみたいだけど「生きろ」に関しては、わたしはやはり強調だと思う。


このパートを担当してる手越くんの最初の「「生きろ」」に乗せる想いが桁違いなの!味スタ2日目の大サビはその想いを全身で受けて直立不動になったんだから~~(((T_T)))

聴こえる言葉だけなら1番2番のサビと同じフレーズなんだよ。つまり、聴き手は大サビまでに2回同じフレーズ聴くことになる。それも踏まえた上で歌っているであろう「「生きろ」」のその歌声に、心鷲掴みされるんだよね。




ちなみに…「ゼロ一獲千金ゲーム」の主題歌として制作された楽曲である今作。ドラマのセリフとしても出てくる「生きろ」がタイトルになっているのはもちろん、零と標、ドラマの主要キャラの名前が歌詞に登場するのも粋だね!

ドラマをきっかけにNEWSが気になった方には、タイアップやテーマに色濃く染まるNEWSのカメレオンなところにも注目して頂けたら嬉しいなぁ。


歌割の魅力

最近のNEWSの楽曲はユニゾンが少ない。そしてここ数年でNEWSの歌の核である手越くんがハモリやフェイクに回ることが多くなった。


つまり、


今のNEWSの歌割はとても面白い!!
メンバーの歌が素敵になっていくのがリリースの度に目に見えて分かるので、それに合わせて歌割が進化してきてるのがよく分かる!応援していて本当に楽しいなぁと思うところのひとつ。


「生きろ」の場合、こんな歌割。


f:id:kkk12tgs11:20180911062240j:plain


1番はソロで歌い繋いでサビで渾身のユニゾン
2番はメンバー全員に手越くんがハモり、ペアで展開して、またもやサビで渾身のユニゾン


これがまた歌詞に合ってる。1番は自分自身のこと、2番は人と人の繋がりを感じる歌詞だから、1番ソロ、2番ペアがとても映える。


中でもわたしが気になるのが2番Bメロ。ここのテゴシゲパートだけなんで下ハモなんだろう。


以前、NEWSICAL*3のドキュメンタリーで「普段ハモリのラインはどうやって決めてるんですか?」「自分が1番気持ちいいと思うところに置いてる」(ニュアンス) という手越くんとスタッフさんのやりとりがあった。

感覚といいつつ、
そこには理由があると思うんだよね。

2番Bメロの最低音と最高音の差を大きくすることで2番サビの迫力を増幅させているのかな。「泣けるほど愛しい」がホントに愛しいの。そしてそこからの小山さんの「終わりなき青春」の"ん"が哀極まりないんだよぉぉぉ。だからかな、2番はドラマチックに感じる。凄く好きなんだよね2番。

このあたり雑誌やラジオで話してくれたら嬉しいなー。



落ちサビから大サビにかけての歌のリレーも大好き。音域、歌詞も含め走者順が完璧だと思う。

キレイな低音かつ滑舌が必要*4な第一走者に小山さん、低音からの力強い叫びで繋ぐ第二走者にシゲちゃん、ド頭から高音かつ力強く発声しなきゃな第三走者に手越くん、その勢いを保ったまま歌終わりまで完走することになる第四走者にまっす。
前走者からのバトンを落とさずにゴールしたときの感動ったらない!
シングル発売までに計4回*5も生放送で生歌を聴く機会があったけど、毎回チーム力が上がってて素敵なところ♡


CD音源と生歌

お察しの通りわたしは生歌が好きだ。

夏の大型音楽特番と15th Anniversary Liveで生歌をすでに5回聴いているので正直耳が肥えている。


これ、わたし的にNEWSあるあるで*6


NEWSの歌って"生"が別格にいいの。特に「生きろ」のようなメッセージ性の強い楽曲だとなおさら。

魂が入ると言うのかな。
その日の気持ち、重ねた想いが声に乗る。
歌を頑張る、歌を大切にする。
それがマイクを通した歌声から感じられて虜になる。


歌ってるのは同じ人なのにね。
NEWSは歌えば歌うほど楽曲が輝いていくの。


だからといってCD音源が良くないわけじゃないんだよ。「生きろ」のCD音源の爽やかさや疾走感は「ゼロ一獲千金ゲーム」のエンディングとしてマッチしてて好き。でも「生きろ」に関しては生歌が断然好きなのよ~~!!
(いや、おまえBLUEでも同じこと言ってただろw というツッコミ待ってます 笑)


ちなみに、

9/15(土) 25:03~ TBS系「CDTV
9/16(日) 24:30~ フジテレビ系「Love Music」

のゲスト出演が決定してます。
「生きろ」を生歌で披露するので要チェック!



f:id:kkk12tgs11:20180911062330j:plain









.

*1:ニューシングル「生きろ」情報更新!!|NEWS|Johnny's Entertainment

*2:雑誌インタビューで楽曲を渡されたときに「この歌詞を背負う覚悟があるか」とプロデューサーさんに聞かれたという話がある。

*3:2017/12/6のFNS歌謡祭でNEWSが披露した6分間のミニミュージカル。NEWS×MUSICALの造語で、このときの楽曲が22thシングル「LPS」に収録されている。映像化はされていない。なお、ドキュメンタリーは同年のクリスマス深夜に放送された。

*4:ここ音程とるの難しい上に字余りだから発音もちょムズ(古)よね

*5:THE MUSIC DAY音楽の日、FNSうたの夏まつり、Music Station

*6:きっと多くのNEWSファンにとってもあるあるだと思うけどw

手越祐也のノーチャラ生活 in フィリピン

.




来ました来ました~~!!!


生きることの本質を問う企画

別名、
手越祐也の愛すべき本質が見えちゃう企画

手越祐也のノーチャラ生活」



第二弾待ってました!!!!
5月末にファイナルを迎えたEPCOTIAツアーのあとすぐにロケに行ったというこの企画の放送!約3ヶ月楽しみに待ってた!!!



よし!今回もまた、


手越祐也 - チャラい = 手越祐也


の方程式を使いつつチャラくないとこに注目しておさらいしてみっか~~!

ちなみに前回はこちら。
kkk12tgs11.hatenablog.com





さあさあ!はじめるぞ~~!!

f:id:kkk12tgs11:20180910061118j:plain



手越くんは大の虫嫌い。
前回のノーチャラ生活で蜂の子も蟻も蜘蛛も嫌な顔せず食べてたけど本当は虫が大の苦手。

それを十分知ってるスタッフさんの「こうやって指に乗せれば行き場ないから大丈夫だよ」という言葉で納得して指に乗せる潔さよ。


f:id:kkk12tgs11:20180910061158j:plain


そりゃ表情も歪むし変な声も出るわー。
だって超苦手なんだもん。


でもね、次の瞬間…




f:id:kkk12tgs11:20180910061239j:plain


はい、この笑顔✨✨
嫌な顔してる絵でも十分面白くできるはずなのに、ここで笑顔が飛び出すのが手越祐也なのよ~~✨

前回のタランチュラのときもそうだった。

僕が頑張ってる姿を観て笑顔になって欲しい(ニュアンス)って言ってたその想いを感じるんだよね。笑顔はやっぱ笑顔を呼ぶからさ。



伝統舞踊

村に迎えてもらったときに披露してくれた村の伝統舞踊。ここよーーーく観て観て!!


f:id:kkk12tgs11:20180910061627j:plain


手越くんがイエイイエイ~~!!!って、なんなら1番高いテンションで参加したら、最初6人だった踊り子(?w)が……


f:id:kkk12tgs11:20180910061713j:plain


増えた!!!!!



客人として迎えた男がこんなに可愛いだけでもビックリなのに、躊躇いもなく飛び入りで一緒に踊ってくれるんだもん。
わたしが村人ならすーーごく嬉しい。
見てるだけで参加せず「ありがとうございます(拍手👏)」でも十分なはずなのよ。歓迎される側だから。でも手越くんは一緒に楽しもうとするの。心の距離縮まるよね。だから人が集まってくる。

そりゃクラブ並のテンションになりますわ💕



発想が可愛い

3文字英語と言えばTGS(てごし)。

f:id:kkk12tgs11:20180910061823j:plain


森と言えばドラクエ

f:id:kkk12tgs11:20180910061858j:plain


芋と言えばジャガイモかサツマイモ。

f:id:kkk12tgs11:20180910061927j:plain



発想が自身の経験や関心と直結していて
単純に可愛くないですか?w


DIYを知らない???随分前から流行ってるぞ嘘だろ~~とファンじゃない方はお思いかもしれませんが本気で知らないと思う←
手越くんはどんなに流行っている芸人さんのネタでも知らないことが多い*1。と言うより、流行りとか人気とかじゃないんだな。乗り遅れるとかでもない。

DIY知らなくても困らないもんね。それに流行りや芋に疎いと思いきや、季節ものの行事とかそのときに食べるものとかを知っていたり、今もその習慣を大切にしていたりする。ご両親に大切に育てられたのがすごく伝わるの。

流行りに疎い、ドラクエ大好き、芋は芋。
どこがチャラいねーーんと思わずツッコミたくなる可愛い発想だったわww


てか、1つだけいい?w
何で手越くんだけ女性がしてる花飾り頭につけてるの💕
現地の方が用意してくれたのかな?
だとするとヤバーーイ。
たった数時間で伝わってる可愛さ✨



家作り

手越くんって現地の方の説明にポジティブに返すんだよね。


f:id:kkk12tgs11:20180910062111j:plain


普通はほぼ裸で森に入るなんて嫌じゃん。虫嫌いなら特に。でも現地の方からするとそれが当たり前で。しかも説明してくれたおじいちゃんはハンター集団のひとりよ?その日の食料確保しかしない方々にとって大切な"食"を担うハンター集団に欠員が出るの。
そんな相手の価値観を尊重する気持ちが見えて好きが増す~~!どんな状況も楽しもうとしてるとこも含め本当に好き!!軽く流されがちだけど手越くんの本質が見えるひとコマ。


あとここね。
お手伝いの最中にもチラチラ見える素直さがある。


f:id:kkk12tgs11:20180910062417j:plain
「OKじゃないね、ごめんね」



そして出来上がった家に付けた名前が


f:id:kkk12tgs11:20180910062451j:plain

「テゴニャンハウス♡」
ちゃんとNEWSでの手越くんのマークであるハート付き(笑)



食料調達

1時間かけて歩き到着した村で、家を作ったあと、昼から夜遅くまで漁してたのに、ずっと笑顔の手越くん。
美味しそうに食べてたね。

f:id:kkk12tgs11:20180910062644j:plain



今回は日本でも馴染みのある"魚"だったけど食べ方は現地流!「汁もうまいぞ」と奨められてすぐ飲み感想を言う。

簡単そうに見えるけど、ぶつ切りした魚を全て入れてごった煮したスープを果たしてこんなに自然と口に出来るかなぁと思ったり。絶対に嫌な顔しないからスルーされがちなシーンだったなぁ。



畑仕事

ここは特に編集愛をビシビシ感じた!!
だってサッカーの映像使ってくれたんだもん。


f:id:kkk12tgs11:20180910062743j:plain


小窓で「サッカー!」て言ってた手越くんの声が嬉しそうだった♡ スタジオの反応に注目して欲しいときにしか出ない4つの小窓にも愛を感じたぞ💕



ミズオオトカゲ

過去何度かテロップになったことのあるあの言葉がこの度昇格しました✨


f:id:kkk12tgs11:20180910062816j:plain


「無理」と言いつつも「行け!逃げられるぞ!しっぽを掴め!」と言われたらとりあえず行動する手越くん。手を震わせながらも捕まえて、さあ捕まえた!で????助けて???って時に出る一言。


だってホントはうさぎも触れないもんね。
苦手も振り払って後先考えずだからこそ出る言葉だ✨




にしても困った顔かっっっわいいな…!💕
滅多に見せない表情よね? このお顔が日本の20%近い家のリビング流れたのか…ヤバたん。

f:id:kkk12tgs11:20180910063017j:plain



水浴びと餅つき

この水浴びと餅つきのシーン!!!
手越くんの魅力爆発してたよね??よね??


f:id:kkk12tgs11:20180910063109j:plain
f:id:kkk12tgs11:20180910063138j:plain


入水直後に始まった水の掛け合いも、肌触れあった遊びも、その透明度の高い水のように楽しい!って気持ちが真っ直ぐ伝わるよね。

子供ってさ、見抜くじゃない。
うちの子もそうだけど、優しい人、楽しい人、信じられる人を見抜くの。大人と違って空気とか気にして隠さないからそれが表情や態度にしっかり出る。
子供と遊んでる姿は、もはやチャラいの概念を本気で変えるのではと思わせてくれる手越くんの本質だなぁと思う。



餅つき大会も見て!すっごく笑顔!
餅がドロドロだろうが、手にベタベタくっくこうが関係ないのよ。最初十数人しかお迎えしてくれなかった村人たちが、最終的にはこーーんなにたくさん。笑顔いっぱい。


f:id:kkk12tgs11:20180910063526j:plain





最後は村人全員がお見送り。


f:id:kkk12tgs11:20180910063557j:plain


雑誌後記とかによく手越くんがいるだけで笑顔になる、場が明るくなるって書かれてるけど、もうね、村人たちの笑顔がそれを物語ってるよね。
言葉が通じないからこそより伝わる本質。
国関係なく人間ってキラキラで美しいものが大好きだからさ。
手越くんの周りには笑顔が集まるんだろうね。



あーーー!ほんと素敵な男だな!






だからこそ、最近お外に出ずにゲームばかりしてるって、犬もゲームも裏切らないって、その言葉が痛くもある。

バラエティー向けの言葉ではあるけど、真摯に受け止めなきゃだと思うな。子供たちと遊んでたときのとびきりの笑顔。その時間がもっともっと増えて欲しいなぁと思った。



そしてぜひぜひ残してください笑


f:id:kkk12tgs11:20180910063815j:plain





最後に今回も天使の寝顔を添えておく♡


f:id:kkk12tgs11:20180910063848j:plain



.

*1:でも、ブルゾンちえみは知るの早かった!なぜかというと最初のころに共演したから。共演したら忘れない。

小太郎 with フレンズ

.



原作「賭博覇王伝 零」は未読
(ドラマ視聴後の楽しみにとっておいてある)

TVドラマ「ゼロ一獲千金ゲーム」は毎週視聴
(現時点では6話アンカー編前半まで放送済)

Huluの「エピソードZERO」は全話視聴済
(現時点で配信済の山口カズヤ、城山小太郎編)



な、イチNEWS手越祐也ファンが、
小太郎・ヒルマウンテンウィリアムス・ハリソンジャガーサタケ・ジェームス城山(以降、小太郎ちゃん)に肩入れして、ただただ愛でたいだけの記事です。



アンカー編はまだ観てない
スピンオフはまだ観てない
という方、ネタバレ回避はよしなに(。-人-。)

続きを読む

NEWSのBLUEはフルサイズ披露がいい!

.



お久しブリーフでございます。
わたしはすこぶる元気です。


ずっと更新したい気持ちはあったのですが、なかなか時間と気力がなく…放置気味になっておりました。ようやく書ける余裕が出てきたので、ずっと書きたかった最新シングル「BLUE」について発売から1ヶ月以上経ってもーたけども深読み感想を残しまーす。



あくまで個人の思いなので制作陣やNEWS本人の真意は分かりませぬ。その辺はいつもの如くよろしゅうお願いします。





f:id:kkk12tgs11:20180731125952j:plain


BLUEはサムライJAPAN応援歌

2018年 FIFAワールドカップ ロシア大会
この大会の日本テレビテーマソングとして制作されたBLUEは、とことんサムライJAPAN応援ソング

・サムライ"ブルー"からとった曲名。
・イントロのアイーダ*1
・サビの「ニッポン」コール。
・聴こえてくる和楽器

これだけでもサムライJAPANの応援に特化した楽曲だって十分に分かるんだけど、それに加えて歌詞に出てくる "青" にも注目して欲しい。

①青い星
②Baby Blue
③青い鳥
④地球
サファイア
⑥空
⑦海
ツユクサ
⑨青い炎
⑩魂のブルー
⑪morning glory (あさがお)

そう、11個出てくるの。
数えなきゃ分からないサッカー愛♡
これぞベストイレブン?!な顔ぶれでしょ~!!


そのうちの過半数が出てくるシゲちゃんパートの、

青い鳥、地球、サファイア
空、海、揺れるツユクサ

想いがONE(ひとつ)になる

前回ブラジル大会のテーマソングだった「ONE -for the win-」で "青" を束ねるここの歌詞。いつもここに元気玉を感じるんだよね。あらゆる自然から元気をもらって大きな気を作るの。(至って真面目です)


続くコヤマスの、

We are the BLUE 強くなる
逆境の中を
這いつくばって昇ろう
さあ頂きへ

がさ、精魂尽きてスーパーサイヤ人にすらなれなくなった悟空が、仲間の助けを受けながら*2、泥臭く勝ちにこだわる姿とも重なって、意気込みをヒシヒシ感じて大好きなの!!
(いや、まじで、真面目にそう感じた!だから怒らないで💦)


まさに、

We are the BLUE

ひとりじゃ勝てない。
決戦の場、地理、天候、サポーター、そしてチームメイト。あらゆるものの力を借りて這いつくばってでも勝ちにこだわる。これをNEWSが歌うからこそ伝わるものがある。そんな風に感じた部分だった!


いや~~~~
1番のサビもいってないのに好きがいっぱい!


でもね、わたしはこう主張したい。

BLUEはフルサイズ披露がいい

欲望丸出しとお思いでしょう?笑
いやいや、こんな主張をしたのには訳がある。


初めてBLUEのフル音源を聴いた時に、
「1曲がまるで試合みたーい✨」
って感想持ったんだよね。

それも格上との激戦。

そもそも歌ってABメロよりサビ、1番より2番、2番より大サビ、という風に、後半に行くにつれて盛り上がっていくのが定石だと思うから、容易に置き換えられるとは思うんだけど、特にBLUEは試合と重なった。これは、曲の構成やメンバーの歌い方によるものだと思う。


f:id:kkk12tgs11:20180731125219j:plain


始まりのアイーダで試合開始前のサポーターの高揚感。
前半は冷静にパスを回しつつ泥臭く食らいつき(1番ABメロ)、サポーターの止まない「ニッポン」コールの中、攻めの姿勢(1番サビ)。
後半はコンビネーションプレイも出て(2番ABメロ)、盛り上がる場面(2番サビ)もありつつ、ロスタイムの緊迫感の中(落ちサビ)、 全員で士気を高めて立ち向かう(大サビ)。


フルだからこそ広がるドラマがある。
だからこそBLUEはフルサイズ披露してほしい~!


何といっても

  • 2番ABメロのメンバー×手越くん上ハモのコンビネーションプレイ
  • 落ちサビ~大サビにかけての静(緊迫感)から動(躍動感)への振り幅

がたまらんから。

もしハイライト流せるならわたしは迷いなくこの2ヶ所にする。一度だけBSでフルサイズ披露してくれたとき*3、この2ヶ所を聴くために何度もリピったよ。


前者に関しては、特にコヤテゴのパートが好きだったな~~~~!
まずハモが難しい!何気なく聴くと手越くんのハモが小山さんの主メロの下から上に越えてくようにも錯覚するけど実はずっと上ハモなんだよね。最近は下ハモや下オクターブを担当することが多い小山さんの低音が強くて主メロとして前に出ているからこそ生まれる錯覚な気がする。そして、そこに乗っかる上ハモ。手越くんはいつも一緒に歌う相手に合わせて声色や声量を調整していると思うけど、ただ合わせてるんじゃなくて「"ここ"で声を合わせたい」っていう思いも声に乗せてると感じる。自分から距離を詰めに行くだけじゃなく、相手を引き寄せようとする思いを感じる。その距離間が1番近いと感じたのがコヤテゴパートだった。だからほんと好きなの、このパート。

f:id:kkk12tgs11:20180731125813j:plain



後者は静かに始まるまっすのラップから、持ち味である声量や高音を抑えた手越くんの声にバトンタッチ、そして大サビに向けて一気に解放!大サビは手越くんがフェイクにまわるので1番2番のサビより少ない人数で大サビのボルテージを上げなきゃなわけだから全員がむしゃら。
この静から動へと昇っていく感じが、まるで一発逆転を狙ったロスタイムでの攻めを想像させるから大好きなのよ~!

f:id:kkk12tgs11:20180731125852j:plain



フルサイズ披露じゃないと聴けない2番。
フルサイズ披露で感じる曲全体のドラマチックさ。
フルサイズ披露で増す落ちサビ~大サビの盛上り。

ここにわたしが思うBLUEの大好きが詰まってるから、色んな方に観て聴いて触れてもらって堪能してほしいなぁ~と思う。


BLUEとNEWS

そんなBLUEだけど、NEWSのメンバーカラーとの関係が素敵だなって思う発見があった。


BLUE黄色を足したら緑色に、
BLUEピンクを足したら優しい紫色になる。


青は三原色の1つだから当たり前っちゃ当たり前なんだけど、なんだか15周年アニバーサリーイヤーに「BLUE」というタイトルのシングルを出したことに素敵な意味を付加しちゃいたくなるね。


そして、BLUEがニッポンチームへの応援歌だったこと。
15年前に「NEWSニッポン」でデビューしたNEWSが15年後もブレずにニッポンを応援してるってめちゃくちゃ感慨深いね。しかも今回は歌詞に「ニッポン」がしっかり入っててアップデートしてる。
NEVERLANDやEPCOTIAで見せてくれた個性的な楽曲ももちろん今のNEWSの色なんだけど、デビュー当時と変わらず応援歌を歌い続けているのもNEWSであって、変化と不変、個性と定番、それぞれがしっかりアップデートされながら共存しているのがNEWSの魅力だなぁと思う。






ここまでツラツラと語ったけど、
何気なく聴いて、
少しでも耳に残って、
気付かない内に背中を押されていたら、
それはもう、BLUEの魅力に気付いたってこと。

そこから先、
もっとBLUEを知りたい!
と思った時に、
興味を膨らませる材料に
少しでもなれたなら嬉しいな。


今後BLUEを生放送で聴ける機会自体が
あるかは分からないけど
わたしはその時をずっと待ってるぞ~~!




ちなみに…

BLUEで初めてNEWSに興味を持った方には、
MV+メイキング付の初回盤Aを。

昔NEWSが好きでまた聴いてみたいなって方には、
「NEWSニッポン」の再録が入った初回盤Bを。

もっとNEWSの楽曲を聴いてみたい方には、
評判のいい3曲目「夜よ踊れ*4」が入った通常盤を。


オススメします!!!











.

*1:正確にはオペラ【アイーダ】の「凱旋行進曲」(ヴェルディ作曲)。日本ではサッカー応援時に歌われる曲としても知られている

*2:元気玉作ってる間は手を天にかざしたまま動けないから無防備。その時間稼ぎのために仲間の協力か必須!

*3:2018年07月のザ少年倶楽部プレミアム

*4:各メンバーの歌の良いところと進化が詰まってる!!

人間であるということ

.



6/7からの諸々に触れています。
もう見たくないという方はご対処ください。


















6月に入ってわたしの大好きなグループを取り巻く環境が一変した。それと同時にファンの様子も一変した。



今回の件で見えたのは、多くのSNS利用者が犯罪を軽視したまま、内容にばかり言及し、被害者である芸能人をこれでもかと叩き、真偽も分からない情報を執拗に晒し、真に受け、世界中から見える "公の場" で無責任な言葉を放ち、イイネを貰って承認欲求を埋めているということだ。自分のことを棚に上げて他人の人格を袋叩きにしていることにも気付かず。
ファンですら本来重要視すべき "犯罪に巻き込まれた" という点から論点を外して「反省すべき」だの「がっかりした」だのと、好き勝手述べている。




異常じゃない?




誹謗中傷を繰り返すSNS利用者を見ると、厳しい規制を設けなければならないところまで来ていると思う。すでにモラルを欠いて何でも発言してもいいツールではなくなってる。このままだとジャニーズはおろか、日本の芸能は衰退していくよ。
ただでさえプライバシーがないのに、さらに、24時間365日監視下で生活してるの意識してって……。並大抵の精神ではできないでしょう。想像したら分かるよね。飛び付くところを間違えて犯罪を増長してるよ。「どうぞいつでも盗撮してください」と言える環境を作ってって言ってるようなものでしょう? 捉え方によっては犯罪を許すって聞こえちゃうよ。






それにね、みんなあまり大きくは言わないけど、心を痛めてる原因は、記事でも、それによって見えた内容でも、外野からの誹謗中傷でもなく、犯罪よりも「反省して」「謝って」「怒ってる」って叫ぶファンの上から目線の言葉だって人もいるんだよ。



そこに矛盾は感じないのかな。
盗撮盗聴っていう犯罪を茅の外に置いて、"公の場で" 「反省して」「謝って」「怒ってる」って自分の感情のほうを声高らか訴えているんだよ。



もう一度ちゃんと考えてみよう?



彼らは被害者だよ。
擁護したいわけじゃない。
事実そうなの。



「30歳過ぎたいい大人が」

この言葉をよく見た。

そう、分かってるじゃない。ファンに言われなくてもね、失敗したら自分の判断で反省や謝罪が出来るいい大人なんだよ。



「なんで学習しないの」

この言葉もよく見た。

その言葉の根底に彼らに対する怒りがあるように見えた。その怒りの元はなに?彼らが自ら招いたこの自体への憤りだとするならば、今一度考えてほしい。
本当に全て彼らが招いたことなの?
学ばなきゃいけなかったのは彼らだけだった?


違うよね。


犯罪を軽視してその内容に真っ先に飛び付いたファンもでしょう。
「盗撮盗聴は悪いことだけど」という前置きをすればTwitterやブログで何を言ってもいいのかな。置いてはおけないことなのに。


1番悪いのは盗撮盗聴っていう犯罪だよ。
彼らじゃない。
そこを無視したらダメだよ。
頭で分かってるだけじゃダメなんだよ。


大好きな人が犯罪に巻き込まれているのに、ファンですら、彼らを責める声のほうが大きくて、どうなってんだこの世界は!と悲しくなった。




彼らもわたしたちと同じ生身の人間なんだよ。





失敗もするし、
腹黒い部分もあるし、
負の感情もあるんだよ。

ポジティブなんじゃないの。
ポジティブでいようとしてるの。

酷い言葉には傷付くし、
優しい言葉に涙するときもあるんだよ。

わたしたちと同じように。




全てひっくるめて俺だっていつも言ってるじゃない。俺も人間だよって。そして、そんな俺を愛してくれる人だけでいいって。
愛を食べて生きてる彼が、そう私たちに伝えてた意味をどう受け取っていたのかな。
彼らを選ぶ権利はこちらにあるけれど、彼らを裁く権利はないんだよ。




わたしはね、彼らの人間らしさが大好きなの。
完璧じゃないからこそ応援しているし、
失敗しても何ら揺るぎないの。




仲良しだけどお互いに対しての嫉妬やコンプレックスもある。個性がバラバラってそういう面もあるんじゃないかなぁ。だからこそチームで切磋琢磨して助け合いながら上を目指してる。そんな彼らが大好きなんだ。




わたしたちファンが出来ることは、
プライベートに口出しすることでも、
怒りを露にすることでも、
お説教をたれることでも、
メンバーに謝れと促すことでも、
ソロになってと訴えることでも、
代わりに謝ることでもないよ。


そんな権利、ファンにはないんだから。
権利のある人や本人が裏でしっかりやってるよ。



感情のまま呟いたりブログを書くことで、まんまとネタを提供して不要に事を大きくしないよう、改めて意識しようよ。


そして、これからも応援を続ける人は、今回のことをきっかけにアイドルを続ける意味をファンにしか見出だせないとまで言った彼の気持ちを本気で受け取らないと、同じことの繰り返しになると思う。


彼らがいなくなってから気付くのでは遅いんだよ。



間違いなく彼らの原動力はファンだから。
今まで見てきたファンなら十二分に分かってることだよね。



本当にグループを望むのならば、
本当に彼らを信頼したいのであれば、
彼らのけじめの付け方を見守りながら、
応援しましょう。




応援することがファンに唯一できることだよ。




まぁ、愚痴が出てくるのも仕方ない。だって人間だから。だからそんな感情が沸いた自分を責めすぎないでほしい。出来れば受け入れてくれる人の胸に飛び込んで、応援できるようになるまで、甘えてほしい。

彼ら自身にどうしても不満を言いたい気持ちを持つのもいいと思うよ。だって人間だもん。でもね、それをぶつける場所を考えよう。少なくとも公開していいものではないよね。直接伝える方法をいくつも提供してくれてるんだから。お手紙でもメールでもいいから真正面から向き合おうよ。


それでも応援する気持ちになれないときは、少し距離を置いて見てみると違う見方ができるかもしれないね。また戻ってきたときには一緒に応援しよう。




そして…




これからまた彼らに会う場所がもらえるなら
200%味方の空間にしようよ。






.

最近のナチュラル可愛い手越くんについて考えてみた

.



※注意
冒頭でEPCOTIAツアーの演出やセトリに触れるところがあります。
円盤まで我慢する方はそっとリターンでお願いします。
ちなみに、本記事はツアーレポではありません。ナチュラル可愛い手越くんについてあれこれ言ってるだけの記事ですw

続きを読む

NEWSに恋してる心理戦

.





GWが終わり、NEWSに恋してが配信開始されてから1ヶ月半が経過しました、おはこんにちばんは。


この1ヶ月半でテゴマス本編、イベント3本、小山さんバースデー企画が配信されるというGREEさんのハイペースな糖分注入。年表にしてみたらまぁ~詰まってる。


f:id:kkk12tgs11:20180515024322j:plain


この供給過多に対して血糖値を常に上昇させている方、まったり消化する方、好物のみ食す方……それぞれの楽しみ方が定まってきたように感じますね。
大好物が出てくるまで我慢してる方もいるのでそこんとこはGREEさんよろしくお願いします(*-ω人)



でね、楽しみ方の1つに「アバター」があると思うんですけど、みなさんどんな基準で着せてます?



アバターってイベントの特典になるほど興味をそそるアイテムであると同時に、その着せ方でユーザーの心理が見える気がしません…? だって、もはやファッションチェックは心理戦と言っても過言じゃないでしょ? 見えているアバターの情報*1だけでクローゼットの中身を予想しなきゃだもんね!

ファッションチェックで対戦した方のアバターを見てると、なんとなーーーく何を重視して着せてるのかが見える気がするんだよねーーー。で、それによってクローゼットがどのくらい充実してるのかが予想できる気がするんだよねーーー。


てことで、これまでのファッションチェック経験を踏まえてアバターの着せ方から戦闘力(魅力と言いなさい)を予想してみようじゃないか!


ちなみに…ファッションチェックは戦闘力が近しい人とあたるよう制御されてそうだから、わたしと同じくらいのペース*2で楽しんでる人しか参考にならないよ♡(完全主観)



ではさっそく。
途中お見苦しいラクガキ画像を挟みますが諸々の対策のためでございます。どうかお気になさらずお楽しみください。


大きく分けて4つのタイプがいるように見える。
① 流行重視!常に最新を身に付けるタイプ
② 彼氏重視!彼好みにするタイプ
③ 自分重視!自分好みにするタイプ
④ 戦略重視!あえて初期装備タイプ

ちなみにわたしは③ねw


で、これを戦闘力が高そうな順に並べると、

④戦略③自分①流行②彼氏

じゃないかなーと思うんだよねー。
なんでかって?(笑)
ちょっと細かく見てみよう。(あくまでも主観ね)



① 流行重視

予想戦闘力:★★★☆☆

イベントやキャンペーンでもらったアバターを旬のうちに身につけてる方がこのタイプかな。つまり積極的にイベントに参加してる人ってことになる。しかもロケットスターター🚀✨
前々回の旅行デート(2018/04/17 - 04/25)はメンバー毎に違うパーツのアバターがクリア特典になってたけど、日を追うごとに旅行デート服を身に付ける方が増えていった。


※イメージ画像



前回のお客さんはアイドル(2018/04/30 - 05/10)のときは1回目フィーバーを終えた後、みごとに金髪ポニテが異常繁殖しててさ~(特に手越担)。


※イメージ画像
f:id:kkk12tgs11:20180515062747p:plain



イベントに全力で乗っかって楽しんでる感じがしてすごく可愛いかった♡一番よく見るタイプかもね。


主に本編やイベントで手に入るアバターのためにお買い物してる気がするので+αの戦闘力はほどほどなことが多いのかなーと。

旬のもの着てて、髪型がこのあたり↓だったら絶対戦ってるww
f:id:kkk12tgs11:20180515081734j:plain


ただ、この髪型↓のときは要注意。
f:id:kkk12tgs11:20180515070438j:plain

伏兵なことがあるぞ(ФωФ)❇️



② 彼氏重視

戦闘力:★★☆☆☆

これはもう手越担に限定して書かせてほしい…!


ツインテールにふわふわのワンピース。

ツインテールにミニスカート。

ツインテールに…


※イメージ画像
f:id:kkk12tgs11:20180515065657j:plain
クーピーで塗ったら目の周り黒くなった…



ダウト!!!手越担!!!
(だいたい合ってる)


とにかく彼ピの好みに忠実になるように、イベントでもらったアバターにも目もくれず、本編ストーリーで得たテゴ服で身を包んでいる方ですね。そして分かりやすくツインテールね。

ほとばしる熱いパトスを感じる…!
愛が強いんじゃ~~!!!w


ただファッションチェックは勝てることが多い気がする。おそらく自担のストーリーのみやってる方が多いのかな?
他メンバーのストーリー進めることでもらえるアバター分がクローゼットに入ってないのかもね!
(※ただしランキング上位を除く)

一途~~~~~~!!!

f:id:kkk12tgs11:20180515083151j:plain
着てくれて…ありがとう


③ 自分重視

戦闘力:★★★★☆

自分らしく仕上げてある方ですね。
服も組み合わせてのアレンジが多い。

そして髪型はこのあたり↓の場合が多い気がするよ。
f:id:kkk12tgs11:20180515081818j:plain



自分らしく仕上げるために早々にアバター購入してますな!
好きなアバター見つけたらイベントも頑張るし、課金も厭わない。クローゼット充実してるでしょうね~~~~と思って見てます(笑)


わたしもこのタイプだけど、クローゼットはまずまず充実してる方だと思うもんな。あんまり負けないし。


GREEさんには色んな種類のアバターをもっと用意してもらいたいのよ…!ボーイッシュなのもシンプルなのもまだまだ少ないもの。

あ、あとひとつだけ。
拘り抜いた人ほど裸足になる傾向があるぞ。
(↑部屋にいるから)

裸足は強さの象徴です(ФωФ)b❇️


④ 戦略重視

戦闘力:★★★★★

曲者登場。

いわゆる羊の姿をした狼ですね。


アバター?なにそれ美味しいの?

と言いたげな、か弱い姿をしてるのに触れたら実はトゲがあった!!!みたいなね。たまにホントにか弱い子もいるけど。

基本的に家具類は設置せず背景もシンプル。
髪型は初期のミディアムストレートで、服は白シャツ+スカートか、パーカーワンピ。

※イメージ画像
f:id:kkk12tgs11:20180515081853j:plain



それ何の得になるの?
ただの意地悪だよね?


とお思いのアナタ!

ちゃうちゃう、ちゃうねん。
ランキング上位に行きたいなら大事な戦略なんよ。

おそらくファッションチェックはランキングが近しい人と対戦するから上位に食い込むためには、自分が頑張るだけじゃなく、ライバルの進捗を鈍らせる必要もある。そのための戦略がこれ。


ひつじちゃんだー♡と思って対戦したら「GOOD」が出たときの悔しさったらないよな。自分がランキング圏内にいるときはなるべく対戦しないようにしてます。





以上!


もちろんこんなにキレイに分かれてるわけじゃないだろうし、ここで挙げた4タイプ以外の拘りを持ってる方も多いと思うけどね。

でもなんか、アバターだけで人柄だったり好みだったり頭のよさだったり…人間が垣間見えるようで可愛いなぁと思いながら対戦してますわ♡


NEWSに恋して、いろいろ楽しいね♡




なんかもっと別のことも書きたいから
それはまた次の記事でー。



newsnikoi.jp



.

*1:着せてる服と部屋に置いてあるアイテム

*2:本編は手越くんのみ、Lovelyルートは全てプレミアで完走、Sweetルートに向かって邁進中。イベントは全て全ENDクリア、手越くんのみエピローグゲット。どこまでも強火手越担でごめんな…!w

NEWSの歌割から考える[EPCOTIA編]

お題「NEWSアルバム『EPCOTIA』レビュー」




おはこんにちばんは。


EPCOTIAが発売して(3/21)聴き込んでいるうちに、NEWSに恋してが始まって(3/27)トップギアでのめり込み、そうこうしている間にEPCOTIAツアーが始まり(3/30)、ツアーレポと本編ストーリーで愛を高めている間に4人を股にかけた旅行デートが始まり(4/18)、宇宙旅行にも行き(4/21)、いのちのうた決定に沸く(4/27)、というNEWS漬けの1ヶ月強を過ごしていました。

そしてまたお店屋さんイベントが始まったよ~~💕



わたしの密かな目標はブログ月2更新なのですが、
まあ~~~疎かになったw
(更新しない月初めてできちゃったw 小山さんの誕生日も過ぎちゃったし…w)

以前恋愛シミュレーションの記事を書いたときに、わたしはNEWSに恋愛感情は求めてないから乙ゲー出てもやるか分からないわ的なこと書いたんだよね………いや、ほんとゴメンw秒で覆りましたww


おそるべしNEWSに恋して…!


でもね、ファッションチェックしながらもEPCOTIA聴いて歌割集計は地道に進めてたの。で、ようやくデータが出揃い準備が整ったので……やりましょう!NEWSの歌割について考える第4弾!EPCOTIA編!(パフパフパフパフ👏)


f:id:kkk12tgs11:20180502033813j:plain


今回は第1~3弾*1を踏まえつつ、これまでの傾向からの変化を中心に見ていこうかなと思います。あとメンバーが言っていた歌割に関する話とも照らし合わせられたらいいなーw


ではさっそく見てみよう。
※集計方法 → 例えば、Aメロをコヤマスが主メロを歌っている場合、小山さんとまっすーにそれぞれAメロ1票として集計。ハモリは集計対象外。また、ユニゾンは全メンバーに1票入れるのではなく全体として1票で集計。これをチャンカパーナ以降の全曲、全パートで集計。ただし、Represent NEWSシリーズとNEWSICALは対象外。



① 歌割パートの変化

第1弾 パート編で、各メンバー毎に歌割されることが多いパートを次のように特徴付けた。

▽歌い出しの増田貴久
□1番Aメロの小山慶一郎
○2番Aメロ(1番Bメロ)の加藤シゲアキ
♡落ちサビの手越祐也

じゃあEPCOTIAではどうだったか?
さっそく各パートの歌割分布(%)*2を見てみよう。どんな変化が見られるかな♪


■歌い出し

f:id:kkk12tgs11:20180501144536j:plain
<変化点>
・増加傾向にあったまっす歌い出しが減った。
・テゴシゲの比率が増えた。
・ユニゾン始まりがなくなった。


■1番Aメロ

f:id:kkk12tgs11:20180501144607j:plain
<変化点>
・増加傾向にあった小山さん1番Aメロが減った。
・シゲちゃんの比率が増えた。
・Ⅳ期(~NEVERLAND)に引き続きユニゾンがない。


■1番Bメロ
※2番Aメロと1番Bメロは対になりやすいパート*3。以降の考察のために今回は1番Bメロについて見ることとする。

f:id:kkk12tgs11:20180501144629j:plain
<変化点>
・増加傾向にあったシゲちゃん1番Bメロが減った。
・コヤテゴの比率が増えた。
・ユニゾンがなくなった。


■落ちサビ

f:id:kkk12tgs11:20180501144748j:plain
<変化点>
・落ちサビの手越祐也は健在。
・シゲちゃんの比率が増えた。
・ユニゾンがなくなった。



過去の特徴がほぼ覆ってる(o゚Д゚o)!!
どういうこっちゃ…!

ってことで、各パートの歌割の変化から歌割全体の変化傾向について考えてみよう。


まずはラジオで、

(ニュアンス)
加藤「俺の歌い出しが結構あって…」
小山「サビ前(Bメロ)を歌うことが多かった」

と言っていたコヤシゲの歌割変化から。
これはまんまデータに表れてるね!

これまで1番Bメロを歌うことが多かったシゲちゃんが1番Aメロに比重がシフトしたことで歌い出しを担当することが増えた。
逆に小山さんが1番Aメロから1番Bメロにシフトした。

なんで入れ替えが発生したんだろ~~。
なんとなく府に落ちる解が自分の中にはある。全くの個人的な見解だけど。

シゲちゃんの歌は楽曲の雰囲気を聴き手に伝えるスピードが早いなーって思ってて。例えばmadoromiの歌い出しはまだ薄暗い明け方の空が情景として浮かぶし、BLACKHOLEのラップ後の転調は楽曲の世界が一変する部分だけど違和感なく耳に入ってくる気がする。楽曲の雰囲気をイチ早く伝えたいところ(←Aメロ)や雰囲気が変わるところを中心に歌割されることが多くなったように感じたよ。

小山さんは歌い方が変わって以前のような喉を締めて苦しそうに歌うことがなくなった。いっぱいいっぱい書きなぐってた紙に余白が生まれた感じ。輪郭が見えるようになった。だからかEPCOTIAはまっすとの聞き違いがほぼなかった気がする!
ちなみに1番Bメロの中でもサビ直前を歌ってるのは誰か?という視点でも集計してみたらね、


f:id:kkk12tgs11:20180501144816j:plain


小山さんなの!EPCOTIAでは圧倒的!
もともと憂いとか怪しさとか感情を含む声だったのが、歌い方が変わったことでその自由度が増して、サビに向かって感情がむき出しになっていくところを歌割されることが多くなったのかな。


そしてまっすと手越くん。
上のグラフだけではちょっと難しいなー。


まっすは上のグラフだけで見ると全体的に歌割が減っているように見えるね。この記事では1番の歌割を中心に見てるって言うのもあるかもしれない*4。というのも、Ⅴ期(~EPCOTIA)の楽曲はサビまでに4人全員の声が出てこない楽曲がいくつかある。これは雑誌でメンバーも言ってたね。LPS、madoromi、UFO、EROTICAがそうなんだけど、どれも1番AメロBメロはまっすが登場しないんだよね (ハモでは登場するけどね)。1番サビ以降で主メロ初登場するの。だから2番の歌割は多い。これをどう捉えるかは難しいよなーー。発売前からラップを多く担当するって言ってたからそういうのもあるかもしれない。曲間のラップを担当してたりするし。ここは音楽プロデューサーさんに意図聞きたいなー。(みなさんはどう思います?)

個人的な気持ちを書くとすればメロ歌って欲しいね。まっすがラップ好きなのも分かるしラップが多い曲があってもいいとも思う。でもまっすが今後もラップ担当で固定化されるとすると、それはわたし的にはちょっと待った!と言いたくなる。もっとメロディ歌ってほしいと思っちゃうなー。


手越くんはね、落ちサビの多さは健在なんだけど、満遍なくいろんなパートに散らばってる感じ。オールラウンダーゆえ基本的に楽曲の中の難しい部分を任されてるからだと思う(毎回そうだけど今回はさらに)。EPCOTIAは難しい曲多いもんね。それに歌の舵取りをしてる部分もあるだろうから色んなパートに散らばってるのかなーと思ったり。
それと、なんとなーーくだけど、手越くんの歌割箇所を見れば、歌詞とメロディ、どちらをベースに歌割が決まったのか読める気がする。

例えばAVALON

f:id:kkk12tgs11:20180502013604j:plain

この楽曲はメロディに合わせて歌割されたように感じる。Aメロ前半の浮遊感。これ出せるのは手越くんしかいないと思う。

次にUFO。

f:id:kkk12tgs11:20180502013634j:plain

この楽曲は歌詞から歌割されたように感じる。手越くんだけBメロ前半固定なんだよね。ここの歌詞が、

1番 → さあ 人間のように キスも傷も 交差して
2番 → なぜ 幾千の星から 地球(ココ)を オレを 選んだの

なんだけど、手越くんって見た目すごく二次元だけどめちゃくちゃ人間らしい人じゃん。そんな彼が「人間のように」と歌う説得力。そしてファンのことが大好きな彼が「なんでオレを選んだの?」と歌う愛しさ。わたしがプロデューサーさんなら手越くんに歌って欲しいと思うなー✨

全部憶測だから分かんないけどね(笑)


あと、手越くんは楽曲名を連呼するパートを担当することが多かった!TWINKLE STAR と BLACKHOLEね。これ、意外かもしれないけどかなり難しいと思う。だって全部違う歌い方しなきゃ楽曲の面白味がないもんね*5。BLACKHOLEなんて後半になればなるほどデスボ気味になってくんだよ。どんどん強さが増してくんだよね。ここはぜひライブで注目したいポイント✨



次に全体的にニゾンがなくなったという点。
これはアルバム「EPCOTIA」がアイドルというよりアーティスト寄りな楽曲を多く収録していることが関係していると思う。

Ⅰ期(~NEWS)の渚のお姉サマー、Ⅱ期(~WHITE)のNYARO、Ⅳ期(~NEVERLAND)のサマラバのようにアイドル色強めな楽曲は歌い出しがユニゾンであることが多い。
アイドルグループはメインボーカルが複数人いるようなものだから、主メロを複数の声で重ねて元気よく歌うユニゾンはアイドルっぽさを出すという意味ではアイドルソングには不可欠なものだと思うんだけど、このユニゾンを今までより封印したのがⅤ期(~EPCOTIA)。つまりアイドルっぽさのある楽曲が今までより少ないということ。

でもそれって、挑戦することはできても成り立つとは限らないのかなとも思う。曲の盛り上りに合わせてユニゾンにすることで声量を補っている面もあると思うので、場合によっては曲が痩せ細って聴こえてしまう可能性がある。さらに踊って歌うことを考えると、ユニゾンにしておくほうがリスクが少ないんだよね。でも今回リスクをとったチームNEWS。それだけやれる力があるって判断半分、挑戦半分って感じなのかな。



② 歌割ペアの変化

第2弾 ペア編で同じパートを担当することが多いペアをⅠ期~Ⅳ期(チャンカパーナ~NEVERLAND)で集計*6したら次のような結果となった。

1. コヤテゴ
2. シゲマス
3. テゴシゲ
4. テゴマス
5. コヤマス
6. コヤシゲ

当時は "音域+芯の有無" を指標としてそれぞれの声質を、テゴシゲは「高音+芯のある声」、コヤマスは「低音+溶け込む声」と分類し、声質の異なる組合せ(1. コヤテゴ、2. シゲマス)が上位にきてると分析したけど……EPCOTIAはどうだったかなー♪
Ⅰ~Ⅳ期との比較で見てみよう。


f:id:kkk12tgs11:20180502014111j:plain


注目はコヤシゲの急増。Ⅰ~Ⅳ期では1番少ないペアだったのにEPCOTIAでは2番目に多いペアなの!こりゃすごい!madoromi、KINGDOM、IT'S YOU、BLACKHOLE、イノセンスが該当するんだけど(サビも集計対象とするならばJUMP AROUNDも該当する)、本当に増えたね。今までだとチュムチュムとORIHIMEくらいだったんだよ。コヤシゲの努力の証だと思います✨


そしてもうひとつ注目したいのが、テゴシゲ、コヤマスの減少。つまり、上で書いた声質が似た者同士のペアの減少。これに関しては1番と2番の歌割を比較すれば納得できる。

一番分かりやすいのがイノセンス

f:id:kkk12tgs11:20180502031612j:plain

1番と2番の同じパートを見てほしい。テゴシゲ、コヤマスでパート入れ替えされてるの。他にもEPCOTIA、恋する惑星、EROTICA、星に願いをの一部でも同じ入れ替えがある。NEWSの楽曲は1番と2番でペアごと歌割パートを入れ替えがちなので、テゴシゲ、コヤマスで入れ替えさせるためにはペアにしにくいの。

f:id:kkk12tgs11:20180502031633j:plain

テゴシゲ、コヤマスで入れ替えることによって音域や芯の有無が近い声同士で入れ替わることになるので楽曲全体のバランスが増す気がするね。今まではテゴマス、コヤシゲでの入れ替えが多かったんだよ。そう言う意味では、EPCOTIAは声質を軸に歌割されたと言えるのかもしれないね。


③ その他気になった点

ここからは歌割で気になった点を少し。

■三声でのサビの面白さ
IT'S YOUのサビのテゴとマスを主メロにしたコヤシゲサンドイッチ。これ、シゲちゃんの高音と小山さんの低音の真骨頂だよね!面白いなー。コヤシゲがコーラスの部類に入っちゃうのにテゴマスに聴こえないのがスバラだと思う。

f:id:kkk12tgs11:20180502123342j:plain


■小山さんの下オクターブ多用
聴こえただけでもKINGDOM、JUMP AROUND、IT'S YOU、EROTICA、BLACKHOLE、5曲もある!
小山さんの低音いいよねー。好き好き。あるとないとじゃ全然違って聴こえると思う。


以上かな!




歌割だけでも毎回進化をみせてくれるNEWS✨
次の楽曲が楽しみでならないね!
今ならmadoromiのような歌割の楽曲をシングル表題にもってくるのもアリだと思うんだけどなーー。IT'S YOUのようなコヤシゲサンドイッチも面白いし色んな方に見て聴いて欲しい!
その辺は次のリリースのお楽しみとしましょ♡










.

*1:kkk12tgs11.hatenablog.comkkk12tgs11.hatenablog.comkkk12tgs11.hatenablog.com

*2:このブログではアルバムを区切りにⅠ期、Ⅱ期…Ⅴ期と命名しています。

*3:1番Bメロに歌割された人は2番Aメロに歌割されやすいという意味。

*4:きっとプロデューサーさんは1番の歌割から決めてるだろうという憶測のもとそうしてる。

*5:前に書道と歌の共通点を記事にしたけど、こういう点もだと思う。書道は同じ文字が作品内に出てきたらバランスを変えたり書体を変えたりして同じ字形になるのを避ける。そうすることで単調なイメージをなくして作品の面白さを広がる。

*6:ニゾンの少ないAメロBメロのみ集計対象。