踊る愛の魔法

手越祐也くんの活動を応援する場所

Win Win Wiiinは面白さと優しさと情熱に溢れた番組だった

オリエンタルラジオ中田敦彦さんと雨上がり決死隊宮迫博之さんが作ったYouTube新番組「Win Win Wiiin」観ました?(੭ु//Д//)੭ु⁾⁾


分析とプレゼンが得意なあっちゃんと、トークに笑いを添えて盛り上げるのが得意な宮迫さんが、ゲストの方を紐解きながら、三者ともに得するトークを繰り広げる、まるでテレビのようなトーク番組として誕生したのだけど、これがめちゃ面白かった!!!!




勘違いされるといけないから先に言うと、「三者ともに得するトーク」というのは、話を盛ったり、思ってもない感想を言ったり、事実と違うことを言うことで、「得する」方向に持っていくって意味じゃないの。


あくまでも語られる内容は事実のまま。
その事実に対して三者が思ったことをありのまま語ったり、本当のところはどうなの?と掘り下げてみたり、その人のありのままの人柄で話すことで、イメージとはまた違う一面を見せて、今までテレビでは踏み込めなかった本音トークをする。この本音トークをたくさんの視聴者に楽しんでもらうことで、結果的に話題を呼んで「三者ともに得をする」という意味。



テレビ業界に挑戦状を叩きつけようとか、テレビ業界を崩壊させようとか、そういう目的の番組に見られがちだけど、Win Win Wiiinはあくまでも視聴者に楽しんでもらうことが前提なんだよね。潰し合いたいんじゃなくて、YouTubeでもこれだけのクオリティの番組が作れるよというのを示すことで、エンタメの可能性を広げる、そして、誰のことも下げることなく面白い番組が作れるよというのを示すことで、人を下げて笑いを取る風潮だったり、一度失敗したら取り返しがつかない風潮だったりを緩和させて、日本全体に寛容さと優しさ、そして、勇気を与えようって気持ちまで見える番組だったよ。





初回ゲストは我らがダーリン✧手越祐也

YouTubeの歴史、ゆくゆくは、テレビの歴史にも刻まれるかもしれない、そんな番組の初回ゲストだよ……嬉しいぃ( ˃ ⌑ ˂ഃ )


■前半
youtu.be


■後半
youtu.be




1. POWER
2. HISTORY
3. DREAM

この三本柱であっちゃんがプレゼンしてくれた手越祐也は、独立してから見えるようになった手越くんの本質ではなくて、わたしがファンになってから知った手越くんのまんまだったし、独立会見やAVALANCHE(本)、YouTube、インタビュー(独立以前のものも含む)などで何度も語ってきた内容だった。


そう、これまで語ってきたこととそう変わりない内容だったの。


だけど、あっちゃんが聞きたくなるようにプレゼンしてくれた上で語ることで、手越くんの想いが聞き手に届きやすくなってたんだよね。そして、そこに宮迫さん。人って、熱い想いを受け取り続けると、どうしても受け手は疲れてしまうと思うんだけど、宮迫さんが手越くんの熱い想いに頷きつつ、笑いというブレイクタイムを設けてくれるから、90分あっという間に見ることができた。



そして、三人とも誰のことも下げないから清々しく安心して観ていられた。


トークテンポも良くて飽きる瞬間がないし、三人ともワードセンスがさすがだし、これが打合せなしのトークだというんだから、凄い…!



見終わった後、沢山の人が「手越の見方が変わった」「手越のこと好きになった」「手越ってただのチャラいやつと思ってたけどしっかり考え持ってるだな」って言ってて、世間のイメージとは違う本来の手越くんがいつか多くの人に知られるといいな、と思ってたその願いが叶った感じがする。・(つд`。)・。



手越くんのクレバーさと、一本真っ直ぐ芯が通ってるところ、弱い立場になってる人をどうしても見過ごせないところ、目に見えない壁や言ってはいけない雰囲気を察知することが出来る感覚の鋭さがありながら、人を守るためならば自分が盾となることも厭わないところ、そして、たくさんの人を笑顔にするその明るさ。手越くんのことを世間のイメージのままに思ってた人には驚きを与え、「手越だけは憎めない」と言ってた人にはその理由が伝わったように思う。・(つд`。)・。



180度イメージが違うって言われることが嬉しい反面、怖くもある。だって、手越くんの芯は変わっていないのに受け取られ方がこうも違うのかって思うから。きっと他にもそんな人いるんだろうな。この番組をきっかけに、手越くんに限らず、多くの有名人のことをイメージ先行で考えるんじゃなくて、叩く風潮や落とす報道に惑わされることなく、自分の目で見て考えられる人が増えると日本はもっと豊かになるんじゃないかなとも思った。


何年か前に手越くんがファンに向けて言っていた
「もっと芸能人のこと信用して欲しい」
って言葉が浮かんだわ。・(つд`。)・。




ちなみに、このWin Win Wiiin、前後半の90分に加えて、ゲストのチャンネルで収録アフタートークをしている。ここでの三人のより素を感じる本音トークも相当面白かった!あっちゃんと宮迫さんが語る、コメンテーターという立場の話とかね、、、自分を知ってる人にコメントしてもらわなきゃいけない申し訳なさとか、守る発言をすることの難しさを語っていたよ。



youtu.be




そういう守れない雰囲気を変えたい手越くん。エンターテイメントに全力を注ぐことを第一に、不要に裁かず、所属タレントさらには人を守るという手越プロダクションの方針がスタンダードな世の中になりますように。


Win Win Wiiin、本当に素晴らしい番組だった!
2回、3回と言わず続いてほしいな。




ちなみに、Win Win Wiiinの前に受けた新R25インタビューの内容が番組とリンクするところが凄く多かったので、番組がきっかけで手越くんのことが気になった人や、まだ読んでない人にぜひ読んでほしい!



r25.jp




かっこいいな、手越くん。ずっと応援するよ。大好きだ。